初心者必見!Webアプリケーション開発に必要な知識と手順とは?

web開発

2017/03/29

web開発

プログラミング初心者にとっては、Webアプリケーション(Webサービス)をどのように開発していけばいいのかわからない人も多いかと思います。

本記事では、プログラミング初心者向けにWebアプリケーションとは何か、Webアプリケーションを開発するのに必要な知識や手順をWebアプリケーション開発経験のある筆者が紹介します。

最後にはプログラミング初心者向けのWebアプリケーション開発講座も用意しました。

ぜひ最後まで読んで、Webアプリケーション開発に必要な知識を身につけてください。

 

Webアプリケーションとは?

まずはWebアプリケーションとは何かについて簡単に解説しておきます。

Webアプリケーションとは一言でいうと、「ブラウザ(Google ChromeやInternet Exploreなど)を介して利用するアプリケーション・サービス」のことです。

例えば、ブラウザを開いてAmazonで商品を購入する、Yahoo!知恵袋に質問を投稿する、求人サイトでアルバイトに申し込むなど、私たちは普段からWebアプリケーションを使っています。

以上がWebアプリケーションの簡単な解説です。

次の章からは、Webアプリケーション開発に必要な知識や手順を紹介していきます。

 

Webアプリケーション開発:HTML/CSSとは?

Webアプリケーションを開発するにあたり、まずはHTML/CSSとは何かについて理解しておきましょう。

HTMLとは?

HTMLとは、簡単に解説すると、今あなたがご覧になっているこのページ(udemyメディア)やYahoo!Japanなどのページにある「文字」を生成しているものです。
css-1-large

※HTMLとは何かについて詳しく学習したい人は、HTMLについて初心者向けに解説した記事をご覧ください。

 

CSSとは?

CSSとは、「HTMLで生成した文字の色・大きさ・背景の色や配置などを指定するための言語」です。

わかりやすいように画像で見ていきます。図1はHTMLだけを使ったブラウザです。そこにCSSを付け加えることで、図2のようにすることができます。

【図1】

HTMLのみの場合

【図2】

CSSを適応した場合

つまり、CSSを使うことでHTMLに色や大きさや背景などを加えて見栄えを良くできるということです。

※CSSとは何かについて詳しく学習したい人は、CSSについて初心者向けに解説した記事をご覧ください。

以上で紹介したHTMLとCSSはWebは、いわばWebアプリケーションの「見た目」を構成する要素です。

しかし、これだけではWebアプリケーションを開発することはできません。

 

Webアプリケーション開発:Ruby/Ruby on Railsとは?

Webアプリケーションの例の1つとして、Amazonでネットショッピングをすることを考えてみましょう。

Amazonでは、自分だけの購入履歴(他のユーザーの購入履歴は見れない)が見れたりできますよね?

以上のように、Webアプリケーションでは、ユーザー1人1人に違った画面を見せたりすることが必要うな場面が多くあります。

そのような処理はHTML/CSSで行うのではなく、RubyやPHP、Javaなどといったプログラミング言語で行います。

※本記事では、プログラミング初心者が学びやすいRubyについてのみ解説します。

Rubyとは?

Rubyとは、日本人のまつもとゆきひろ氏(ソフトウェアエンジニア)によって生み出されたプログラミング言語の1つです。

Rubyとは

Rubyは他のプログラミング言語に比べてソースコードの記述量が少なく、直感的にわかりやすいのが特徴です。

なので、プログラミング初心者がWebアプリケーションを開発をするときにとっつきやすいのプログラミング言語で1つでもあります。

※プログラミング言語Rubyをもっと学習したい人は、Rubyについて初心者向けに解説した記事をご覧ください。

 

Ruby on Railsとは?(フレームワーク)

Webアプリケーションを開発するときには、フレームワークというのを使うのが一般的です。

フレームワークとは、Webアプリケーションをより簡単に開発できるようにする骨組みのことです。

もしフレームワークがなければ、開発者はWebアプリケーションを開発するのに膨大な時間がかかってしまいます。

その問題を解決し、効率よくWebアプリケーションを開発するためのものがフレームワークです。

プログラミング言語Rubyのフレームワークの1つがRuby on Rails(ルビー・オン・レイルズ)です。略してRails(レイルズ)とも呼ばれています。

※フレームワーク(Ruby on Rails)をもっと詳しく学習したい人は、フレームワーク(Ruby on Rails)について初心者向けに解説した記事をご覧ください。

Webアプリケーション開発では、HTML/CSSでアプリケーションの「見た目」を作り、Ruby/Ruby on Railsでアプリケーションの「処理」を実行しているというわけですね。

 

いかがでしたか?

Webアプリケーションの開発イメージができましたか?

udemyでは、プロのエンジニアがわかりやすく動画で教える、初心者でも3日で学べるWebアプリケーションの開発講座を用意しています。

ぜひ受講して、Webアプリケーション開発ができるようになりましょう!

  

【未経験者でも大丈夫!】短期間でWebアプリケーション開発をマスターしましょう!

【世界で30万人が受講】フルスタック・Webエンジニア講座(2017最新版) - Udemy

【世界で30万人が受講】フルスタック・Webエンジニア講座(2017最新版) - Udemy

25 のウェブサイトやモバイルアプリを開発しながらプログラミング( HTML5, WordPress, CSS3, Javascript, Bootstrap 4,PHP, Python, MySQL) を学び、Webエンジニアになろう!

動画で学習する

  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー
  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー

関連記事