トラックバックを有効活用!ブログで自社サイトのアクセス数アップ!

マーケティング

2016/05/18

マーケティング

個人だけでなく、企業としてブログを立ち上げ運用するケースが多くなってきました。

ブログを書いている人ならよく目にする「トラックバック」機能。「名前を聞いたことはあるけど、使い方や効果がわからず、一度も使ったことがない」という人も多いのではないでしょうか?

せっかくブログを書くのだから効果的にアクセスアップを狙いたいですよね。
今回は、ブログ運営者におすすめの機能、トラックバックについて紹介します。

 

トラックバックとは?

まずトラックバックの機能と、メリット・デメリットについてお伝えします。

 

トラックバックの機能

トラックバックとは、自分のブログ内で別ブログに関連する記事を書いた際に、その別ブログに自分の記事のリンクを通知することです

トラックバックを送信することによって、送信元と送信先が相互リンクされた状態になりますので、相手側のブログを訪問したユーザーからのアクセスが期待できるようになります。

 

トラックバックのメリット

トラックバック機能を使えば、相手側のブログに自分のブログのリンクが表示されるので、双方のブログの管理者や読者同士のつながりを持つことができます。

そもそもトラックバックは、自分のブログ内で発信している情報と関連のあるブログに送信するものなので、関連情報や話題を発信しているブログ同士のネットワークが広がります。
その結果、訪問するユーザー数が増え、検索エンジンでの順位上昇が期待できます。

 

トラックバックのデメリット

とはいえ、無関係のブログにトラックバックを送信することも実質的には可能です。
そのため、自分のブログに誘導する目的で無作為にトラックバックを送信するトラックバックスパムが発生する可能性があります。スパム対策として、送信されたトラックバックの内容を確認してから、問題ないものだけを表示するように設定したほうが良いでしょう。

 

トラックバックとピンバックの違い

トラックバックと似た機能としてピンバックという機能があります。トラックバックは任意のブログに対して手動で送信するものですが、ピンバックは自分の記事に書かれたリンクURLに対して自動的に自分のブログのリンクを送信できる機能です。

ピンバックは、お互いのブログがWordPressで作成されている場合にのみ利用できます。

 

簡単にできる!トラックバックの方法

トラックバックの利用方法はとっても簡単!トラックバックを利用する際のルールと使い方を解説します。

 

トラックバックを使うときのルール

トラックバックは、お互いの記事に関連性がある場合にのみ使うようにしましょう。その際、自分の記事内で相手の記事に対して直接言及して、リンクを貼りましょう。
逆に、無関係な記事に対してトラックバックを使うと、トラックバックスパムと認識される可能性があり、マナー違反です。

自分の記事への誘導・検索エンジン対策の目的だけでトラックバックを送信したり、ツールを使って機械的にトラックバックを送信する行為もやめましょう。

 

トラックバックの流れ

トラックバックは以下の流れで行います。

  1. 自分のブログで相手の記事を紹介する記事を作成し、その記事内に相手の記事のリンクを貼る
  2. 自分のブログのトラックバック欄に、相手のトラックバックURLをコピー・ペーストする(トラックバックURLは、相手の記事の隅やトラックバックコーナーなどに記載されています)。
  3. 自分の記事を保存・投稿すると、相手のブログにトラックバックが送信される

相手のブログの設定で、受信したトラックバックを確認・承認してから表示を行うようになっている場合、トラックバックを送信してもすぐには反映されません。

 

WordPressでのトラックバックURLの表示

WordPress同士であればトラックバックと似た機能であるピンバックを利用できますが、どちらかのブログがWordPress以外のブログであった場合はトラックバックを使う必要があります。しかし、WordPressでは標準でトラックバックURLが表示されない仕様になっているため、トラックバックURLを表示させるには少し工夫が必要です。

 

手順は簡単です。WordPressブログのテーマファイルに以下のPHPコードを追加すればOKです。

<?php trackback_url(); ?>

このようにPHPコードを修正することで、自分のWordPressの各記事でトラックバックURLが表示されるようになります。

 

トラックバックを有効活用!ブログをより効果的に運用するには?

トラックバックは企業ブログでも活用できます。最後に、トラックバックを使ってブログを効果的に運用するポイントをお伝えします。

 

トラックバックで企業PR

トラックバックは企業PRやマーケティングにもよく使われています。

代表的なものは「トラックバックキャンペーン」です。企業が行うキャンペーンに対して、応募者がブログでコメントし、トラックバック送信を行うというものです。
個人が行うトラックバックと同様に、集客力アップ・検索エンジン対策につながるため、商品やサービス、企業をPRすることに適しています。
また、トラックバックの送信元をたどるだけで、商品に対する口コミ・意見などお客さまのリアルな声を収集できるという大きなメリットがあります。

 

企業ブログの効果的な書き方

企業ブログの効果的な書き方をまとめてみました。是非以下4つのポイントを参考にしてみてください。

ターゲット層、ニーズ

ターゲット層を明確にし、そのニーズに的確に応えることが重要です。自社の商品やサービスを最も多く利用している顧客の年代や性別を分析・把握し、ブログのターゲット層として設定しましょう。

 

キーワード

ターゲット層が求めている情報は何かを調べ、集客力が上がるようなキーワードを設定しましょう。設定したキーワードをもとに検索してきたユーザーが知りたい情報をブログの中に盛り込み、何度も訪問したくなるような魅力的な内容にすることが重要です。

 

表記ルール

同じブログ内で表記にバラつきがあると、読者にとっては読みづらくストレスになります。ブログ内の表記ルールは、複数の人が記事を書いても統一できるようにガイドラインとしてまとめておくと良いでしょう。例えば、ある単語が漢字表記なのか平仮名表記なのか、数字や単位の表記方法、記号の使い方などを統一しておきましょう。

 

実際の成果の報告

企業ブログは信頼感の獲得が重要です。ユーザーの信頼を勝ち取るためには、商品やサービスを利用した人の成果や感想をブログで報告すると効果的です。また、トラックバックキャンペーンでトラックバックを送信してくれたお客さまの記事の中から、自社PRに効果のありそうなものをピックアップして紹介するのも良いでしょう。

 

たくさんトラックバックをもらえるようなブログ運用を!

ルールとマナーを守れば、簡単にアクセス数アップにつながり、自社のPR効果向上などメリットの大きいトラックバック機能。
そのためには、自らトラックバックを送信してネットワークを広げるだけでなく、質の良いブログからたくさんトラックバックを送信してもらえるような魅力的なブログを運用していくことが大切です。

自社ブログを効果的に運用することは、会社の利益にも必ずつながるはずですので、是非チャレンジしてみてください。

  

ブログやソーシャルメディアをもっと学びたいならこの動画で。

ソーシャルメディア時代の マーケティングの基本と事例 - Udemy

ソーシャルメディア時代のマーケティングの基本と事例 - Udemy

ソーシャルメディアとマスメディアの特性の違いや、それぞれのメリット・ディメリットについて学びます。ソーシャル メディアの戦略的な活用方法について学習できます。マーケティング関係の方のみならず、PR、IR、CSなどの関係者必見の内容です。

動画で学習する

  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー
  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー

関連記事