【講座紹介】手を動かしながら2週間で学ぶ AWS 基本から応用まで

Udemy関連記事

2018/09/15

Udemy関連記事

※本ページの内容は、オンライン動画学習プラットフォーム「Udemy」のコースページをもとに作成しています。

講師プロフィール

AWS, Webアプリケーション開発, スクラムマスター
顧客の事業開発室で新規プロダクト開発を行っています。要求・要件定義からサービス開発まで幅広く担当しているエンジニア。現在は、事業開発のスピードを上げるためのクラウドサービスを追い、現在はサーバレス系サービスにどっぷり浸かっています。好きなAWSサービスはAWS LambdaとAmazon DynamoDB。将来は、子供にまつわる社会問題を解決する新サービスをローンチし、「これ、おとうが作ったんだ」とドヤ顔で娘に言うのが夢。

講座概要

使われることが多い AWS サービスをピックアップし、各サービスの役割を理解しやすい順番に学んでいきます。

ストーリーに沿ったハンズオン形式になっているので、「点」ではなく「線」で AWS の設計や構築方法を学ぶことができます。

例えば下記のような流れになります。

・基本的な構成のシステムを作成する(Day2〜Day4)

・DB レイヤーをマネージドサービスに置き換え、可用性を高める(Day5)

・ロードバランサーサービスを利用して、1つのWebサーバが壊れても大丈夫なようにする(Day6)

最終的には、アプリケーションリリースの自動化(Day13)や、インフラ構築の自動化(Day14)まで学ぶことができます。

◆受講生のターゲット

①「初めて AWS を学ぶ」AWS 初心者の方

例)- アプリエンジニアだったが、インフラの領域にもチャレンジしたい方

– 次の案件でAWSを使うことになり、短期間で基本をしっかり抑えたい方

②「AWS のノウハウを体系的に学びたい」AWS 初級者~中級者の方

例)- AWS 上に構築されたシステムを運用しているが、

ゼロから設計をしたことはない方

– EC2 や RDS などのメジャーなサービスは使ったことがあるが、

それ以外のサービスについても点ではなく線で学んでいきたい方

◆カリキュラムと取り扱う主なサービス・機能

Day1: AWSことはじめ【AWS アカウントの開設、IAM、CloudTrail】

Day2: EC2を使ってサーバを立てる【EC2】

Day3: VPCを使ってネットワークを構築する(1)【VPC、EC2】

Day4: VPCを使ってネットワークを構築する(2)【VPC、EC2】

Day5: リレーショナルDBのマネージドサービスRDSを使う【RDS】

Day6: Elastic Load Balancer(ELB)を用いて Web レイヤの可用性を高める【ELB】

Day7: オブジェクトストレージ S3 を使ってみる【S3、AWS SDK】

Day8: Route 53 を使ってドメインを登録する【Route 53】

Day9: IAMについて理解を深める【IAM】

Day10: AWS CLIによるAWSの操作とCloudWatchを用いたシステム監視【AWS CLI、CloudWatch】

Day11: AWSにおけるコンテンツキャッシュとインメモリキャッシュの基本【CloudFront、ElastiCache】

Day12: Eメール送受信サービスSESとキューイングサービスSQS【SES、SQS】

Day13: アプリケーション開発を支援するCodeシリーズ【CodeCommit、CodeBuild、CodeDeploy、CodePipeline】

Day14: CloudFormationを用いた環境構築の自動化【CloudFormation】

  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー
  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー

関連記事