【講座紹介】みんなのiOS講座 ゼロからSwiftで学ぶiPhoneアプリ開発の基礎

Udemy関連記事

2018/11/18

Udemy関連記事

※本コーナーは、Udemyの講座紹介ページの内容をもとに新着や人気の講座を紹介するコーナーです。「Udemy」とは、米国法人Udemy, Inc.によって運営されるオンライン学習講座プラットフォームです。

参照元講座紹介ページ:https://www.udemy.com/ios-apps/

「講師プロフィール」より

我妻 幸長 (Yukinaga Azuma)
エンジニア / R&D / プログラミング講師
「ヒトとAIの共生」がミッションの会社、SAI-Lab株式会社の代表取締役。AI関連の教育と研究開発に従事。

東北大学大学院理学研究科修了。理学博士(物理学)。興味の対象は、人工知能(AI)、複雑系、脳科学、シンギュラリティなど。

プログラミング講師として教室で1000人以上を、オンラインで2万人近くをこれまでに指導。 2014年にはワールドビジネスサテライトに登場。 エンジニアTypeでは、新しいプログラミング言語Swiftの解説記事を執筆。 また、Softbank社、レバレジーズ社などにおいて、iOS、Andoroidアプリ開発の指導を行う。

iOSの分野で日本最大のカンファレンス、iOSDCにおいて2016年はVR技術、2017年は人工知能について講演。

エンジニアとして、VR、ゲーム、SNSなど、ジャンルを問わず数々のアプリを開発。開発したアプリ、「ちんあなごのうた 南の海の音楽祭」は朝日放送系のニュース、大洗水族館などで紹介される。

著書に、「はじめてのディープラーニング -Pythonで学ぶニューラルネットワークとバックプロパゲーション- 」(SBクリエイティブ)、「No.1スクール講師陣による 世界一受けたいiPhoneアプリ開発の授業」(技術評論社)。

趣味は読書、ブラジリアン柔術で一児の父。

「講座内容」より

みんなのiOS講座は、誰にでも開かれたiOSアプリ開発初心者向けの講座です。Swiftを用いたiOSアプリ開発を基礎から解説するので、ベースを固めながら少しずつ学習することができます。少しずつ丁寧な解説を心がけており、レクチャーの難易度は緩やかに上昇します。プログラミング言語Swift及び開発環境Xcodeをゼロから解説するので、プログラミング初心者の方でもモチベーションさえあれば問題なく受講することができます。

また、本コースは体験を重視しています。手を動かしてコードを書き、カメラ、ゲーム、モーションセンサ、AR、AI、などのアプリを実際に動かしてその仕組みを理解していただきます。アプリの開発力を身につけ、ご自身の目標を達成する術を身につけていただくことがこのコースの目的です。

————————————————————

iOSとは、iPhoneやiPad、iPod touchにインストールされているOSのことです。これらのデバイスを合わせると世界で10億台を超え、ユーザー数は、もはや世界人口レベルです。

iOSデバイスは、我々にとって最も身近なデバイスの一つです。多くの方が常時身につけており、200万本以上のアプリが我々一人一人の要求を満たしくれます。そして、iOSは洗練されたユーザーインターフェイスを持っています。直感的な操作が可能で、ストレスを感じることが少ないです。デザイン面も優れており、ファッションとしても申し分ありません。

実際に、iOSを中心として、経済は既に回り始めています。モバイルアプリの市場規模ですが、経産省によると2017年は世界で650億ドル程度とのことです。そして、このマーケットは今でも急成長中です。

実際に、社会はモバイルアプリから様々な影響を受けています。医療、営業、小売、飲食、運輸などの様々な業種で、iOSアプリは既に活躍しています。また、SNS、スマホゲームなど新しいサービスが次々に誕生しています。アプリは開発者にとって表現の場でもあり、多くのエンジニアの開発意欲を刺激しています。

そのような状況もあり、iOSアプリエンジニアの需要は高まっています。様々な国内外の企業がで好待遇で募集しており、リモートや時短の案件も増えてきています。

————————————————————

XcodeはMac用のApp Storeから簡単にインストールすることができます。環境構築の敷居が非常に低いため、プログラミング初心者の方にもお勧めです。Xcode、iOSともに最新版の使用を前提としています。一部のレクチャーでは、動作の確認にiPhoneなどの実機が必要になります。

本コースを修了した方は、様々なiOSアプリを開発するための下地が身につきます。修了した方は、ご自身のアプリをすぐにでも開発してみたくなるのではないでしょうか。

  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー
  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー

関連記事