【講座紹介】【ゼロから始めるデータ分析】 ビジネスケースで学ぶPythonデータサイエンス入門

Udemy関連記事

2018/08/22

Udemy関連記事

※本記事は、オンライン動画学習プラットフォームUdemyの講座紹介ページをもとにした記事になります。

講師紹介

株式会社SIGNATE (旧株式会社オプトワークス)

現在、世界的な規模で、IoTが生成するビッグデータを人工知能により価値化するムーブメントがおき、社会基盤を刷新する時代が訪れつつあります。我が国においても“第4次産業革命“と銘打って、国家戦略の重要テーマとして位置付けられています。一方で、そのメインプレーヤーであるAI/データ活用人材、いわゆるデータサイエンティストは世界的不足状況にあり、供給が追いつかない状況です。

日本は今後、超高齢化社会を迎えるとともに労働人口が減少する中、高度人材の不足は最も深刻な社会問題の1つとなっております。当社は、オープンイノベーションを活用してこの問題の解決を目指します。日本中、世界中の高度人材の英知を集結し、日本が培ってきた経営資源に活用することで人口増に依存しない持続的経済成長、スマート社会の実現に臨んでまいります。Udemyでは以下のコースを提供しています。

・【ゼロから始めるデータ分析】ビジネスケースで学ぶPythonデータサイエンス入門

講座内容

【概要】
本講座では、データサイエンスをこれから勉強したい方や興味はあるが何をどうやって勉強すれば良いかわからない方、及びプログラミング初心者を対象としています。データサイエンスの一連の流れを体験できるカリキュラムとなっており、学ぶべきことのヒントを散りばめ、よりステップアップしていく為の足掛かりとなるような設計を心がけました。

【本講座のこだわり】
実践を重視し、リアルなデータと課題を教材として採用しています言葉や概念を学習するスライドの章とプログラミングしながら実践する章の2つを用意しています一問一答形式の教材を用意。問題を解き進めることでプログラミングが徐々に身につき、データサイエンスの流れが体験できるようになっています.

分析コンペティションも教材として採用し、楽しみながら学習が進められます講座終了後に使用した教材が自身の教科書となるようになっており、もう一度ご自身の力で教材の問題を解き直すことで復習にも利用できます発展的な内容は極力除外し、なるべく平易な表現や例を使い、イメージで理解できるように工夫しました

【その他】
python3を採用し、プログラミング環境はjupyter notebookを利用11個のjupyter notebookファイルをオリジナル教材として用意

【講師より】
本講座でご紹介するのはデータサイエンスの中でもごく一部ですが、概要がわかり、ちょっと手が動かせるようになると、ご自身でどんどん学習を進められるようになります。より多くの方がデータサイエンスに興味を持っていただき、ご活躍頂ける為に、本講座が少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー
  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー

関連記事