【講座紹介】【キカガク流】人工知能・機械学習 脱ブラックボックス講座 - 中級編 -

Udemy関連記事

2018/08/22

Udemy関連記事

※本記事は、オンライン動画学習プラットフォームUdemyの講座紹介ページをもとにした記事になります。

講師紹介

吉崎 亮介

株式会社キカガク代表取締役社長。舞鶴高専本科・専攻科卒、京都大学大学院情報学研究科修了。画像処理(AR)、ロボット工学、機械学習による製造業のプロセス改善に従事。修士課程在籍中に、化学工学で世界最高峰の国際学会ADCHEMにて最優秀若手研究賞を受賞。

大学院卒業後、株式会社SHIFTに入社し、新卒1年目から日本最大規模のゲーム開発者カンファレンスCEDEC2016 の招待講演。株式会社Caratを共同創業した後、2017年1月、人工知能の一種である『機械学習』を現場で導入するための教育サービスを提供する株式会社キカガクを設立。2017年6月に日本マイクロソフト・Preferred NetworksのAI人材育成トレーナーに任命。

講座内容

今回のゴール:「現場の解析」を知る

創業から9ヶ月、オフラインでの受講生の1300人、オンラインでの受講生1800人を突破している株式会社キカガクの『脱ブラックボックスセミナー』の中級編が登場!初級編公開以来、「感動しました」との声を多くいただき、中級編への要望を多くいただいておりました。

微分・線形代数といった数学の基礎から、Pythonでの実装まで短時間で習得しましょう。キカガクこだわりのスタイルである『手書きの数学』『ハンズオン形式のプログラミング』で実際に手を動かしながら学んでいただければ、理解できること間違いなしです。

中級編では機械学習で必要な数学のエッセンスがたくさん詰まっている「重回帰分析」をゴールに、線形代数、統計、<strong重回帰分析まで一気通貫で解説します。すでにUdemyで公開されている初級編の知識を前提として始め、数学やPythonの実装も順を追って解説しますので、初めての方でも学べる内容となっています。

初級編・中級編・上級編とステップアップしながら学ぶことで、データ解析の実務に必要なスキルと考え方が学べる構成となっています。

  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー
  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー

関連記事