【講座紹介】【最新v5対応】はじめてのAngular入門 実践シングルページアプリケーション(SPA)構築

Udemy関連記事

2018/08/23

Udemy関連記事

※本記事は、オンライン動画学習プラットフォームUdemyの講座紹介ページをもとにした記事になります。

講師紹介

五十川 洋平 (Yohei Isokawa)
2010年から東京都内のWeb制作会社数社で、フロントエンドエンジニアとして計5年間勤務したのち、新潟県にUターン。その後フリーランスとして独立。

現在も現役のフロントエンドエンジニアとして、HTML/CSS/JavaScriptなどの技術を使った、動きのあるWebサイト・Webアプリケーションの制作を行っています。得意分野はシングルページアプリケーション(SPA)の構築で、AngularやReactなどのJavaScriptフレームワークの知識と経験が豊富です。現在住んでいる新潟県では、IT勉強会を主催しています。

講座内容

このコースは、JavaScriptフレームワーク「Angular」の初心者に向けて構成された入門コースです。Angularがはじめての方でも、一から解説するサンプルアプリケーションの開発を通して、Angularの基礎、TypeScriptの構文や機能、RxJSの使い方、シングルページアプリケーションの構築方法を習得できます。

またこのコースでは、Firebaseのリアルタイムデータベースと連携したチャットアプリケーションを開発・公開する、より実践的な学習内容が用意されています。サーバーの知識が無くてもアプリケーションを公開することが可能です。コース受講後には、学んだ知識・技術を実務や個人開発に役立てることができます。

【このコースの特徴】
Angularはフレームワークの知識に加えて多くの周辺知識(TypeScript、RxJSなど)を必要とするので、学習のハードルが高いのがデメリットです。まだまだAngularを詳細に学べる機会は決して多くありません。そこでこのコースでは、初心者でも挫折しないように、Angularに必要な知識・技術の解説を全て行います。

Mac・Windowsの両方に対応したNode.jsのインストールVisual Studio Code(エディタ)のインストール・設定【TypeScript】ー 型・関数・クラス・インターフェイス・ジェネリックの解説【Angularの各機能】ー コンポーネントー ディレクティブー パイプー サービスー フォームー ルーティングー Guard(ガード)ー HTTPクライアントー NgModuleでのアプリケーション構成ー スタイルガイドに添った開発手法【RxJS】ー Observableー Subjectー オペレーター【Angular CLI】【Firebase】ー リアルタイムデータベースの利用ー ユーザー認証関連ライブラリの紹介またAngularでは最新のフロントエンド技術を取り入れられていますので、フレームワークの習得とともに技術トレンドを抑えることができます。

各レクチャーにはリソースファイルに終了時点のソースコードを用意しています。レクチャーでの不明な点はコース内のQ&Aでサポートしますので、ご安心ください。※本コースでは、今後もカリキュラムの追加を行っていく予定です。

【更新情報】
次のセクションの動画を近日中に追加予定です。RxJSを理解しようAngular CLIを使いこなそう

【このコースで利用しているAngular・その他ツールのバージョン情報】
社員管理アプリケーション(Angular v4.3.4)チャットアプリケーション(Angular v5.0.2)Angular CLI(v1.5.0)Node.js (v8.8.1)

【注意点】JavaScript未経験の方には、レクチャーの内容がとても難しいため、まずは別の入門コースで基礎を学習していただくことをおすすめします。本コースはAngular初心者に向けた入門コースです。ユニットテストやサーバーサイドレンダリングなどの高度な内容は取り扱っていません。本コースで扱うAngularのバージョンは「4.3.4」と「5.0.2」です。AngularJS(v1)、Angular2の解説・対応は行っておりませんのでご了承ください。

  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー
  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー

関連記事