【講座紹介】フルスタックエンジニアが教える 即戦力Railsエンジニア養成講座

Udemy関連記事

2018/08/27

Udemy関連記事

※本記事は、オンライン動画学習プラットフォームUdemyの講座紹介ページをもとにした記事になります。

講師紹介

Kazuya Kojima

インターネットの世界に興味を持ち始め、システムインテグレーターにてインフラエンジニアとしてIT業界のキャリアをスタートしました。様々な分野のシステムやWebサービスの環境構築、運用、保守を経て、アプリケーション開発に興味を持ち、プログラマへキャリアチェンジしました。

現在ではフルスタックのフリーランスエンジニアとして、サーバーの構築、運用から、サーバーサイド、フロントエンドの開発と幅広く業務に従事しています。システム環境構築や、開発の進め方など、実際の現場で培った経験や知識を生かして、受講生の方にわかりやすく、実用的な授業を行うことをモットーに講義を作成しています。

講座内容

このコースは、Ruby on Rails5を用いてWebアプリケーションを開発する方法を学べるコースとなっています。PCへのRubyのインストールや、Rubyの基礎など、これまでRuby言語に触れたことがない方も基礎から学べるようになっています。

Railsの開発環境にはDockerを使い、コンテナを使用してRailsサーバーとMySQLサーバーの起動する方法についても学びます。Railsだけでなく、こういったRails実行環境の構築も学ぶことで、最終的にアプリケーションを公開するために必要な知識についても学ぶことができます。

なるべく細かく説明を入れて、途中でつまずくことのないようにしています。もし、わからないことがあれば、気軽に質問頂ければと思います。カリキュラムの内容は以下のようになっておりますが、引き続きコンテンツの追加を予定しております。

【カリキュラム構成】
セクション1. はじめに 講師の自己紹介と、コースの目的についてお話します。
セクション2. Rubyの学習環境準備  PCでRubyを動かすためのインストール方法や、Rubyの実行方法について解説します。
セクション3. Rubyを学ぶ  Rubyの特徴から始まり、Rubyの基本となるクラスや構文について解説します。
セクション4. 開発環境の構築  Dockerを用いてRailsの開発環境を構築する方法について解説します。
セクション5. 始めてのRailsアプリケーション開発  掲示板アプリケーションの開発を題材として、Railsの様々な機能について説明しながら開発方法を解説します。

 

  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー
  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー

関連記事