【講座紹介】フロントエンドエンジニアのためのReact・Reduxアプリケーション開発入門

Udemy関連記事

2018/08/20

Udemy関連記事

※本記事は、オンライン動画学習プラットフォームUdemyの講座紹介ページをもとにした記事になります。

講師紹介

Atsushi Ishida
立命館大学理工学部卒業。無線ネットワーク制御装置の組み込みソフトウェアをC言語で開発したり、MVNO用のSMSCサーバをErlangで開発したり、RTBを行うDSPをPerlで開発したり、有名企業様向けのウェブアプリケーションをRubyとNodeで開発してきました。

そんな経験を活かし、現在、シリコンバレー発の教育プラットフォームUdemyでプログラミング講師として動画収録/編集/配信/サポートを行っております。趣味はLanguage ExchangeでHamjukuというコミュニティーを創設し、世界中の日本語学習者の支援を行っています。

HamjukuのウェブサイトはRailsで書いています。好きな食べ物は妻の作ってくれる里芋の煮付けです。Happy Coding!

講座内容

本コースでは、フロントエンド開発のツールとして多くの開発者に支持されているを題材にしており、実際にコーディングをしながらReactプログラミング技術を習得するという内容になっています。 また、よくReactとセットで用いられる.

Reduxについても学んで頂けるコースとなっています。プログラミング習得のための最大の近道は、「とにかく書いて動かすこと!」というのが私の信念です。ReactとReduxの習得の学習コストは非常に高いんですが、 とにかく、コードを書いて、その挙動を目で確認しながら、まるでゲームをしているかのごとく体得してもらうことが最も効率的だと私は考えていますので、このコースの内容もそれに基づいて設計しています。

本コースの中で受講生の皆様に実際に開発して頂くアプリケーションは、自在に外部のAPIサーバと連携しながら動作する動的なアプリケーションになります。こんなアプリケーションの実装について興味を持たれた方は是非本コースをご受講ください。

  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー
  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー

関連記事