益川繁講師:「受講生から講師へ」 Udemyで生まれる学びのリレー

Udemy関連記事

2017/08/19

Udemy関連記事

簡単に自己紹介をお願いします

現在39歳。高校を卒業後、留学やバックパッカーの旅を通して約5年、海外での生活を経験しました。帰国後、IT、教育、商社といった様々な業界で語学力と帰国後に取得したファイナンスのスキルを生かしてキャリアを積んできました。

高校を卒業後に海外での経験を積もうと思ったのはなぜだったのですか?

高校のとき大学へ進学したら英語を話せるようになりたいと考えていました。大学生のOBに話を聞く機会があったのですが、実際は英語系の学部に進学しても話せるようにならないという現状を知りました。欲しいのは「英語を話せる力」と明確だったので大学へは進学せずに海外へ留学し、専門学校に通ったり、旅をしたりしながら語学力を習得しました。

Udemyとの出会いは?

「プロの資料作成力」などベストセラーも多く抱える清水久三子さんの書籍を愛読しており、セミナーに参加しようと検索していたのがきっかけです。

ただ当時セミナーが法人向けで価格も個人で行くには少し躊躇する値段でした。その情報収集の際に検索でヒットしたのがUdemyで開講されている清水さんのUdemy講座で価格も良心的でしたので受講したのがきっかけでした。

(益川さんのUdemy受講生としてのインタビュー記事はこちら

なぜ講師になろうと思ったのですか?

自分のお気に入りのUdemy講師の指導に憧れて、自分も学んできたことや経験したことをもとに人に教えたいと思ったことがきっかけです。

自分の好きな講師の教え方は共通しています。セオリーではなく具体的ですぐに実践で使えるテクニックを教えてくれます。

例えば、英語のプレゼンの講座では、「自信を持って話すことが大事です」といった漠然とした解説ではなく、「姿勢はこう」「体の動きはこう」「始めにA、次にB、最後にCについて話す」といったように彼ら自信の経験や考えに基づいて具体的な方法が指導されます。その方法に沿って練習すれば効率的に迷わず結果が得られます。自分もそのような指導をしたいと思いました。

もともと人に教えたりすることは好きだったんですか?

実はそういうわけではありませんでした(笑)Udemyの講師になることについてもどちらかというと教えたいという気持ちよりも、Udemyという役立つサービスがあること、自分が経験したことを必要な人にシェアしたいといった気持ちの方が強かったです。

どのような講座を作ったのですか?

スキルアップの生産性を一気にアゲる!たった1時間で学べるプレゼン研修の見極め方テクニックという講座です。

%e7%9b%8a%e5%b7%9d%e3%81%95%e3%82%93%e8%ac%9b%e5%ba%a7

自分自身も外国人向けのプレゼンに向けてスキル習得をしようと参考書などをあさったりしたことがあるのですが、なかなかニーズにあったものを見つけることができませんでした。また、企業の研修で参加した一人10万円以上するような高額な実地研修を受けたこともありましたが、必ずしも講座の内容が価格と比例していないと感じることがありました。

そのような経験を通して、自分の中で一定の「解」を持ちました。今の自分だったら過去の自分に対してこうアドバイスするだろうということを講座にしています。これからプレゼンの研修を探そうと思っている方に「最適な教材を効率的にみつける方法」をお伝えしています。

また、講座の中ではいくつかUdemyの他の講師の方のプレゼン関連の講座も紹介しています。自分の講座が起点となりそういった他の方の講座の受講にもつながるといいですね。このように講師間での「学びのリレー」が生まれるとよいのではないでしょうか。

※取材後、第2弾講座として下記も公開されました。

ビジネスの生産性を一気にアゲる!たった1時間で学べる教えられ上手な箇条書きテクニック

 

どのように講座を制作していったのですか?

コンテンツについてはもともと社内で社員向けに紹介した内容があったんです。それをベースに内容を広げて作りました。制作の仕方は、講師向けの公式ページや各講師の方が出している非公認のUdemyの講座制作の動画講座などを参考に作りました。

どれくらい制作にかかりましたか?

平日は1時間程度、休みの日も2時間程度のペースで3ヶ月程度で制作しました。仕事などとのバランスも考えて無理のないペースで取り組めました。

実際に講座を制作してみての率直的な感想は?

意外と無理なく講座を公開できたと感じています。仕事とも両立して無理なく講座を制作できました。

また、作り手の気持ちがわかったことで、普段受講している講座の講師がいかにすごいか、いかに価値の高い講座を提供してくれているのか、そのありがたみを感じることができました。

講師になったことで、「動画制作のスキルをつけよう」「SEOも学ぼう」とどんどんと学びたいことが増えていき、そのたびに他の講師の方の講座を受講します。学びに広がりが出ました。まるで“360度”学んでいる感じです。

講師になって本当によかったと思っています。Udemyのプラットッフォーム上で誰かの役に立てるという喜びを感じています。

最も苦労されたことはなんでしたか?

masukawa2

音声の収録です。iPhoneやはじめに購入したマイクはノイズなどが入ったりしてうまくいきませんでした。講師コミュニティである講師の方が推薦していたBlue YETIのスノーボールというマイクを購入してAudacityというフリーソフトでノイズ除去をするとうまくいきました。

これからUdemyで講師を目指す方へ

まずは収益よりも講座を公開することを目標に取り組んでみてください。「ちょっとでも役に立つのでは?」と思うことがあったらそれを講座にしてみください。あなたの知識やスキルは誰かが必要なものかもしれません。

Udemyの中にもこれから講師を目指す方にとって役立つ講座が多数あります。動画制作、SEOなど講座制作を目指してぜひ学びを広げてみてください。

Udemyで講師になる

 

  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー
  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー

関連記事