IT技術者とは?おすすめの5つの資格も紹介!

Udemy関連記事

2018/03/30

Udemy関連記事

現在は、多くの産業でIT技術者のニーズが高まっている状況です。

優秀なIT技術者を探している企業も少なくありません。

そこで、今回はIT技術者の概要(カバーする仕事範囲)やIT技術者におすすめの資格をご紹介します。

企業の人事担当の方は、IT技術者のスキル判断の参考になると思いますので、参考にしてみてください。

IT技術者とは?何をする仕事なのか?

まずは「IT技術者」の概要についてお話しましょう。

ビジネスシーンでは「IT技術者」「ITエンジニア」というワードが一般的に用いられていますが、具体的にどのような職種が含まれるのか、といった具体的な定義は決まっていません。

その名のとおり、IT技術者とは、IT業界で働く技術者・エンジニアを総称するワードとして用いられています。

業界内では、以下のような職種がIT技術者としてカテゴライズされています。

・プロジェクトマネージャ
・インフラ系エンジニア
・システムアーキテクト
・ITコンサルタント
・ITサービスマネジメント
・情報セキュリティエンジニア
・アプリケーションスペシャリスト

どのような仕事に、どの程度関わるのかは、それぞれの職種によって異なりますが、以下のような仕事がIT技術者の仕事内容に分類できます。

・開発
・運用
・保守
・コンサルタント
・セールス
・マーケティング
・その他専門分野

 

IT技術者が不足している2つの理由

さまざまな仕事内容のあるIT技術者ですが、国内IT技術者の数は、需要に対して不足している状況です。

この状況の背景にある理由を以下にご紹介します。

 

IT技術者不足の理由①多重下請け構造で薄給となる場合がある

IT技術者の不足の理由の1つめとして、多重下請構造のため薄給となる可能性がある点が挙げられます。

日本では大規模な企業が発注するプロジェクトを大手SIer(エスアイアー:システムインテグレーションを行う業者のこと)が受注し、その下に2次請け、3次請けと会社が続く「多重下請け構造」が一般的です。

下流の仕事を担当する会社ほど、給料は下がります。

そして、IT技術者としてキャリアを積もうとする多くの方が経験しなければならないのは、この下流工程です。

お金がないイメージ

すべてのケースに当てはまるわけではないものの、この薄給のイメージは人手不足の一因と考えてよいでしょう。

IT技術者不足の理由②IT市場自体が急成長している

IT技術者不足の2つめの理由として考えられるのは、単純な需要量・供給量のバランスです。

かつては限られた大手企業のみが行っていたIT事業ですが、現在は多くの中小企業も着手しています。

IT市場全体が拡大したとも言える状況です。

IT技術者が求められる現場が増加した現在、慢性的な人材不足が続いています。

 

IT技術者になるためには?おすすめの資格5選

IT技術者を目指す方の間では、関連資格を取得する取り組みも一般的です。

IT技術者としての働きたい方はもちろん、ITに関わる人に知っておいてほしいおすすめの資格を5つご紹介します。スキルアップにもつながりますので、参考にしてみてください。

 

IT技術者におすすめの資格その1:ITパスポート

ITパスポートは経済産業省が認定を行う情報処理技術者試験です。

月1~2回程度のペースで、全国で試験が行われています。受験料は5,700円(税込)です。

試験で取り扱われる内容は、あらゆる産業・分野で活用できる基礎的なIT知識です。

専門的な内容ではありませんが、社会人・学生の間でベーシックなIT知識を照明する認定試験として普及しています。

ITパスポート

【参照】ITパスポートの申し込み

 

IT技術者におすすめの資格その2:基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、経済産業省が実施している情報処理技術者試験です。

春・秋の年2回試験が行われています。受験料は5,700円(税込)です。

経済産業省は実施している情報処理技術者試験に4つのレベルを設定していますが、基本情報技術者試験にはITパスポートの次のレベルである「スキルレベル2」が設定されています。

IT業界に関する知識をある程度有している方は、ITパスポートではなくこちらの試験に最初から挑戦しても問題ないと言われています。

基本情報技術者試験のスクリーンショット

【参照】基本情報技術者試験の申し込み

 

IT技術者におすすめの資格その3:応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、上述した2つの試験と同様に経済産業省が認定を行う試験です。

受験料は5,700円(税込)で、春と秋の2回試験が行われます。

経済産業省が設定するスキルレベルでは3が設定されている情報処理技術者試験です。

高度なIT人材を目指す方を対象としており、試験にはシステム開発に関する深い内容も含まれます。

応用情報技術者試験のスクリーンショット

【参照】応用情報技術者試験の申し込み

 

IT技術者におすすめの資格その4:ITストラテジスト試験

上述した3試験と同様に経済産業省が行っており、最高のスキルレベルである4を設定されているのがITストラテジスト試験です。

春・秋に試験が行われており、受験のためには5,700円(税込)が必要となります。

合格のためには高度なIT知識が必要です。

加えて「ストラテジスト」という名前からもわかるとおり、IT戦略を策定・推進する能力も求められます。

ITストラテジストのスクリーンショット

【参照】ITストラテジスト試験の申し込み

 

IT技術者におすすめの資格その5:CCNA/CCNP

CCNAは、世界的な大手ネットワーク機器メーカー・シスコシステムズ社が実施する認定試験です。

CCNPはその上位グレードに当たります。

全国のテストセンターで実施されており、日時の希望の日取りを設定できるようなので、会社で働くビジネスマンにとっては受験しやすいかもしれません。

それぞれの資格取得のためには複数の試験をパスする必要があり、CCNA取得のためには、42,768円(税込)、CCNP取得のためには1116,640円(税込)がかかります。費用については、円高・円安の影響を受け、変わることがあるようです。

どちらもネットワークエンジニア向けの資格です。

CCNAは、同社が提供する試験の中ではエントリーレベルとして位置づけられています。

これらの資格を求人の要件に設定している企業も多いようです

CCNA/CCNPのスクリーンショット

【参照】CCNA/CCNPの申し込み

 

いかがでしたか?

IT技術者を目指す方はもちろん、IT技術者のスキルチェックをする上でも、上記資格は役立ちます。

UdemyではIT技術者のスキルアップにつながる講座を多数用意しています。

IT企業に限らず必要なIT技術者育成のために、Udemyを活用してみてはいかがでしょうか?

  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー
  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー

関連記事