photo
photo
  1. トップ
  2. 動画編集
  3. After Effectsでアニメーションを付けてみよう!初心者でもわかる方法をご紹介!

After Effectsでアニメーションを付けてみよう!初心者でもわかる方法をご紹介!

最近では、SNSの動画広告やWebデザインの一部、アプリのインタラクションなど、さまざまな媒体・メディアでアニメーションに触れる機会が増え、「自分もアニメーションを作ってみたい!」という方も多いのではないでしょうか?

アニメーション作成は、感覚的でセンスが必要なスキルのように思うかもしれません。しかし、センスの有無にかかわらず、基本のアニメーションを組み合わせて、手順通りに作業を行えば作成できるタイプのものもあります。

したがって、動画編集ソフトの使い方とアニメーションの付け方さえ覚えれば、あとはアイデアや工夫次第でどんどん伸ばしていけるスキルです。

この記事では、Adobeの動画編集ソフト「After Effects」を使って、実際に簡単なロゴのアニメーションを作っていきながら、After Effectsの概要やアニメーションの付け方を画像付きで解説します。

この記事がアニメーション作成を始めるきっかけになれば幸いです。

After Effectsでできることとは?

After Effects(アフターエフェクツ)は、Adobeが提供する有料の動画編集ソフトです。

名前の通り、エフェクト(写真で言うところのフィルターのようなもの)関係に強く、色味の変更などの単純なものはもちろん、要素の動きなどもエフェクトだけで指定できます。

また、3Dカメラや3Dカメラトラッカーなど、After Effectsにしか表現できない演出もあるので、これらにこだわりたいプロにも愛用されています。

パソコンの操作

豊富なエフェクトで手軽に表現力を高められる反面、複数のシーンを切り替え、繋ぎ合わせたり、長時間の動画制作をしたりするのは、ほかのソフトと比べて苦手とされています。この場合は、同じAdobeのPremiere Proを使用する、あるいは併用することで、効率的に作成することができます。

このように、Adobeが提供するほかのソフトとスムーズに連携できるのも特徴です。前述のPremiere Proはもちろん、Illustratorと連携することもできます。

After Effectsの特徴や基本的な機能について詳しく知りたい方は、「Adobe After Effects(アフターエフェクツ)の使い方は?動画へのエフェクト追加が簡単にできる!」もご覧ください。

 

After Effectsでアニメーションを付ける方法

After Effectsでは豊富なエフェクトを組み合わせることで、映画で使われるような複雑なアニメーションを付けることができます。

初心者の方はまず練習として、難易度が低い「ロゴを動かすアニメーションの作成」から始めてみましょう!

この記事では、「LOGO」という何もデザインされていない4文字のロゴを作例に、After EffectsとIllustratorを連携しながら、アニメーションを付ける手順を画像付きで解説します。

ステップ① コンポジションを選択

After Effectsを起動したら、まずはコンポジションを作成します。コンポジションとは素材を入れる箱のようなもので、解像度や尺の長さ、背景色など、アニメーション全体の設定を決めることができます。

まずは一つコンポジションを作ってみましょう。「新規コンポジション」をクリックしてください(表示されていない場合は、上部メニューの「コンポジション > 新規コンポジション(Ctrl+N)」から)。

コンポジションの作成

コンポジション設定が表示されました。通常は設定後に「OK」を選択すればいいのですが、今回はIllustratorと連携しながら別のコンポジションを作成するので、「キャンセル」を選択してください。

コンポジションの設定

コンポジションの設定内容については後述します。

ステップ② 素材を作成

今回はIllustratorで素材を作成し、After Effectsに連携する方法を解説します。Illustratorを起動してください。

素材の作成

文字ツールで「LOGO」と入力します。フォントは適当なものを選択し、サイズや文字組みも特にこだわらずに進めていきます。

文字ツールの利用

LOGOをアウトライン化します。Ctrl+Aで全選択し、Ctrl+Shift+Oでアウトライン化します。

LOGOのアウトライン化

1文字ずつアニメーションを付けたい場合は、1文字ずつレイヤーを分ける作業が必要です。まずはCtrl+Aで全選択し、Ctrl+Shift+Gでグループを解除してください。

アニメーションの追加

レイヤーパネルで4文字分のレイヤーを作成し、それぞれのレイヤーに1文字ずつ入れていきます。

レイヤーの作成

これでAfter Effectsと連携する準備が整いました。上部メニューの「ファイル > 保存(Ctrl+S)」から、AIファイルとして保存しましょう。

ステップ③ アニメーションをつける

After Effectsで「新規コンポジション フッテージから」をクリックしてください。

新規コンポジションの作成

先ほど作成したAIファイルを読み込みます。読み込みの種類を「コンポジション – レイヤーサイズを維持」にして「読み込み」をクリックしてください。

AIファイルの読み込み

読み込まれたAIファイルのファイル名をダブルクリックすることで、レイヤー構造とタイムライン、プレビューを確認できます。今回はレイヤーが4つに分かれて読み込まれていたら成功です。

レイヤー構造の確認

コンポジションの設定をします。ファイル名の上で右クリックして「コンポジション設定…」を選択してください。

コンポジション設定の選択

コンポジション設定が表示されました。今回は2秒のアニメーションにしたいので、デュレーションを「0:00:02:00」にして「OK」をクリックしてください。

デュレーションの設定

白色の背景レイヤーを追加します。タイムライン上で右クリックして「新規 > 平面」を選択してください。

背景レイヤーの追加

カラーを「白色」に設定して「OK」をクリックしてください。また、背景レイヤーはレイヤー構造の一番下に移動させます。

カラーの設定

これで一通りの準備が整いました。今回は文字を「0.5秒かけて」「大きくなりながら」「回転しながら」「出現させる」アニメーションを「1文字ずつ」作っていきます。

まずは文字の「最初の状態」を設定します。「レイヤー1をクリック > Shift + レイヤー4をクリック」して、「4文字すべて」を選択します。

最初の状態の設定

「レイヤー名の左の「>」をクリック > トランスフォームの左の「>」をクリック」して、「スケール」「回転」「不透明度」の左にあるストップウォッチアイコンをクリックしてください。

アイコンをクリック

続いてスケールを「0.0,0.0%」、不透明度を「0%」にしてください。これで「最初の状態」を設定することができました。

スケールの設定

続いては「0.5秒後の状態」を設定します。まずは1文字目を出現させたいので、「レイヤー1のトランスフォーム」をクリックして「レイヤー1のみ」選択します。

レイヤー1の選択

左上の時間を「0:00:00:15」にしてスケールを「100.0%,100.0%」、回転を「1×+0.0°」、不透明度を「100%」に変更してください。これで0.5秒後に1文字目が表示されるようになりました。

表示時間の設定

2文字目以降も同様の手順を繰り返していきます。レイヤー2は「0:00:01:00」、レイヤー3は「0:00:01:15」、レイヤー4は「0:00:01:29」の位置で同様の変更をしてください。

表示時間の変更

このまま完成でもよいのですが、最後にもう一工夫をしたいと思います。このままだと「4文字同時」にアニメーションがスタートしてしまうのですが、これを「前の文字が表示されてから、次の文字のアニメーションがスタートする」形にしたいと思います。

タイムラインに「◆」がありますが、これの左側の三つを動かして、「アニメーションのスタート地点」を調整します。

開始時間の設定

具体的には、レイヤー1はそのまま、レイヤー2は「0:00:00:15」、レイヤー3は「0:00:01:00」、レイヤー4は「0:00:01:15」の位置に動かすことで、それぞれが「前の文字が表示されたタイミング」でアニメーションがスタートするようになります。

表示タイミングの設定

これでロゴを動かすアニメーションが完成しました。

ステップ④ 作成したものの書き出し

作成したアニメーションを動画として書き出しましょう。上部メニューの「ファイル > 書き出し > Adobe Media Encoder キューに追加…」を選択してください。

動画として書き出す

Adobe Media Encoderが起動します。形式に「H.264」、出力ファイルに「アニメーションの保存先」を指定して、右上の「▶」をクリックすると、MP4形式で書き出すことができます。

出力ファイルの指定

 

アニメーションプリセットの活用も効率的!

After Effectsには、一度作ったアニメーションをオリジナルのアニメーションとして保存できる、「アニメーションプリセット」という機能があります。

今回のように、同じアニメーションを繰り返し使うときはもちろんのこと、別のプロジェクトでも使い回すことができますので、こまめに活用することで、作業時間の短縮につながります。

今回の作例でアニメーションプリセットを活用してみましょう。まずはレイヤー1のタイムラインにある「◆」をすべて選択してください。ドラッグで囲むことで、すべて選択できます。

プリセットの活用

上部メニューの「アニメーション > アニメーションプリセットを保存」を選択してください。今回は「奥から回転しながらフェードイン.ffx」というファイル名で保存しました。

プリセットの保存

アニメーションプリセットは、「エフェクト&プリセットパネル」が表示されていると便利です。上部メニューから「ウィンドウ > エフェクト&プリセット」にチェックを入れてください(既にある場合は不要)。

メニューにチェックを入れる

エフェクト&プリセットパネルから「* アニメーションプリセット > User Presets > 奥から回転しながらフェードイン」を選択し、アニメーションを付けたいレイヤーのタイムラインにドラッグ&ドロップすることで、簡単にアニメーションを付けることができます。

アニメーションを付ける

今回のようにアニメーションのスタート地点が違う場合は、左上の時間(タイムラインの青いバーの位置)を動かしてからドラッグ&ドロップすることで、任意のタイミングでアニメーションを付けることができます。

 

効果的なアニメーションの考え方について詳しく知りたい方は「モーショングラフィックスとは?作成のコツやおすすめのソフト・サイトを初心者向けに紹介!」もご覧ください。 この記事ではAfter Effectsの概要から、実際のアニメーションの付け方・効率的な作成方法までを見てきました。ぜひ、この記事を参考にして、アニメーション作成に挑戦してみてください。

WEBデザイン学習者が学ぶべきスキルセット

Webデザイナーを目指すなら

Webデザイナーのキャリアを未経験からスタートするためのオールインワン講座
Webデザインに挑戦したい人が一気通貫して学べる総合学習コースです。

イラレの基本~実践的なテクニックを学ぶ

【初級〜中級】Illustrator(イラストレーター)でグラフィックデザインをしよう!!ロゴ・印刷物・WEB用素材
グラフィックデザイン・印刷の基礎知識を手に入れて、仕事に役立ててみませんか?

最新のAdobe XDを最短でマスター

【2020年最新版】Adobe XD 手を動かして覚えるUI/UXプロトタイピング。初級から高度テクニックまで全てを学ぶ
実践的な作品制作をしながら、機能の完全理解と応用力を育てることに重点を置いたXDマスター講座!

動画編集をマスターしよう!

業界最先端の動画制作テクニックを制覇!Adobe Premiere Pro 完全版
動画制作をはじめたい方へ、短期間で仕事で応用できるほどのスキルアップ技をお届け。