PHP 配列の基礎を図で丁寧に解説!要素の追加など知りたい知識が満載!

web開発

2017/04/26

web開発

プログラミング言語PHPにおける配列について、PHP初心者向けにWeb開発経験のある筆者が解説します。

見やすいイラストでPHP 配列について解説しているので、安心してご覧ください。

本記事ではPHP 配列とは何か・初期化と代入・配列に要素を追加する方法・要素数を取得する方法・要素を検索する方法・配列の最後の要素を削除する方法について解説します。

とても濃い、充実した内容ですので、ぜひ最後まで読んでPHP 配列の基礎をマスターしましょう!

 

PHP 配列とは?

まずは配列とは何かについてイラストで解説します。

配列とは、「複数のデータを格納したタンス」といったイメージです。

変数では、1つのデータのみを格納していました。配列は複数のデータを格納できるようになります。

配列とは何か

配列に格納されたデータを取り出したいときは、「何段目に入っているのか」を「添字」で指定することで目的の情報を取り出すことができます。

それでは、次の章から実際に配列を定義して使っていきましょう。

 

PHP 配列の基本(初期化と代入)

PHPで配列を作成するには、array()を使用して宣言します。

実際に配列を作成して、各配列にアクセスするサンプルソースコードです。

上記のサンプルソースに「添字」と書かれていますが、先程のイメージでいう「タンスの何段目」を意味しています。

タンスの場合は1段目、2段目、3段目という指定ですが、配列の場合は添字で「0」、「1」、「2」を指定します。

「0」で1段目のデータにアクセスすることができます。

上記で実際に配列を定義し、配列[添字]で各配列のデータにアクセスすることが出来ました。

また、配列の中身を全部一括で表示したい場合は「print_r」を用いることで対象のデータを見やすく表示することが出来ます。

次に「print_r」を使用するサンプルソース2です。

実際にprint_rを使った出力結果が下記となります。

Array(配列)の中にどのようなデータが入っているのかが、一目で確認ができるようになりました。

サンプルコード1では、print $arr[X];と複数個書かないと中身が確認できませんでしたよね。

配列データの中身を一時的に確認したいときに「print_r」使うと便利です。ぜひ、使ってみてください。

次の章で、配列にデータを追加する方法を説明していきます。

 

PHP 配列 要素を追加する方法

今回登場する「配列に要素を追加する方法」は下記3つです。

・array_push()による追加
・[]による追加
・array_merge()による追加

array_push()による追加

配列の末尾に要素を追加する場合に「array_push」という便利な関数があります。

array_push()の解説

 

array_push()で末尾に要素を1つ追加する

次に実際にarray_pushを使った例を示します。

 

ARRAY_PUSH()で末尾に複数の要素を追加する

※array_push()を使ってうれしいこと。戻り値に配列の個数が出力されます。

ただし、動作に関しては、次に紹介する[]による配列要素追加の方が動作が速いとされています。

 

[]による追加

簡単に末尾に要素を追加することができました。

 

array_merge()による追加

先程までは、追加したい要素を一つずつ追加する方法でした。

array_mergeを使うことで配列同士をつなぎ合わせて出力することができます。

添字が数字の場合は、全てマージされ、添字の数字が0から順番に振り直されます。

ここでは詳細の説明しませんが、添字が文字列の場合には同じ添字のものが上書きされます。

 

PHP 配列の要素数を取得する方法

count関数を使って配列の要素数を取得する。

※配列が空の場合は、countで「0」が返されます。

 

PHP 配列の中から要素を検索する方法

配列の中に指定した要素があるかないかを調べるときに便利な関数「in_array」を紹介します。

上記の様に書くことで、配列に指定した文字列があるかを確認することが出来ます。

for文などを使って1要素ずつ調べるよりも簡単です。

※ここでの検索文字列の大文字小文字は区別されます。

 

PHP 配列の最後の要素を削除する方法

array_pop関数を使って、配列の末尾からデータを取り出すことができます。(配列の最後の要素を削除できます。)

array_pop()の解説

POP処理で取り出した値が入ります。もし、空の配列または配列がないものに処理を行った場合NULLが戻り値となります。

 

PHPのPUSHとPOPについて復習

PHPの配列に要素を追加する方法でPUSH、配列の最後の要素を削除する方法でPOPを説明しました。本来PUSHとPOPは、スタックの基本操作として勉強するものです。

図をイメージしながらPUSHとPOPの違いを確認し再度復習しておきましょう。

PUSHとPOPについて復習

PUSH:配列の末尾にデータを追加

POP : 配列の末尾からデータを取りだす

上記は、必ず覚えておきましょう。

いかがでしたか?PHP 配列の基礎が理解できましたか?

udemyでは、初心者にも学習しやすいPHPの講座を用意しています。

ぜひ受講して、PHPをマスターしてみてはいかがでしょうか?

目的別!最先端ITスキル講座

海外の人気講師によるWeb制作のベストセラ―講座

【世界で30万人が受講】フルスタック・Webエンジニア講座(2017最新版)
【世界で30万人が受講】フルスタック・Webエンジニア講座(2017最新版)

ウェブデザインの基礎、サーバーサイドプログラミング、モバイルアプリ開発、APIプログラミングなどを網羅的にマスターできる

最新!iOS11アプリ開発講座

【6日で速習】iOS 11 Swift 4アプリ開発入門 決定版 20個のアプリを作る ARKit,CoreML,NFC
【6日で速習】iOS 11 Swift 4アプリ開発入門 決定版 20個のアプリを作る ARKit,CoreML,NFC

地図検索、ARなど20個以上のアプリを作って学べる実践講座

日本を代表するデータサイエンティスト辻真吾氏による人気講座

【世界で5万人が受講】実践 Python データサイエンス
【世界で5万人が受講】実践 Python データサイエンス

データ解析の基本、可視化、統計、機械学習などデータサイエンスに関するあらゆる実践的なスキルがPythonで身に付く!

初級者から学べる人工知能講座の決定版

みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習
みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習

初心者向けの人工知能と機械学習のコース。文字認識や株価分析なども実施

  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー
  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー

関連記事