コンテンツマーケティングが注目される理由と成功させるポイント

マーケティング

2016/08/12

マーケティング

「コンテンツマーケティング」をご存じですか?潜在顧客の取り込みや、見込み客の顧客化を図るマーケティング手法として、近年大いに注目を集めています。

企業の中にはコンテンツマーケティングを活用して、企業そのものや商品・サービスの認知度を高めることに成功したところもあれば、正しく実行しないまま「効果がない」と短期間で見切りをつけているところもあります。

では、コンテンツマーケティングを成功させ、成果を上げるためにはどうすれば良いのでしょうか?今回は、コンテンツマーケティングの基礎から実施のメリット、成功させるノウハウまでをご紹介します。

この記事を読み終わる頃には、成果の上がるコンテンツマーケティングのコツが身についているでしょう。

 

コンテンツマーケティングとは何か?

コンテンツマーケティングイメージ画像

コンテンツマーケティングを正しく運用するために知っておきたい基礎知識をお伝えします。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは、価値のあるコンテンツを制作することで、見込み客の関心や興味を少しずつ引きつけ、最終的な結果として売り上げ(コンバージョン)につなげようという中長期的なマーケティング手法です。

従来のマーケティングでは、テレビや新聞広告のように不特定多数の人に向けて一方的に情報を配信する「マス広告」が主流でした。

 

一方、コンテンツマーケティングは、潜在顧客・見込み客の関心を惹くブログや動画などを提供し、できるだけ多くのユーザーの関心を惹くことを最初の目的としています。

コンテンツに関心を持ったユーザーが商品やサービスを認知し、ファンになり、さらにリピーターになって、最終的な売り上げ拡大につなげようという手法です。そのため、長期的なスパンで魅力的なコンテンツの提供を継続する必要があります。

 

コンテンツマーケティングのメリット

・費用の削減

ネット広告は広告掲載期間が終了すると削除されてしまう上、運用を続けるためには一定の費用を払い続けなければなりません。しかし、コンテンツマーケティングなら、自社サイト、またはオウンドメディアで情報を発信するので長期的な費用を抑えられます。

 

・資産の蓄積

一度作ったコンテンツは企業の「資産」として蓄積していくことができます。ある程度コンテンツがまとまると、Webサイトへの流入が増え始めます。コンテンツを見る人は、商品やサービスに興味がある人たちです。そうした見込み客を顧客として取り込みやすい点もメリットです。

 

・SNSで拡散

コンテンツマーケティングによってSNSで拡散されやすいコンテンツを作成することで、より多くの潜在顧客にアプローチすることが可能です。それが自社サイトへの流入増につながります。

 

コンテンツマーケティングの手法と事例

コンテンツマーケティングイメージ画像

コンテンツマーケティングの手法と具体的な事例をご紹介します。

コンテンツマーケティングの手法

ユーザーの疑問や悩みを解消する情報をはじめ、「面白い」「感動する」といった感情に訴える記事や動画、日々の仕事や生活に役立つライフハック的なコンテンツなど、思わず「いいね!」を押したくなるようなバイラルコンテンツを作成・提供する手法が一般的です。また、ユーザーの疑問をクイズ形式で出題する「参加型コンテンツ」、無料でサービスを体験してもらう「デモ系コンテンツ」も利用されます。

 

コンテンツマーケティングの事例

企業によるコンテンツマーケティングの活用事例を見てみましょう。

 

・ガシー・レンカー・ジャパン

ニキペディア
ニキビケアに悩むターゲットへ向けたコンテンツを作成し、人気となっています。

参照:ニキペディア(URL:http://nikipedia.jp/)

 

・サイボウズ

サイボウズ式

業務効率の向上支援などのサービスを提供するソフトウェア開発会社ですが、仕事に関する硬軟取り混ぜたさまざまなコンテンツを提供しています。

参照:サイボウズ式(URL:http://cybozushiki.cybozu.co.jp/)

 

コンテンツマーケティングを成功させるポイント

コンテンツマーケティングイメージ画像

コンテンツマーケティングを成功に導くために必要なこととは何でしょうか?成果を上げるためのポイントをお伝えします。

明確なゴールの設定

全てのマーケティングにおいて同じことが言えますが、コンテンツマーケティングでも、最終的なゴールを明確にしておくことが重要です。コンテンツの制作自体を目的にするのではなく、最終的なゴールを意識して進めるようにしましょう。ブランドの認知度やエンゲージメントの向上など、ターゲット層によって目的は変わってきます。

 

カスタマージャーニーとペルソナの設計

実際のデータを用いたペルソナやカスタマージャーニーを設計することも大事なポイントです。

ペルソナとはターゲットを深掘りした顧客像のことで、年齢や性別、趣味などを、実際の顧客データをもとに細かく設定します。

カスタマージャーニーとは、ターゲットが購入に至るまでのストーリーを図式化したものです。ペルソナとカスタマージャーニーを設定することで、良質なコンテンツの制作や、ニーズに合った適切なキーワードの設定が可能になります。

 

効果測定・SNS上で拡散されるための工夫

SNSなどのソーシャルメディアでコンテンツが拡散されれば、早い段階でユーザーの取り込みを行うことができます。運用体制を万全に整え、効果測定を定期的に実施することで、ユーザーの傾向をつかむことができ、多くのシェア獲得につながります。

 

コンテンツマーケティングのポイントはユーザーニーズの見極めから

コンテンツマーケティングは、企業とユーザーの関係性を従来のものから大きく変える新しいマーケティング手法です。広告ほど短期的な効果は期待できない上、これまでのマーケティング手法よりも長期的な取り組みが必要ですが、ユーザーニーズをしっかり分析して適切な運用ができれば、今後の売り上げ拡大に大いに貢献するでしょう。マーケターの方は一度、コンテンツマーケティングを検討してみてはいかがでしょうか?

  

コンテンツマーケティングのSEO対策が学べます

事例から学ぶ新規事業を成功させる SEO戦略 - Udemy

事例から学ぶ新規事業を成功させるSEO戦略 - Udemy

コンサルティングの現場で紹介されている生の事例をもとに、具体的にSEOの戦略を解説。個々が抱えるWEBサイト事業の課題を発見し、解決する力が身に付く。

動画で学習する

  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー
  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー

関連記事