ランディングページの作り方・CVRを上げる8つのコツとは?

マーケティング

2016/06/09

マーケティング

ランディングページの作り方について、多くの企業でWEBマーケティング支援をしている筆者が解説します。

ランディングページとは、サービスに関する情報を1ページに集約したWEBページのことです。

ランディングページは、リスティング広告やリンクからの飛び先のページにもなっているので、資料請求や問い合わせ、商品の購入を促し、コンバージョンを上げる目的で作られます。

では、どのようにしてランディングページを作っていけば、コンバージョン率が上がるのでしょうか?

本記事では、ランディングページを作る時に意識すべき8つのポイントと、ランディングページを作るのに便利なソフトを紹介します。

本記事で、コンバージョン率を上げるためのランディングページの作り方を学んでください!

 

ランディングページの作り方:8つのポイントを意識しよう!

ランディングページはどのようにして作っていくのでしょうか?この章では、ランディングページの作り方を紹介します。

コンバージョン率を高めるランディングページを作るためには、以下の8つのポイントを意識することが大切です。

ぜひ8つのポイントを学習して、コンバージョン率の高いランディングページを作れるようになりましょう。

 

ポイント①:ランディングページの構成

ランディングページは、「ファーストビュー」「ボディ」「クロージング」の3つの部分から構成されています。

まずは構成を意識してランディングページを作っていくのが一般的です。

・ファーストビュー

「ファーストビュー」はランディングページ上部で、ユーザーが最初に見る箇所のです。

したがって、インパクトのあるキャッチコピーや画像などでユーザーの興味を惹く工夫が必要です。

【ランディングページのファーストビューの例】
ランディングページのファーストビューの例

参照:リンゲージ(http://www.linguage-school.jp/lp/201401.html

 

・ボディ

「ボディ」はランディングページに具体的な解説やメリット、購入者や利用者の声を載せて商品やサービスのアピールをする箇所です。

【ランディングページのボディの例】

ランディングページのボディの例

参照:リンゲージ(http://www.linguage-school.jp/lp/201401.html

 

・クロージング

最後の「クロージング」では、実際に資料請求や問い合わせ、商品の購入を促すための内容をランディングページに記載します。

期間限定のプレゼントやお得な特典で購買を促すという方法もよく行われます。

【ランディングページのクロージングの例】

ランディングページのクロージングの例

参照:リンゲージ(http://www.linguage-school.jp/lp/201401.html

 

ポイント②:ターゲットを決める

どんな検索ワードでページに来る人が多いのかを確認することで、初めて効果的なキャッチフレーズを考えることができます。

検索ワードとズレていたり、ターゲットが違っていればどんなに魅力的なファーストビューを作ってもユーザーには響きません。

※ターゲットの決め方については、ペルソナについて解説した記事をご覧ください。

 

ポイント③:キャッチコピー

キャッチコピーはユーザーがランディングページを開いたときに、最初に飛び込んでくる言葉です。

ユーザーが求めていたページだと思わせ、なおかつこのサイトを読みたいと思わせるような言葉をランディングページに載せましょう。

特にターゲット層が悩んでいることや解決したいことに焦点を当てて考えると効果的です。

【ランディングページのキャッチコピーの例】

ランディングページのキャッチコピーの例

参照:リンゲージ(http://www.linguage-school.jp/lp/201401.html

 

ポイント④:商品の紹介

商品を利用する具体的なイメージが湧くように、いろいろな角度から商品の写真を載せ、また実際に使用している写真を掲載して、ユーザーの立場に即した解説を付けたランディングページにしましょう。

ユーザーは、商品の実物を見られるわけではありません。そのため、いかに具体的に商品を使っている姿をイメージさせられるか、商品を使うことにメリットを感じさせられるかがランディングページでは勝負です。

【ランディングページの商品の紹介の例】

ランディングページの商品の紹介の例

参照:リンゲージ(http://www.linguage-school.jp/lp/201401.html

 

ポイント⑤:お客様の声

すでに商品を購入し、利用している人が発するコメントや喜びの声には説得力があります。

お客様の声をランディングページに載せることで、購入を検討している人に、「この商品で間違いないんだ」と感じてもらい、たくさんの人が購入していると知らせることで安心感を与える効果があります。

【ランディングページでお客様の声を掲載する例】

ランディングページでお客様の声を掲載する例

参照:リンゲージ(http://www.linguage-school.jp/lp/201401.html

 

ポイント⑥:差別化

自社の商品やサービスが他とは違うということを差別化してランディングページでアピールすることも大事なポイントです。

ここでしか買えないということや、今しか買えないという限定感、他にはない特典アフターサービスをつけることで、他の商品とは違うという点を訴えましょう。

【ランディングページで差別化をアピールする例】

ランディングページで差別化をアピールする例

参照:コージャル(https://web.cordial.osaka/lp/

 

ポイント⑦:デザイン

ランディングページは一点に商品を絞って成果を上げることを目的としているので、情報が単調になりがちです。

フォントの色、サイズ、画像など、より見やすく伝わりやすいデザインにすることはもちろん、場合によっては動画を使うなどして、最後までユーザーを飽きさせず離脱させない工夫が必要です。

【ランディングページで動画を使った例】

ランディングページで動画を使った例

参照:濃厚チーズ気分(http://www.sanko-seika.co.jp/cheese-kibun/

 

ポイント⑧:制作後のアクセス解析・効果測定

ランディングページは、作れば終わりではありません。

コンバージョン率やページのどこで離脱している人が多いかなど、ランディングページの分析を行い、問題点を洗い出して常に修正していくことが重要です。

ヒートマップや、Googleアナリティクスなどでアクセス解析・効果測定を行い、ランディングページを改善していきましょう。

サイト解析については以下の記事もご参考にしてください。

ヒートマップの使い方を学ぶ

Googleアナリティクスの使い方を学ぶ

 

ランディングページを作るのに便利なソフト

ランディングページを作るためのポイントは理解できたけど、実際にランディングページを作るとなると難しそうですよね?

確かに、ランディングページの制作を業者に依頼すると高額な費用がかかってしまったり、リリースまでに時間がかかることがあります。

しかし、最近ではランディングページを作るためのソフトなどを利用して、無料で簡単にランディングページを作ることができます。

今回は、ランディングページを作るのに便利なソフトを紹介します。

 

ランディングページを作るのに便利なソフト①:WordPress

WordPressはブログシステムとして認知されていますが、テンプレートを利用すれば複雑なHTMLやCSSを書く必要なく、ランディングページを作ることができます。

無料のものもいくつかありますが、ランディングページを急いで立ち上げたい場合や、よりクオリティの高いテーマを求めている場合は有料サービスの利用がおすすめです。

※WordPressについて深く学習したい人は、WordPressを初心者向けに解説した記事をご覧ください。

WordPressのサイトはこちらから

 

ランディングページを作るのに便利なソフト②:Wix

Wixでは、無料でWebサイト(ランディングページ)を作ることができます。

プロのようなおしゃれなテンプレートが豊富で、コンバージョンのことを考えたデザインが揃っています。Wixを使えば、画像や文章を編集するだけで効果的なランディングページが作れます。

これら以外にも「Joomla!」など、無料のテンプレートを使ってランディングページを制作できるサービスもあります。

ランディングページは見栄えが大切なので、お気に入りのサービスを探してみると良いでしょう。

Wixのサイトはこちらから

 

訪問者の気持ちに寄り添ったランディングページを

ランディングページは、コンバージョンを上げるために重要なものですが、根本的なところは、消費者の気持ちをよく考えたものにすべきです。

見る人の気持ちを考えて作られたランディングページこそ、よりユーザーの心に届き、それが結果的にはコンバージョン率の向上につながります。

この気持ちを念頭に、より良いランディングページを作りましょう。

  

Wordpressを使ったページ作成を学びたい人はこちら

【プログラミング不要!】2日でできるWordPress超入門 - Udemy

【プログラミング不要!】2日でできるWordPress超入門 - Udemy

週末にワードプレスをインストールし、予約システムや、オンラインショップを作ろう!

動画で学習する

  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー
  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー

関連記事