「Docker」を効率的に学ぶ!インフラエンジニア初心者向け学習方法

インフラエンジニアを目指す上で、Dockerについて学びたいけれど、

・インフラ構築にDockerが必要な理由がイマイチ分からない…。
・Dockerを勉強したいけれど何から手を付けたらいいのか分からない…。

こんな悩みはありませんか?そこでこの記事では、

・Dockerを利用するメリット
・Dockerの学習方法
・Dockerを勉強するために最適なUdemy講座

をご紹介します。

現在、インフラエンジニアは人材不足で需要が高まっていることもあり、フロントエンジニアなどに比べて給与が高い傾向にあります。そのため、インフラエンジニアを目指す人は年々増えているのが現状です。インフラエンジニアにとって、Dockerの知識は仕事上で必須と言えます。

Dockerとは?

Dockerは、Docker Inc.が開発した「コンテナ型仮想化」技術を利用して仮想環境を生成、配布、そして実行するためのツールです。Dockerを活用すれば、サーバーなどの設定やアプリケーションなどを「コンテナ」に収納でき、コンテナを異なるOSのパソコンやサーバーに簡単に移動できるようになります。そのため、IT環境の効率化やリソースの最適化など、多くメリットを享受できます。

Dockerを使うメリットとは?

基本的にインフラを含むアプリケーション開発の現場では、チーム体制でプロジェクトを進めます。そのためには、複数のプロジェクトメンバー間で開発をスムーズに進めなくてはいけません。

開発者個々のパソコンが、macOSやWindowsなど異なる開発環境を持つケースも十分にあり得ます。このようにプロジェクトメンバー間で異なる開発環境があることは、問題が発生する原因のひとつであり課題でもありました。

その問題を解決できるのがDockerです。Dockerの最大のメリットは「どのような複雑なソフトウェアの実行環境であっても、Dockerの管理下に置くことで、任意のマシンへ容易に環境を複製・共有できる」という柔軟性にあります。すなわち、異なるOSのパソコンやサーバーに同じ開発環境を複製・共有が可能となります。面倒な環境構築の手間が省けるうえに、インストールしたアプリケーションのバージョン違いなどのリスクを防げます。これは、チーム開発の効率と生産性を格段に向上させます。

知っておきたいDockerの基本性能

インフラエンジニアにとって、効率的なシステム構築と運用は非常に重要です。Dockerの活用は、インフラ構築のプロセスを大きく簡素化し、時間を節約できます。ここからは、Dockerの基本性能を初心者向けに紹介します。

システム導入が容易

Dockerを使う大きなメリットのひとつに、システム導入のスピードアップが挙げられます。Dockerで新しいシステムを立ち上げる際に必要なのは、必要最低限のアプリケーションのインストールのみです。Dockerは、新しいプログラムを素早くデプロイし、稼働させることができます。

OS読み込み不要で効率的な処理の実行

従来の仮想化システムでは、サーバを起動するたびにOSを読み込む必要があり、この作業が時間を消費します。しかし、DockerではOSはすでに起動しているので、サーバの起動が大幅に速くなります。また、Dockerがリソースを効率的に使用するため、サーバにかかる負荷が減少し、より多くのアプリケーションを同時に効率的に実行することが可能になります。

設定の再利用が可能

Dockerでは、一度設定したコンテナの「設計図」をイメージとして保存することができます。このイメージを使えば、新しいコンテナをすぐに用意し、同じ設定で複数のパソコンやサーバーにデプロイすることが可能です。これは、テスト環境を作りたい時やシステムリソースを拡張したい時など、スピーディーかつ確実にプロジェクトを進める必要があるシーンで大変役立ちます。

Dockerの最適な学習手段

Dockerの技術を身につけることは、インフラエンジニアとしてのスキルを広げる上で非常に役立ちます。ここでは、Dockerを学ぶための最適な学習手段を紹介します。

Dockerの公式ドキュメントを読む

Dockerについて学ぶことができるソースのひとつが、Dockerの公式ドキュメントです。特に、日本語版のドキュメントはわかりやすく作成されています。公式情報であるため、最新かつ正確な情報が得られる点がメリットです。

専門書籍を利用する

Dockerに関する本は多数出版されていますが、初心者向けに噛み砕いて解説したものや、より実践的な内容を含むものなど、自分の学習スタイルやニーズに合わせて選ぶことが重要です。ただし、実際に手を動かして練習する際に、わかりにくい書籍も存在します。

Udemyの動画講座を活用する

Udemyの動画講座での学習は、視覚的に理解しやすく、実際の操作を見ながら学べるのが特徴です。さまざまな分野のプロフェッショナルが、自ら操作して解説をするため、手順がわからずにつまずいて学習で挫折することもありません。また、買い切り型なので、自分の好きなタイミングで学習を進められるメリットもあります。

Docker初心者向けのUdemyオススメ講座3選

ここでは、Dockerを学びたいインフラエンジニア初心者向けのおすすめのUdemy講座を紹介します。今回紹介する3つのUdemyの講座は、インフラエンジニアとして活躍するために必須なDockerの知識を効率よく学べるだけでなく、インフラエンジニアに必要な周辺知識も学べます。

Linuxやネットワークの知識が無い初心者の方におすすめ

Udemyおすすめ講座

Linux とネットワークの基礎から学ぶ Docker 入門

Linux とネットワークの基礎から学ぶ Docker 入門

4.4(610 件の評価)

5,970 人の受験生

作成者: しま (大嶋勇樹)(IT エンジニア)

Docker がよく分からないと思っている方の多くは、実は Linux とネットワークの知識不足が原因です。そんな Linux とネットワークの基礎知識から Docker を使った開発環境構築まで、 手を動かしながら学んでいきましょう!

\無料でプレビューをチェック!/

講座を見てみる

この講座では、Dockerの基本だけでなく、ネットワークやLinuxの基礎も学べます。理解を深めるために必要なLinuxの操作やネットワークの基本、APIを通じたWebアプリの構築、そしてDockerを用いた効率的な開発環境の設定方法など、初心者にも親しみやすい内容が網羅されています。

講座内では「タスク管理アプリケーション」を構築する過程でネットワークやLinux、Dockerなどを学習していきます。

Linuxを学ぶときの最初の壁と言われる環境構築もわかりやすい図を用いて、丁寧に解説しています。タスク管理アプリケーションの開発環境の構築でも、各機能の役割を細かく説明しているので、初心者でもつまずくことなく意味が理解できます。

Dockerの概要やインストール方法も、初心者向けにわかりやすく解説しています。インストールの手順も動画で丁寧に紹介しているので、操作に迷うことなく学習できます。

また、講座の主要テーマであるDockerの具体的な使用例について詳しく説明されているので、Dockerの基本から応用まで段階的に学べる点も魅力です。

タスク管理アプリケーションを段階的に構築することで、Webアプリケーション作成のスキルが習得できます。自分でWebアプリケーションを作成できるようになるため、学びの達成感が得られる充実した講座となっています。

実務的な技術を幅広く学習したい方におすすめ

Udemyおすすめ講座

米国AI開発者がゼロから教えるDocker講座

米国AI開発者がゼロから教えるDocker講座

4.8(3,049 件の評価)

9,517 人の受験生

作成者: かめ れおん(米国データサイエンティスト)

AI開発のプロが徹底的に現場目線でわかりやすく教えます.Dockerを使って超本格的なデータサイエンスやWeb開発の環境が作れるようになります.

\無料でプレビューをチェック!/

講座を見てみる

近年人気のデータサイエンス分野やWeb開発分野に興味がある方には、本講座がおすすめです。この講座では、Dockerの基本操作、データサイエンスやCICDパイプラインの環境構築、Linuxコマンド、Webアプリ開発など、実務で活用できる技術が網羅的に学べます。15時間以上の充実した分かりやすい内容で、AWSやRailsを使った実践的な知識も得られ、Dockerの効果的な使い方が学べます。

この講座では、手書き数字を深層学習で自動判断するモデル開発を学習します。 最終的には、Dockerを使ってGPU( 画像処理装置 )対応のデータサイエンス環境の構築ができるようになります。

まず始めに、インフラエンジニアに必要なLinuxの基礎知識とDockerの使い方を、知識ゼロの方に向けて詳細に解説しています。

Dockerの使い方を学ぶために必要な手順は、初心者でもわかるように全て丁寧に解説されています。 Dockerの仕組みもイラストや図を使って、わかりやすく紹介しています。

講座が進むにつれて、データサイエンスのプロが実際の業務で使う、データ解析環境の構築方法も習得できるようになります。

データ解析環境だけでなく、業務用のWebアプリ開発環境の構築方法も学習できるため、インフラエンジニア以外の職種を目指す方にもおすすめです。

Dockerの知識だけでなく、現在注目されているデータサイエンスやWebアプリ開発の知識が習得できるため、講座修了後には開発現場で活躍できるレベルまでステップアップできます。

プログラミング初心者でWeb開発の幅広い知識を習得したい方におすすめ

Udemyおすすめ講座

【HTML,CSS,JS,PHP,Git,Docker】プログラミング初心者OK! ゼロからわかるWebシステム開発

【HTML,CSS,JS,PHP,Git,Docker】プログラミング初心者OK! ゼロからわかるWebシステム開発

4.6(2,106 件の評価)

16,461 人の受験生

作成者: 津留(つる) 将史(Web開発 PHP(10年以上)、Scala、AWS SAA(2018年取得))

わかりやす〜い図で解説!知識ゼロから一気にWebアプリ開発をマスター【HTML/CSS/JavaScript/PHP/AWS EC2/独自ドメイン&SSL/TLS/Git/Docker/Laravel/WebAPI/Webhook】

\無料でプレビューをチェック!/

講座を見てみる

この講座では、Dockerの基本からWeb開発のコアスキルまでを効率的に学べます。プログラミング言語やフレームワークを実際に使いながら、アプリ開発の全工程を体験することができます。初心者も図解や具体例を通して理解を深められ、Web技術の基本を総合的に身につけることができます。

最終的にはオリジナルアプリを作成できる技術力が身につくように、LINEボットアプリの制作も行います。学習のボリュームも多く、幅広い知識やスキルが身につくお得な講座です。

Webの知識が無くても、Webシステムの基礎段階から体系的に解説しています。Webシステム開発の現場で活用できる知識やスキルが身につく講座です。

図を多用しているため、初心者でもイメージしやすく、具体例を挙げてわかりやすいのが特徴です。

Dockerの概念からインストール、利用方法まで詳しく解説しています。また、AWSやGitHub、LaravelなどWeb開発に必要なツールを用いたプロのノウハウを習得できます。

Webシステム開発の現場レベルのスキルの習得が目的となっており、クイズアプリを制作するセクションもあります。

まとめ

今回の記事では、インフラエンジニア初心者やインフラエンジニアを目指す方に向けて、Dockerを効率的に学ぶ方法について解説しました。現在Dockerは、インフラ構築のプロセスを大きく簡素化し、時間を節約する上で必須のツールとなっています。

Dockerを学ぶ上では、実際に手を動かしながら体系的に学習できるUdemyの講座を活用することが効果的です。今回の記事を参考にして、気になるDocker講座を受講してみてはいかがでしょうか。