Unity入門|ゲーム制作を始めるための完全ガイド!おすすめの学習方法を解説

最近、Unityを使用したゲーム開発に興味を持つ人が増えてきましたが、

・そもそもUnityってどんなゲームエンジンなんだろう?
・Unityでどのようにゲームを作成するのかがわからない…。

という疑問を持っている方も少なくないでしょうか?

そこでこの記事では、

・Unityが初心者に選ばれる理由や特徴
・Unityを使用してのゲーム制作の基本的なステップ

について詳しく解説します。「ゲーム制作の第一歩」として、Unityの基本をしっかりと押さえ、ゲーム制作をスタートさせましょう。

Unityとは?なぜ入門者向けと言われるのか

Unityは、様々なデバイスで遊べるコンピューターゲームを開発するための、ゲームエンジンの一つです。特に、スマホのソーシャルゲームや美しいグラフィックの3Dゲームを作成する際に使われています。Unityの特徴として、プログラミングの知識がなくてもゲーム制作が可能であることが挙げられます。

\文字より動画で学びたいあなたへ/

Udemyで講座を探す >

ゲーム制作にUnityが選ばれる4つの理由

出典:Unity 公式サイト

Unityは、多くのゲームエンジンの中でも特に利用率が高く、ゲーム制作初心者からプロの開発者まで幅広く推奨されています。その背後には、いくつかの理由があります。

多くの有名ゲームがUnityで作られている

出典:Unity 公式サイト

Unityで制作されたゲームの中には、世界的に有名な「Pokemon GO」や「Super Mario Run」などがあります。これらの成功は、Unityの柔軟性と高いパフォーマンスを証明しています。

さらに、全世界のモバイルゲームの多くはUnityによって作られているということも、Unityの人気と信頼性を示しているといえるでしょう。

無料で利用できるライセンスがある

Unityは3種類のライセンスを提供しており、その中の「Personal」ライセンスは無料で利用できます。無料提供の背景には、Unityの創業者たちの 「もっとオープンでみんなが使えるゲーム開発環境」を目指すというビジョンがあります。

様々な機種のゲームを作れる

Unityは、XboxやPS4といったゲーム機から、iPhoneやAndroidのスマホ、さらにはWebなど、20以上のプラットフォームに対応しています。マルチプラットフォーム対応により、開発者が幅広いデバイスでのゲーム制作を可能にしています。

アセット・ストアでゲーム作りの素材を入手できる

Unityのアセット・ストアでは、ゲーム制作に必要な背景、アニメーション、キャラクター、音楽などの素材を提供しています。アセット・ストアの素材は無料で提供されているものもあります。

アセットを利用することで、開発者は時間とコストを節約し、よりゲーム制作に集中することができます。

Unityをインストールして使える状態になるまで

Unityを活用する前提として、公式ウェブサイトからのダウンロードとインストールが必須です。ここからは、Unityのインストール方法をご紹介します。

Unityの公式ページを開き、ダウンロードセクションから最新版のUnity Installerを取得します。

取得したInstallerを実行し、画面の指示に沿ってインストールを進行します。利用規約を確認し、「同意する(Agree)」を選んでください。

これにより、Unity Hubのセットアップが開始されます。

セットアップ完了後、Unity Hubアプリが起動可能となります。Unity Hubアプリは、Unityの各プロジェクトやバージョンの管理を行うものです。初めての起動時には、アカウント情報の入力や基本設定が要求されるので、指示に従って進めてください。

その後、「Unityエディターのインストール」の画面が現れるので、Unity Hub内でUnityをセットアップすれば、環境は整います。

Unity Hub内の「新規プロジェクト」を選択することで、新しいゲームやアプリの制作を開始することができます。

以上が、Unityのインストール手順です。公式サイトには、さらに詳しいチュートリアルや使い方が掲載されているので、初めての方はそちらも参考にしてみてください。

 

【実践】Unityでゲームを作ろう!

出典:Unity 公式サイト

Unityを学ぶ上で、実際にゲームを作成することは非常に有効です。特に初心者の方には、Unity公式が提供しているチュートリアル「玉転がし」をおすすめします。

「玉転がし」チュートリアルで学べる3つのこと

Unity初心者になぜ「玉転がし」のチュートリアルがおすすめなのか、その理由としては大きく分けて3つ挙げられます。

1.基本操作を習得できる

チュートリアルを通じて、Unityの基本的な操作やプロジェクトの保存方法など、ゲーム制作の基礎をしっかりと学ぶことができます。

2.実際のゲーム制作を体験できる

「玉転がし」はシンプルなゲームですが、その制作過程で地面や壁の設定といったUnityの基本的な使い方を自然と学べます。

3.視覚的に理解しながら取り組める

チュートリアルにはキャプチャ画像や動画が豊富に用意されており、見ながら学ぶことができます。特に初心者の方には、この視覚的な学びが理解を深めるのに役立つはずです。

Unityを始めたばかりの方や、これからゲーム制作を始めたいと考えている方は、ぜひこの「玉転がし」チュートリアルを試してみてください。

実際にゲームを作成することで、Unityの魅力や可能性を感じることができるでしょう。

Unityで細かい動きを表現するなら「C#」を使おう

Unityは、入門者向けのゲームエンジンとして知られていますが、ゲーム内での細かい動きや処理を実現するためには、プログラミング言語の知識が必要です。

Unityで使用できるプログラミング言語は

  • JavaScript
  • C#
  • Boo

の3種類がありますが、実際に「Boo」を使用している人はほとんどおらず、「JavaScript」もWebで使用するJavaScriptとは仕様が異なる点に注意してください。その中で、「C#」はUnityでのゲーム開発において、最も一般的に使用される言語です。

以下の理由から、Unityでの細かい動きや処理を実現するためには「C#」が最も適しているといえます。

Unityとの親和性

「C#」はUnityの主要なプログラミング言語としてサポートされており、UnityのAPIや機能を最大限に活用することができます。

学習リソースの豊富さ

「C#」に関する学習リソースやチュートリアルが豊富に存在しており、初心者でもスムーズに学習を進めることができます。

柔軟性と拡張性

「C#」はオブジェクト指向プログラミング言語であり、再利用性や拡張性が高いため、大規模なゲーム開発にも適しています。Unityでのゲーム開発を始める際は、スクリプトを新規作成し、プログラミング言語を選択する際に「C#」を選択します。

その後、テキストエディタでコードを記述しているのが一般的なやり方です。初心者の方は、ネット上のオンライン学習サイトやチュートリアルを活用して、「C#」の基礎を学ぶことをおすすめします。

まとめ

Unityは、無料で始められコードを記述する必要がないため、初心者の入門ツールとして最適です。また、ゲームに使用するさまざまな素材を、アセットストアで入手できることも人気の理由です。「C#」を使用する事で、よりハイクオリティなゲームを開発することが可能になります。

Unityでゲーム開発にチャレンジしてみたい人には、 下記の講座がおすすめです。

Udemyおすすめ講座

Unity3D入門の決定版!RPG開発の基本をUnityインストラクターと共に進めるハンズオンコース【スタジオしまづ】

Unity3D入門の決定版!RPG開発の基本をUnityインストラクターと共に進めるハンズオンコース【スタジオしまづ】

4.7(888 件の評価)

6,387 人の受験生

作成者: 嶋津 恒彦(Unityインストラクター 教育 数学)

アクションRPG開発を通して、AR/VRでも使われるUnity3Dのアニメーション制御が学べる超入門講座!C#プログラミングに不安がある初心者でもしっかり学べるイラスト解説&演習問題付き。コースが終わる頃にはあなたも立派な3Dゲーム開発者!

\無料でプレビューをチェック!/

講座を見てみる

評価:★★★★★
コメント: 初心者ですがとても分かりやすくとても勉強になりました。他の講座も受講します

評価:★★★★★
コメント: 初めてUnityの勉強をするために購入しました。プログラムを書くのも未経験だったのですが、C#の基礎から教えていただき、大変わかりやすかったです。

Unityを学習して、ゲームクリエイターの第一歩を踏み出しましょう!