Jestとは?テストの書き方・使い方を分かりやすく解説

Jestとは?テストの書き方・使い方を分かりやすく解説

JavaScriptのテストフレームワーク「Jest」について、聞いたことはありますか?

・Jestの基本的な使い方がわからない…。
・どうしてJestが開発に役立つのか知りたい…。

ご存じの方の中には、このような疑問をお持ちの方も少なくないでしょう。

この記事では、

・Jestの基本概念とその重要性
・Jestを使ったテストの具体的な方法

について分かりやすく解説します。

本記事を参考にして初心者から経験者まで、Jestを使って効率的かつ品質の高いコードを書くための知識を身につけましょう。

Jestとは?

Jestは、Meta(旧Facebook)社によって開発されたオープンソースのJavaScriptテスティングフレームワークです。Jestではシンプルさを重視し、JavaScriptのテストを快適に行うことを目的としています。

Jestとは?
出典:Jest 公式サイト

\文字より動画で学びたいあなたへ/

Udemyで講座を探す >

Jestの主な特徴

Jestの最大の特徴は、利便性にあり以下のような多様なJavaScriptフレームワークとの互換性を持ち、幅広いプロジェクトで利用可能です。

  • Babel
  • TypeScript
  • Node
  • React
  • Angular
  • Vue

Jestは、JavaScriptプロジェクトにおいて、複雑な設定を必要とせずに利用できるテスティングフレームワークです。スナップショット機能を駆使して、大規模なオブジェクトも簡単にテストすることができます。

Jestのもう一つの特徴として、テストの同時実行機能があります。同時実行機能を活用することでテストの効率が向上し、迅速かつ安全に作業を進めることができます。

Jestでテストを実行

また、Jestはコードの網羅率を計測する機能も備えており、プロジェクト全体のテストカバレッジを詳細に把握することが可能です。

さらに、テスト中のインポートを簡単にモック化(※)できる機能も備えています。この機能では、テストコードの可読性が向上し、関数の呼び出しを効果的に追跡できます。テストが失敗した場合には、原因を明確に示す詳細なエラーメッセージが表示されるため、問題の特定と解決が容易です。

他にもJestは、豊富なドキュメントを提供しており、ユーザーのニーズに合わせてカスタマイズすることも可能です。

これらの特徴を鑑みると、JestはJavaScript開発者にとって、とても有用なツールといえるでしょう。

※モック化とは、プログラミングにおいて、実際のオブジェクトや機能を模倣(モック)することを指します。モック化は、特にテストの際に重要であり、実際の外部システムや複雑なオブジェクトを使わずに、真似た簡単なオブジェクト(モックオブジェクト)を使用します。

Jestでのテストが必要な3つの理由

ここでは、Jestでのテストが必要な3つの理由に関して、それぞれ分かりやすく解説していきます。

テストを効果的に行い品質を担保しやすくなる

Jestを使用することで、JavaScriptの単体テストを効果的に行うことができます。

テストカバレッジを出すことにより、テストケースが十分に網羅されていないコードを最小限に抑えることが可能で、Jestは、関数やメソッドといった小さい単位での処理が正しく機能しているかを確認するのに適しています。

また、Jestはテストランナー、アサーション、テストモック・テストダブルといったテストのための主要な構成要素を、一つのフレームワーク内で提供しています。

そのため、Jestを利用することでより品質の高いテスト環境を構築できるでしょう。

開発プロセス全体の安全性を高められる

Jestを活用することで、バグや不具合を事前に特定し、発生を防ぐことができます。

不具合の発生を未然に防ぐことは、リスク管理の一環としてとても重要であり、プロジェクトにおけるリスク要因の特定と対策を行うことが可能です

Jestを使用することで、効果的なエラーハンドリング手法を実装しやすくなり、開発プロセス全体の安定性と信頼性を高めることができます。

スムーズにリリースすることができる

Jestを用いることで、仕様書や設計文書に沿ったテストを実施することが可能です。

リリース前の製品が仕様通りに動作するかどうかを確認することができ、製品の品質と顧客満足度を高めることができます。

Jestを使用することで、開発チームは仕様に基づいたテストを効率的に行い、製品のリリースプロセスをスムーズに進めることができるでしょう。

仕様書の通りに動くことを確認しリリースする

Jestでテストする方法・やり方

ここでは、Jestを使用してTypeScriptでユニットテストを行う方法を、初心者にもわかりやすく解説します。

環境のセットアップ

まず、Jestを使うための環境をセットアップします。

「Node.js」と「Yarn」が必要ですので、これらがまだインストールされていない場合は、先にインストールしてください。

「Node.js」と「Yarn」のインストールが完了している方は、新しいプロジェクトを作成し、必要なパッケージをインストールします。

次のコマンドを実行して、Jestと関連パッケージをインストールしましょう。

コマンドが正常に動作すれば、Jest本体、TypeScript対応のts-jest、JestのAPIの型定義ファイルがプロジェクトに追加されます。

Jestの設定

JestをTypeScriptと共に使用するためには、設定ファイルjest.config.jsを作成する必要があります。

次のコマンドを実行して、設定ファイルを生成してください。

設定ファイルには、TypeScriptのコードをテストできるようにするための設定が、含まれています。

テストの作成と実行

テストコードを書く前に、Jestが正しく動作するかを確認するため、簡単なテストファイル「check.test.ts」を作成します。

ファイルには、次の内容を記述してください。

テストファイルを保存した後、yarn jestコマンドを実行したのちテストを行います。

テストが「PASS」と表示されれば、Jestが正しく動作していることが確認できるはずです。

次に、実際のテスト対象の関数を作成します。

たとえば、「isZero.ts」というファイルに次の関数を記述します。

上記の関数をテストするために、「isZero.test.ts」というテストファイルを作成し、次のようなテストケースを記述します。

テストケースを追加したら、再度yarn jestを実行してテストを実行します。

テストが成功すれば、関数が正しく動作していることが確認できるはずです。

Jestを使ってテストを行い品質を高めよう

本記事では、JavaScriptのテストフレームワーク「Jest」の基本的な使い方から応用までをご紹介しました。

Jestは初心者にも扱いやすく、品質保証、バグの事前防止、仕様通りの動作確認など、開発プロセスの様々な段階で役立ちます。

また、Udemyでは講座を通じて、Jestを含む複数のテストツールの実践的な使用方法を学ぶことができます。

Udemyおすすめ講座

TypeScriptではじめるWebアプリケーションテスト入門

TypeScriptではじめるWebアプリケーションテスト入門

4.7(53 件の評価)

789 人の受験生

作成者: Yu Shinozaki(Webエンジニア)

Jest, React Testing Library, Storybook, Playwrightを使用してフルスタックにWebアプリケーションのテストを学習します

\無料でプレビューをチェック!/

講座を見てみる

Jestの学習は、あなたのプロジェクトの品質向上に大きく貢献するでしょう。