1. トップ
  2. 学びをみつける
  3. 【職種別】データ活用で周りに差をつける術を大公開!

【職種別】データ活用で周りに差をつける術を大公開!

IoTやビッグデータなどの技術の進歩により、データ活用を積極的に行う企業が増えてきています。データ活用は一部の専門職だけでなく、一般的なビジネスパーソンにとっても重要です。データ活用によって、日々の業務の効率化はもちろんのこと、目的の達成に必要な分析ができるでしょう。

この記事では、ビジネスシーンにおけるデータ活用が重要な理由から解説し、職種ごとに、データ活用によってどのようなメリットを得られるか紹介します。

ビジネスシーンにおけるデータ活用が重要なワケ

近年、ビジネスシーンにおけるデータ活用の重要性は、日に日に増しています。インターネットが発達したことで、私達は膨大な情報にさらされており、情報の取捨選択を日常的に行っています。データ活用は、その膨大な情報の中から必要な情報を選択し、あらゆる事柄に応用できる手段です。

例えば、特定の消費者に向けて最適なプロモーションを実施したい場合には、対象となる消費者の傾向や趣味嗜好などを的確に捉えるために利用できます。そのほかにも、日常業務の効率化や新たなビジネスモデルの創出、顧客価値向上などのあらゆる場面でデータ活用を生かせます。

データ活用は現状を把握し、新たな気づきを得て戦略を実施するために必要不可欠です。経験や勘に頼らないデータをもとにした戦略は効果を得られやすく、これからのビジネスパーソンにとってなくてはならない要素の一つとなっています。

職種によらず、データ活用が武器になる!

データ活用と聞くと、「一部の専門職だけが取り扱うもの」と考える方も多いかもしれません。しかし、データ活用はどのような職種でも武器になり得るものです。例えば、マーケティング職、営業職、企画職なら、それぞれ以下のような活用ができます。

  • マーケティング職:広告の効果分析
  • 営業職:顧客管理などの業務効率化
  • 企画職:顧客体験を向上させる企画の作成

など

データ活用で取り扱うデータは、それ単体では単なる数字の集まりかもしれません。しかし、データをグラフなどに可視化し、分析する力を身につければ、より強力な武器として活用できるでしょう。データ活用を専門的に取り扱うスペシャリストも存在しており、さまざまな職種でデータが活用されています。

ここからは、以下の職種別にデータ活用の具体例をもう少し深く解説し、それぞれにおすすめの学習法を紹介します 。

▼10月29日までUdemy「学びの秋キャンペーン」開催中!多彩な講座が1000円台から購入可能!

 

マーケティング職におすすめのデータ活用術

マーケティングは市場のニーズを調査して、ニーズに合わせて商品やサービスが売れるように仕組みを作る仕事です。マーケティングにおいて、市場の調査・分析は最も重要な項目であり、データ活用が大きく役立ちます。

近年では、デジタル環境で利用できるあらゆるマーケティング施策を指す、「デジタルマーケティング」が注目されています。デジタルマーケティングにおいても、データ活用は欠かせない要素です。マーケティング職にとって、データ活用術を身につけることは、時代のニーズにあった人材(マーケター)として活躍できることを意味します。

マーケターが今、学ぶべきデータ活用

そんなマーケター向けにおすすめの講座を2つ紹介します。

Excelで学ぶ数字思考力とマーケティング分析【入門編】
この講座では、分析のための考え方と手法を学び、実践的な分析ができるようになることを目的としています。マーケティング分析における重要な3つのスキルと、エクセルを使った8つの分析手法の解説から、総合練習問題を行った分析力のトレーニングまで行える講座です。

【はじめての統計学】エクセルで学ぶマーケティング統計分析&戦略
難しい統計学の用語を使わず、統計学の基本からマーケティング分析ができるまでのスキルをマスターできる講座です。エクセルを使って、データの読み取り方や関係性、テストを通した信頼性をチェックするテクニックが学べます。

 

営業職はデータ活用で業務効率化!

営業職は、人によって業務のムラが大きい職種といえるでしょう。営業職の業務効率を上げるためには、営業活動や事務作業の工数を削減したり、移動時間や待ち時間などの無駄を省いたりすることが重要です。そのためには、データ活用によって業務内容を「見える化」し、効率化できるポイントを導き出すことが必要不可欠です。

アナログ営業はもう卒業!

営業職の業務効率化に役立つ講座を2つ紹介します。

説得力を高め問題解決に導く!実務直結“データを活かした”戦略的ストーリーメイキング講座
データ活用を「提案」や「問題解決」に生かしたい方向けの講座です。データ分析結果を使ってストーリー性のある提案や問題解決をするためのプロセス、考え方が学べます。「効果的なプレゼンテーションが行いたい」「データ分析の結果を成果につなげる考え方が知りたい」といった方におすすめです。

「営業の一流、二流、三流」の著者がお届けする、「誰もがトップセールスになれる!営業スキル大全」
この講座では商談の流れから目標管理、オンライン&電話営業の基本が網羅されています。「デキる営業マン」の必須スキルが体系化された営業マニュアルともいえる講座です。営業マンとして身につけたい多くの技術が学べます。

▼10月29日までUdemy「学びの秋キャンペーン」開催中!多彩な講座が1000円台から購入可能!

 

企画職がデータ活用すれば、より深い提案が可能に

企画職は「多種多様なデータの収集と分析」が主業務といえ、マーケティング職と同様にデータ活用は大きな武器になり得ます。データ活用によって、新規事業や革新的なサービスの企画立案が行いやすくなり、顧客データなどを分析すればより的確な企画内容になるでしょう。

企画者が知っておくべきデータ活用

企画者(プランナー)におすすめのデータ活用に関する講座を2つ紹介します。

シンプルで本質的!顧客ニーズをつかむリサーチの超基本
3時間で「“超”基本だけど意外にできていないリサーチのコツ」が学べる講座です。マーケティングなどの基礎知識がなくとも理解できる作りで、「顧客ニーズがつかめない」「新しい事業やサービスのアイデアが浮かばない」という方におすすめの講座です。本講座のゴールは「基本的な調査企画書を作成できるようになる」ことです。

3時間でわかる!オープンデータを活用してビジネスチャンスを探索するための方法(情報収集、分析、考察~コンセプト立案)
収集したデータをどのようにビジネスに活かす方法がわかるようになる、たった3時間の講座です。インターネット上で集められるデータの収集方法や活かし方、ビジネスチャンスの見極め方などを、ケーススタディを通じて学べるため、新事業や新商品の企画・開発にも役立ちます。

 

データ活用のスペシャリストを目指すなら

データ活用はあらゆる職種で武器となるスキルですが、より専門性を高めることで、データ活用のスペシャリストである「データサイエンティスト」を目指せます。データサイエンティストは、データ活用に必要なデータの抽出や、分析を行うためのアルゴリズムを開発することが主な業務です。

データ活用の重要性は日に日に増しており、専門職であるデータサイエンティストのニーズも高まっています。データサイエンティストについて詳しく知りたい方は「データサイエンティストにおすすめの資格とは?将来、必要なスキルを知ろう」にて詳しく解説していますので、こちらもぜひご覧ください。

データサイエンス初心者におすすめの入門講座

データサイエンティストを目指す場合におすすめの入門講座を2つ紹介します。

【世界で37万人が受講】データサイエンティストを目指すあなたへ
データサイエンティストを目指す上で欠かせない機械学習・ディープラーニング・人工知能(AI)に関連するスキルが身につく講座(ブートキャンプ)です。講座の中では、プログラミング言語のPythonやPythonパッケージのjupyter/numpy/pandas/tensorflowなども併せて学べます。

【E資格の前に】PyTorchで学ぶディープラーニング実装
PythonのフレームワークであるPyTorchを利用し、ディープラーニングを実装するまでの流れを学べる実践講座です。ディープラーニングの基礎から、PyTorchの使い方、ディープラーニングモデルのチューニングまで学べます。

 

データ活用は職種を問わず、さまざまな場面で必要とされています。データ活用術を身につけることで、業務効率化や新たなビジネスモデル・サービスの創出、顧客価値向上などのメリットが得られるでしょう。

データ活用は、ビジネスパーソンにとって大きな武器となり得るものです。多くの企業でデータ活用が積極的に行われているため、データ活用のスキルや知識を持っていることで、あなたの人材価値は大きく向上するでしょう。

この記事で紹介したとおり、Udemyではデータ活用に関する多くの講座を公開しています。ぜひこの機会に、データ活用に関するさまざまなスキルや知識を身につけてみてはいかがでしょうか。