AIで文章作成する方法は?おすすめ生成ツールや利用方法を紹介

AIで文章作成する方法は?おすすめ生成ツールや利用方法を紹介

文章作成にAIを活用したいと考えているものの、

・どのようなツールを使うべきか分からない…。
・本当にAIで高品質な文章が書けるのか分からない…。

という方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、

・文章生成AIでできることやメリット、デメリット
・おすすめの文章作成AIや使いこなすポイント

についてご紹介します。

文章生成AIとは?

文章生成AIとは、Webサイトなどの膨大な文章を学習した人工知能によって、自動的に文章を作成できるAIツールのことです。AI文章作成ツールやAIライティングツールと呼ばれることもあります。ChatGPTに代表される文章生成AIを用いると、文章を効率的に作成することが可能です。

文章生成AIとは?

\文字より動画で学びたいあなたへ/

Udemyで講座を探す >

文章生成AIが今注目されている理由

文章生成AIは、広告文やWeb記事など様々な内容のテキストデータを作成できます。ChatGPTを始めとして、多くのAI文章作成ツールが登場しました。誰でも利用できるAIツールが増えたことが、AIライティングツールに注目が集まっている理由です。

文章生成AIを使うメリット

文章生成AIを使うと、次のようなメリットが得られます。

短時間で文章を作成することが出来る

文章生成AIは、大量の文章を高速で生成できます。Web記事などのコンテンツを短時間で数多く作成し、ビジネスを効率化できることが文章生成AIのメリットです。

人件費などのコストを抑えられる

文章生成AIを活用すると、コスト削減につながる可能性があります。人の手だけでコンテンツを作成するよりも迅速に文章を生成し、人件費などのコストを削減できることがメリットです。

同じような文章の作成ならクオリティも高い

記事の見出しやまとめなど、一定の型に沿った文章を簡単に作成できることも、文章生成AIのメリットとして挙げられます。同じような文章であれば、クオリティの高いコンテンツを自動的に作ることが可能です。

同じような文章の作成ならクオリティも高い

文章生成AIを使うデメリット

文章生成AIは便利なツールであるものの、次のようなデメリットもあります。

間違った情報や矛盾した情報が含まれている場合がある

文章生成AIが生成するコンテンツには、間違った情報や矛盾した内容が含まれるリスクがあります。AIツールの開発に用いられる学習元のデータ内の矛盾が、誤ったコンテンツが生成される主な原因です。

専門知識や重要な情報を含む文章の執筆にAIライティングツールを使用する場合は、慎重な検討が必要です。

作成に余計に時間がかかる場合がある

作成する文章の内容などによっては、人の手で執筆するよりも時間がかかるケースがあります。非常に複雑な文章や、大量の情報を含む文章を作る場合は、AIライティングツールであっても生成に時間がかかります。文章生成AIの学習モデルが機能しているサーバーへのアクセス集中や通信の遅延も、時間がかかる原因のひとつです。

体験談や専門的な内容は精度が低い

文章生成AIは大量の学習データをもとに、一般的な傾向などについての文章を生成することを得意としています。一方、個人の具体的な経験に基づく体験談や、深い専門知識が必要な文章の作成は苦手分野です。

文章作成におすすめのツールを紹介

文章作成AIには、機能や品質、無料で利用できる範囲などが異なる複数のツールがあります。AIライティングにおすすめのツールは次の通りです。

ChatGPT

ChatGPTは、OpenAI社が提供する文章生成AIツールです。文章生成だけでなく、文章の要約や外国語への翻訳、プログラムコードの作成など様々なタスクに対応しています。シンプルで使いやすいUIもChatGPTの特徴です。

ChatGPT

ChatGPTは、ユーザー登録により無料で利用できます。より高品質な文章を生成できるGPT-4の機能は有料版のみ利用可能です。

AIのべりすと

AIのべりすとは、小説の作成が主な機能のAIライティングツールです。指定した条件に沿って小説を生成する小説モードと、対話形式でやりとりができるチャットモードがあります。出力オプション、ストーリー設定、キャラクターブック、環境設定などのオプションで生成結果をコントロールすることが可能です。

AIのべりすと

無料版と有料版があり、扱える文字数や言語モデルなどの機能が異なります。

Claude2

Claude2は、アメリカのスタートアップ企業であるAnthropic(アンスロピック)が開発した文章生成AIです。

Claude2

Claude2では、アップロードしたPDFファイルの要約などを自動生成できます。同様の機能をChatGPTで行う場合は、有料のプラグインが必要です。一方、Claude2は無料で利用できます。

Google Bard

Google Bardは、Googleが無料で提供している文章生成AIです。生成する文章の長さやトーン、スタイル、扱うトピックやキーワードなどを指定し、思い通りの文章を作成できます。Gmailやドキュメントなど、Googleが提供するほかのサービスへの実装が試されています。

Google Bard

Notion AI

Notion AIは、Notion Labs Inc.によって開発・提供される文章生成AIです。プロジェクト管理やスケジュール管理など、様々な機能を持つNotion上で利用できます。文章生成に利用している言語モデルはOpenAI社GPT-3です。利用回数が限られている無料トライアル版と、無制限で利用できる有料版があります。

Notion AI

Magic Write(Canva)

Magic Writeは、無料のデザインツールで有名なCanvaが提供するAIライティングツールです。画像やグラフなどの視覚要素を重視したドキュメント作成ツールであるCanva Docsの機能ひとつとして利用できます。Magic Writeを利用するためには、有料プランであるCanva Proの契約が必要です。

Magic Write(Canva)

Jasper

Jasperは、JasperAI, INC.が提供するAI文章生成ツールです。言語モデルにはGPT-3を利用し、様々な文章の作成に対応した50種類以上のテンプレートが備わっています。また、APIが用意されているためCMSなどに組み込むなどのカスタマイズも可能です。

Jasper

Jasperは有料のツールではあるものの、期間限定で機能を試せる無料トライアルが用意されています。

ELYZA Pencil

ELYZA Pencilは、東京大学の開発チームが作成した文章生成AIツールです。2個~8個のキーワードを登録することで、ニュース記事やメール文、職務経歴書などの文章を自動生成できます。

ELYZA Pencil

ELYZA Pencilの機能は無料で利用でき、アカウント登録などは不要です。

PlayAI

PlayAI(ぷれあい)は、冒頭部分を120文字以上入力することで、続きの文章を作成できる無料AIライティングツールです。文章が生成されるまでのスピードは環境によって異なり、サービスサイトの文章生成画面上の注意書きではおよそ5分以内で作成できると表示されています。

PlayAI

生成された文章の精度が低ければ、同じ冒頭部分で生成を繰り返すことでクオリティが高まる場合があります。

文章作成でAIを思い通りに使いこなすポイントを紹介

文章作成AIで文章を作成するための指示は「プロンプト」と呼ばれます。AIの機能を使いこなすためには、適切なプロンプトを入力することが大切です。ここでは、思い通りの文章を作るためのポイントを解説します。

指示は可能な限り明確にする

プロンプトの内容は、できる限り具体的にすることが重要です。例えば、単に「商品を紹介する記事を作ってください」と指示するよりも、商品の強みや価格などの特徴、販売するターゲット像などを含めたほうが精度は高まります。

特に、複雑なタスクや専門的な要件の場合、曖昧な指示では期待通りの結果が得られません。ユーザーの意図がAIモデルに対して正確に伝わるように、明確な指示を出しましょう。

難しい単語は置き換えて使う

情報提供や教育などの目的で、一般ユーザー向けテキストを生成したければ、分かりやすい表現が好まれます。AIによって生成されたコンテンツに難しい単語が含まれていた場合は、平易な言葉に置き換えましょう。

テンプレートや例を与える

テンプレートや例をプロンプトに含めると、一貫性のある文書を生成することが可能です。ユーザーが期待している文章がどのようなものかを、具体的な例を用いてAIに伝えましょう。

フィードバックを繰り返し、より良い文章を作る

AIツールによっては、「もう少し具体的な内容を含めてください」といった対話形式のフィードバックをすることで品質を高められます。また、「専門家として文章を作成してください」や「初心者の読み手を想定しています」など、文脈を伝えることも有効です。

最後は人の手で手直しする

AIで生成された文章は必ずしも高品質とは限らず、意味が分かりにくかったり、ニュアンスが意図していたものと違ったりする可能性があります。また、内容によってはすでに存在するコンテンツ(著作物)に酷似している場合があり、そのまま使うと著作権侵害になる可能性もあるので、最終的に人の手で修正・確認をすることが、より良い文章に仕上げるためのポイントです。

最後は人の手で手直しする

文章作成AIを活用できる事例を紹介

文章作成AIは、ビジネス文書の作成やアイデア出し、調べもののための参考情報など様々な回答を生成できます。主な活用事例は次の通りです。

アイデア出し

AIに特定のキーワードを提示することで、関連するアイデアが得られます。記事コンテンツのタイトルや見出し、小説のストーリーなどの案を生成し、ヒントとすることが可能です。自分では思いつかなかったコンセプトやプロットなど、新たな気付きを得られる可能性があります。

メールの作成

メールの目的や送信する相手に関する情報、要件などを指定すると、文章を迅速に生成できます。メール文の初稿を簡単に作成できるため、手間を省いて短時間でメールを送ることが可能です。

簡単な情報を聞く

検索エンジンの代わりに、AIのプロンプトで簡単な情報を質問し、回答を得ることもできます。一般的な質問であれば、ある程度正確な回答が得られます。今後AIの精度が高まれば、質問できる内容の幅はさらに広がると予想されます。

文章の翻訳

OpenAIのGPTなどの言語モデルは、多言語での翻訳が得意分野です。そのため、元となる文章を入力し、希望の言語へ翻訳するために文章作成AIを活用できます。ただし、専門的な文章や、文脈をふまえた性格な翻訳が必要な場合は、翻訳家などのプロによる翻訳サービスを利用することがおすすめです。

文章の添削

文章生成AIの機能を用いると、文法の誤りや表現の不自然さなどを自動的にチェックし、修正することもできます。ただし、必ずしも完璧な添削ができるわけではないため、最終的な判断は人の目で行ったほうが無難です。添削の対象となる文章が多い場合などに、文章生成AIを活用するとチェックを効率化できます。

まとめ

文章生成AIは、大量のテキストデータを学習した人工知能により、自動的に文章を作成できるツールです。ChatGPTやGoogle Bardなど様々な種類があり、生成できる文章の種類や精度はツールによって異なります。

ChatGPTの文章作成などの活用方法について詳しく学びたい人には、下記の講座がおすすめです。

Udemyおすすめ講座

【ChatGPTビジネス活用講座】【DX・AIデータ活用】文章作成・リサーチなどの業務時間を短縮【全資料ダウンロード可】

【ChatGPTビジネス活用講座】【DX・AIデータ活用】文章作成・リサーチなどの業務時間を短縮【全資料ダウンロード可】

3.6(58 件の評価)

508 人の受験生

作成者: トビラマーケティング代表 リュウジ(SEO対策・ChatGPT活用・Webマーケティング・SEOライティング・Webライター営業戦略・ランサーズ攻略)

【全資料ダウンロード可能】ChatGPTを文章作成・タスク効率化・プレゼン・営業・マーケティングの各場面で具体的にどのように活用できるか解説しています。DXデジタルスキル標準のデータ・AI活用戦略の学習項目でもあるAI活用を学びましょう!

\無料でプレビューをチェック!/

講座を見てみる

レビューの一部をご紹介

評価:★★★★★
Webマーケター、ライターとして活躍されている講師の実践経験に基づいた内容で様々な場面を想定されている点にとても好感を持ちました。

評価:★★★★★
仕事の効率化のためにChatGPTを導入するにあたって必要なことを、実際にありそうな例を示しながら解説してくれています。また、いいところだけでなく悪いところも伝えてくれるおかげで、無駄な作業やミスをせずに済みそうです。

用途に合った文章生成AIを活用して、Webサイトなどの文章を効率的に作成しましょう!