ChatGPTのプロンプトとは?効果的なプロンプトの作り方や例を紹介

ChatGPTのプロンプトとは?効果的なプロンプトの作り方や例を紹介

ChatGPTを使って仕事を効率化したいものの、

思うような回答が得られなくて困る…

と困っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方に向けて、この記事では

・プロンプト作成のコツ
・ChatGPTの活用例

を紹介します。

ChatGPTプロンプトのコツを押さえて業務効率化を図りましょう。

photo
photo

ChatGPTの「プロンプト」とは?

プロンプトとは、コンピューターやAIを操作する際に、ユーザーが入力する命令や指令です。日本語では、「呪文」と呼ばれることもあります。ChatGPTにおけるプロンプトとは、ユーザーがチャットで送信する指示や質問を指します。

\21万以上のオンラインコースから選べる!/

Udemyで講座を探す

ChatGPTのプロンプト作成のコツ

一般的に、ChatGPTは質問に対して無難な回答をする傾向があります。自分が得たい回答をChatGPTに出力させるには、入力するプロンプトに工夫が必要です。ここでは、ChatGPTのプロンプトを作成する際のコツを紹介します。

具体的な指示を与える

ChatGPTのプロンプトで具体的な指令を与えると、必要な情報を含む回答が得られます。

例えば、カレーを作る上で必要な具材を知りたい場合、「カレーのレシピを教えてください。」という指示では不十分です。「カレー作りに必要な具材を教えてください。隠し味も入れます。」などのプロンプトを入力すると、的確な回答が出力されます。

条件をしぼる

ChatGPTに質問をする際に、数値などを含むプロンプトで条件をしぼると、思い通りの回答を得ることが可能です。

例えば「次の文章を要約してください」というChatGPTへの指令に「250字以内」という条件をつける方法が挙げられます。また、要約する対象範囲や、想定される読者層などの背景となる情報を命令に含めることも効果的です。

表現方法を指定する

ChatGPTが生成する回答の表現方法も、プロンプトで指定できます。より詳しい回答を得たい場合や、平易な言葉を使った回答を得たい場合に表現方法の指定が有効です。

例えば、知識が少ない分野の質問では「小学生にも分かるように説明してください」と指定すると簡単な回答が得られます。

追加で質問や命令をする

ChatGPTの回答が不十分だと感じた場合、追加で質問や命令をすると詳しい情報を得ることが可能です。

追加のプロンプトの例として「理由を含めてさらに詳しく教えてください」や「具体例を挙げてください」などが挙げられます。

専門家になりきってもらう

ChatGPTは、職業やスキルなどを指定することで、何かになりきった回答を生成できます。知りたい分野の専門家になりきる指示をプロンプトに含めると、詳しい回答を得ることが可能です。

例えば、「あなたは経験豊富な人事部門の責任者です。採用面接で注意すべき点について教えてください」などの指定ができます。

ChatGPTの活用例とプロンプト

ChatGPTは文章の要約や構成、プログラム作成、英会話の練習など様々な用途で使えます。ここでは、ChatGPTの主な活用方法とプロンプトの具体例を紹介します。 (※以下で紹介する各プロンプトに対する回答は、ChatGPT3.5で生成したものです。)

文章の要約

ChatGPTにもととなる文章と、文字数制限などの指示を入力すると、文章を自動で要約できます。Webページのディスクリプション作成などを効率化することが可能です。

プロンプトの例

Webページのテキストを要約したいです。次の文章を2~3文程度のですます調の文章として要約してください。

「ビジネスパーソンが仕事を効率的に進めるためのポイントは次の通りです。

・優先順位の明確化
まず、優先順位を明確にすることが重要です。タスクやプロジェクトを適切に優先順位付けし、重要なタスクに集中することで生産性を高めることができます。

・時間管理の徹底
次に、時間管理を徹底することが重要です。日々のスケジュールを作成し、時間を効果的に使う必要があります。時間管理のためには、デッドラインや目標の明確化が必須です。また、時間の浪費を防ぐために、不要なミーティングや雑談を減らし、集中できる環境を整えることも効果的です。

・効率的なコミュニケーション
要件を端的なメッセージで伝えることや、会議や打ち合わせの効率化も欠かせません。メールやチャットでは、件名や本文を明確にし、相手がすぐに理解できるように心掛けましょう。また、ミーティングの議題や目的を明確にし、時間を守ることで生産性を高められます。」

回答

ビジネスパーソンの効率的な仕事術は、優先順位の明確化、時間管理の徹底、効率的なコミュニケーションの3つです。これらを実践することで、生産性を向上させることができます。優先順位を付け、時間を有効に使い、明確なコミュニケーションを心掛けましょう。

要約プロンプト

文章の校正

ChatGPTでは、誤字脱字のチェックや表記ゆれなど、文章の校正作業もできます。また、よりよい文章に直すために添削してもらうことも可能です。

プロンプトの例

次の文章の誤字脱字や表記ゆれなどをチェックし、よりよい文章になるように添削してください。添削した箇所もあわせて教えてください。
「家庭菜園でピーマンをそだてる際は日当りに注意が必です。」

回答

「家庭菜園でピーマンを育てる際は、日当たりに注意が必要です。」

添削した箇所:
・「そだてる」を「育てる」に修正しました。一般的な表現です。
・「必です」を「必要です」に修正しました。誤字があったため正しい表現に修正しました。

以上が文章の添削です。表記ゆれや他の誤字脱字は見当たりませんでした。

添削

プログラムの作成

ChatGPTは一般的な文章だけでなく、プログラムのコードを生成することも可能です。使用するプログラム言語を指定すると、目的に応じたコードを出力できます。ただし、回答されたコードが問題なく動作するかは、人間が実行して確認する必要があります。

プロンプトの例

プログラムコードを作成したいです。HTMLとCSSを利用して、画面に直径100ピクセルの青色の円を表示するコードを生成してください。

回答

以下は、HTMLとCSSを使用して画面に直径100ピクセルの青色の円を表示するコードの例です。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
  <style>
    .circle {
      width: 100px;
      height: 100px;
      border-radius: 50%;
      background-color: blue;
    }
  </style>
</head>
<body>
  <div class=”circle”></div>
</body>
</html>

このコードでは、要素を使用して円を表示しています。CSSのスタイル指定を使用して、円のスタイル(幅、高さ、ボーダー半径、背景色)を指定しています。

上記のコードをHTMLファイルに保存し、ブラウザで開くと、画面上に直径100ピクセルの青色の円が表示されます。

codeプロンプト

出力されたコードを「test.html」というファイルとして保存しブラウザで開くと、青色の円が正しく表示されました。

 

表の作成

ChatGPTの回答はテキスト形式のため、表を直接出力することはできません。しかし、エクセルで表示できるCSVや、Webブラウザで表示できるHTMLなどの形式を指定すると表を作成できます。表の作成時は、行や列などのテンプレートを詳しく指定することがポイントです。

プロンプトの例

関東地方にある都道府県の面積を表にまとめたいです。表は2列、左の列に都道府県の名前、右の列にその都道府県の面積を記載してください。表はエクセルで表示できる形式で出力してください。

回答

以下は、関東地方の都道府県の面積を表にまとめたCSV形式のデータです。このデータをエクセルなどのスプレッドシートソフトウェアにコピー&ペーストして利用することができます。

都道府県,面積(km²
東京都,2,187.66
神奈川県,2,415.83
埼玉県,3,797.75
千葉県,5,157.61
茨城県,6,097.19
栃木県,6,408.28
群馬県,6,362.28

上記のデータをテキストエディタなどにコピーし、新しいエクセルファイルを作成し、セルA1に貼り付けると、都道府県の名前がA列、面積がB列に表示された表を作成することができます。

表プロンプト

出力されたデータをExcelに張り付けてみると、指定した通りの表が正しく作成できました。

 

文章の翻訳

ChatGPTは文章の翻訳にも使用できます。翻訳のためのプロンプトでは、使用したい言語や、どの部分を翻訳の対象とするかを明示することが重要です。

プロンプトの例

次の「」内に書かれた文章を英語に翻訳してください。「ChatGPTで日本語を英語に翻訳すると、辞書などを使う手間を省いてより自然な文章を作成できるため便利です。」

回答

“Translating Japanese to English with ChatGPT eliminates the need for using dictionaries and allows for creating more natural-sounding sentences, making it convenient.”

翻訳プロンプト

メール・メルマガの作成

ビジネスで使用するメールなどの文章もChatGPTで生成できます。メールを送信する目的や、メルマガのターゲット読者など、具体的な情報を含めることがプロンプトを作るコツです。生成された文章に誤りや不自然な表現がないか、念のため人の目でチェックした上で使用しましょう。

プロンプトの例

自社が販売するキャットフードを購入した顧客向けに、新発売の商品「AI猫じゃらし」を紹介するメルマガを送付したいです。メールの件名と本文の例を考えてください。本文は200文字程度でまとめてください。

回答

件名: 【重要】新商品「AI猫じゃらし」発売のお知らせ!愛猫の遊びが進化しました。

本文:
いつも当社のキャットフードをご愛顧いただき、誠にありがとうございます。新商品「AI猫じゃらし」がついに登場しました!

AI技術を搭載した「AI猫じゃらし」は、愛猫の遊びを新たなレベルへと引き上げます。猫の動きを読み取り、自動的に最適な遊び方を提案。刺激的で楽しい時間を提供します。

特長:

AI自動モードで猫の動きを分析し、最適な遊び方を提案します。
インタラクティブモードでは、愛猫と一緒に楽しい時間を過ごせます。
安全設計で愛猫の健康と安全を考慮しました。
愛猫との絆を深め、新たな遊びの世界を体験しませんか?当社の公式ウェブサイトで詳細をご確認いただけます。

また、ご購入いただいたお客様には特別なキャンペーンをご用意しております。是非、お近くの取扱店舗やウェブサイトでご確認ください。

今後もお客様と愛猫の幸せを第一に考え、最高の製品とサービスを提供してまいります。ご不明な点やご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

引き続き、当社の商品をご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

心より感謝を込めて、

[会社名]
[連絡先情報]

メルマガプロンプト

議事録作成

ChatGPTとWhisperを用いると、議事録の作成を自動化できます。Whisperとは、ChatGPTの開発元であるOpenAI社が提供する汎用的な音声認識モデルです。

Whisperに音声データを入力すると、高い精度で文字データに変換できます。文字起こしされた文章と、要約するためのプロンプトをChatGPTに送信すると、議事録を簡単に作成することが可能です。

WhisperはAPIを用いてサーバー上に実装するほか、議事録作成用として提供されている既製のシステムでも利用できます。

英会話の練習

Google Chromeの拡張機能である「Voice Control for ChatGPT」を用いると、ChatGPTと音声によるやり取りが可能です。プロンプトの音声入力だけでなく、回答の読み上げにも対応しています。

voicecontrol

回答に使用する文の長さなどをプロンプトで指定すると、自分の英語学習のレベルに合わせて英会話を練習できます。

プロンプトの例

日常英会話の練習をしたいです。初心者なので、会話は1文で、20単語以内のフレーズでやり取りしてください。まずは私が英語で話しかけますので、あなたは英会話の講師になりきって、英語で一言だけ返答してください。最初のフレーズは次の通りです。「”Hello! Nice to meet you.”」

回答

ChatGPT “Hello! Nice to meet you.”
ユーザー “What’s your name? ”
ChatGPT “My name is Assistant. ”
ユーザー “Hi, Assistant. What are you talking about today?”
ChatGPT “Hello! Today we can talk about different types of hobbies. What hobbies are you interested in?”

英会話プロンプト

プロンプトエンジニアリングとは?

プロンプトエンジニアリングとは、ChatGPTなどのAIに入力するプロンプトを作成する技術です。ユーザーが求めている情報を得るために、適切な質問や指示を作成する技術がプロンプトエンジニアリングと呼ばれます。

プロンプトエンジニアリングにより、AIによって生成されるコンテンツの質を高めることが可能です。

プロンプトインジェクションとは?

プロンプトインジェクションとは、ChatGPTなどのAIチャットボットを狙ったサイバー攻撃の一種です。悪意のある指示や指令を用いて、AIチャットボットを不正利用する行為がプロンプトインジェクションと呼ばれます。

プロンプトインジェクションの目的は、機密情報への不正アクセスや、システム設定の変更などです。AI開発に携わる際は、プロンプトインジェクションを防ぐための強固な対策が求められます。

ChatGPTで思い通りの回答を得るには、適切なプロンプトを入力する必要があります。具体的な条件を指定したり、追加の質問をしたりすると、より詳しい回答を得ることが可能です。ChatGPTのプロンプト作成のコツを押さえて、文章の校正やプログラム作成、文章の翻訳などを効率化しましょう。