Pythonのインストール方法は?Windows・Macをそれぞれ解説

Pythonのインストール方法は?Windows・Macをそれぞれ解説

プログラミングの世界に足を踏み入れたばかりで、

・ Pythonをどうやってインストールするのか分からない
・ WindowsとMacでのインストール方法の違いが気になる

というPython初心者の方々も多いのではないでしょうか?

この記事では、

・ WindowsとMacそれぞれにおけるPythonの簡単なインストール方法
・ 機械学習やデータ分析に適したAnacondaの使用方法

について詳しく解説します。

この記事では、初心者でも安心してPythonの学習を進められるよう、インストール方法をわかりやすく説明していきます。

【Windows】Pythonのインストール方法

Pythonの開発環境をWindowsで構築するためには、まずPythonをインストールする必要があります。

Pythonの公式サイトからインストーラーをダウンロードし、指示に従って進めることで簡単に環境構築を行うことが可能です。

Pythonの開発構築に関する詳細な手順については、「Pythonの開発環境の構築方法!最適な統合開発環境(IDE)を解説」でわかりやすく解説しています。

ここでは、PythonをWindowsにインストールする手順をご紹介します。

Pythonを公式サイトからダウンロード

まず、Pythonの公式サイトを開いてください。

Python操作1

公式サイトを開いたら「Downloads」から、Windows用の最新版を選択してダウンロードします。

ファイルを開いてインストール

ダウンロードしたインストーラーファイルを開き、インストールを開始します。

Python操作2

インストール画面が開いたら、画面下にある「add python 〇〇 to path」にチェックを入れてください。

項目にチェックを入れることでPythonがシステムのパスに追加され、コマンドラインから直接Pythonを実行できるようになります。

その後、「install now」をクリックしてインストールを進めましょう。

インストールが完了すると、PythonがWindowsシステムに正しくセットアップされたことを確認できます。

\文字より動画で学びたいあなたへ/

Udemyで講座を探す >

【Mac】Pythonのインストール方法

Macには標準でPythonがインストールされていることが多いですが、バージョンが古い場合があります。

最新バージョンのPythonをインストールするためには、主に2つの方法が挙げられます。

ここでは、それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

Pythonを公式サイトからダウンロード

Python操作3

Pythonの公式サイトにアクセスしたら、「Downloads」セクションから「Download for macOS」を選択し、表示される最新版のPythonをダウンロードします。

この方法は直感的で、サイトの指示に従うだけで簡単にダウンロードできます。

ファイルを開いてインストール

ダウンロードしたインストーラーを実行することで、MacにPythonをインストールできます。

Python操作4

インストーラーを開き、画面の指示に従って進めてください。

Python操作5

実際にインストールする際には、ストレージに176.4MBの空き容量が必要です。

空き容量が確保できていない状態だと、Pythonのインストールを実行できません。

問題ない人は、「インストール」を選択してください。

Python操作6

MacにPythonのインストールが完了すると、上のような画面が表示されます。

HomeBrewを用いたインストールも可能

MacでPythonをインストールするもう一つの方法は、Homebrewを使用するやり方です。

Python HomeBrew1

Homebrewは、Macのためのパッケージ管理システムで、ターミナルから簡単に様々なソフトウェアをインストールできます。

Homebrewを使用してPythonをインストールするには、ターミナルを開き、

というコマンドを入力して実行します。

Python HomeBrew2

Python HomeBrew3

最後に、ご自身のパソコン名が表示されたら、Pythonのインストールは完了です。

Pythonをインストールできているかの確認方法

Pythonをインストールした後、実際にインストールが正しく完了しているかを確認するようにしましょう。

WindowsとMacでは、確認方法が少し異なりますが、基本的にはコマンドラインを使用してバージョン情報を確認することで、インストール完了を確認できます。

ここでは、WindowsとMacそれぞれの確認方法に関して、わかりやすく解説します。

Windowsでの確認方法

最初に、「コマンドプロンプト」を開きます。スタートメニューから「cmd」と検索して開くか、「Windowsキー + R」を押して「cmd」と入力して実行することで開けます。

次に、コマンドプロンプトに

と入力し、Enterキーを押します。

上記のように、インストールされているPythonのバージョンが表示されるはずです。

表示されるPythonのバージョンが、インストールしたPythonのバージョンと一致していれば、インストールは成功しています。

Macでの確認方法

最初に、「ターミナル」を開きます。

ターミナルは、「Launchpad」や「Spotlight検索」を使用して開くことが可能です。

次に、ターミナルに

と入力し、Enterキーを押します。

上記のように、インストールされているPythonのバージョンが表示されます。

Windowsと同様に、Pythonのバージョン情報がインストールしたPythonのバージョンと一致していれば、インストールは正しく完了しています。

インストールがうまくできない時の対処法

Pythonはインストールしやすいものですが、エラーが発生するケースも珍しくありません。万が一、インストール中にエラーメッセージが表示される場合は、一度アンインストールしてやり直すことで解決することがあります。

また、Pythonのバージョンを確認するため、コマンドを使いますが、コマンドが正しくないことでインストールできているかどうか確認できないというケースも多いです。コマンドでバージョンを確認するときは、正しいかどうかしっかりとチェックし、インストール手順を再度見直すようにしましょう。

機械学習やデータ分析を行いたい人はAnacondaの使用がおすすめ

Anaconda(アナコンダ)は、Pythonのライブラリが詰め込まれたパッケージで、機械学習やデータ分析に適しています。

Anaconda1

Anacondaを使用すると、Pythonでよく利用されるライブラリをまとめて入手でき、完成された環境でPythonを利用することが可能です。

Anacondaのプロンプトを用いて、

と入力することで、Pythonファイルを実行可能です(ここでの「sample.py」はファイル名の例です)。

Anacondaには、

  • NumPy
  • SciPy
  • Matplotlib
  • Pandas
  • Scikit-Learn
  • Jupyter

など、機械学習に有効活用できるライブラリが含まれています。

Anacondaのインストール方法については、「AnacondaでPythonの環境構築!概要~インストール方法まで解説」を参考にしてください。

Anacondaは、データ解析に特化したプラットフォームとして制作されており、Pythonを使ったデータ解析を想定している方にとっては非常に役立つツールです。

Pythonを実際にインストールしてみよう!

この記事では、WindowsとMacでのPythonのインストール方法を、わかりやすく説明しました。

万が一、Pythonの環境構築が上手くいかなかった方は、今一度この記事を読み返してみてください。

Pythonを基礎から学びたい方には、以下の講座がおすすめです。

Udemyおすすめ講座

はじめてのPythonプログラミング入門

はじめてのPythonプログラミング入門

4.2(1,388 件の評価)

7,326 人の受験生

作成者: 中村 祐太 Yuta Nakamura(ウェブ開発, 生成AI, ChatGPT, AWS)
Proglus (プログラス)(プログラミング入門)

機械学習、データサイエンス、ウェブ制作で役立つプログラミングの基礎知識を習得しよう

\無料でプレビューをチェック!/

講座を見てみる

評価:★★★★★
コメント: これを受講すれば自分でPythonでアプリが作れる とまでは言えないですが、Pythonの言語としての基本ルールを1つずつ実践してやってみる講座 という趣旨ではとてもわかりやすいですし都度演習もあり勉強になります。応用版があれば受けてみたいと思います。

評価:★★★★★
コメント: プログラム初心者に最適だと思います。また、画面下部に表示される字幕が正しく、動画速度を早めても安心して講師の声を追いかけられます。

Pythonは、機械学習を学ぶ上ではとても重要なプログラミング言語ですので、是非ともこの機会に正しくインストールして学んでいきましょう。