photo
photo
  1. トップ
  2. システム開発
  3. フロントエンドとバックエンドの違いとは?Webエンジニアの将来性や年収についてご紹介!

フロントエンドとバックエンドの違いとは?Webエンジニアの将来性や年収についてご紹介!

WebサイトやWebアプリケーションの開発は、仕事の内容によって「フロントエンド」と「バックエンド」に分類されます。

フロントエンドはユーザーの目に触れる部分、バックエンドはサーバ側の開発や運用を担当し、両者ともに今後の需要が増すと考えられます。

この記事では、フロントエンド・バックエンドとは何か、両者の違い、年収、必要なスキルなどについてまとめます。

フロントエンドとバックエンドの違いとは?

世の中で運用されているほとんどのシステムでは、複数人によって、開発および保守・運用が行われています。

特にWebサイトやアプリの開発作業は、画面に映る外観などユーザーの目に触れる部分の開発を行う「フロントエンド」と、サーバの処理や保守・運用を行う「バックエンド」に大きく分けられます。

ここでは、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアについて、それぞれ解説します。

フロントエンドエンジニアとは?

フロントエンドエンジニアとは、WebサイトやWebアプリケーション開発において、ユーザーの目に触れる部分の開発を担当するエンジニアのことです。

例えば、アプリケーションの外観や、ユーザーが入力した情報をサーバに送信するなどの機能を実装するのは、フロントエンドエンジニアの仕事です。

フロントエンドでは、HTML、CSS、JavaScriptなどのプログラミング言語が使用されます。

また、JavaScriptのライブラリであるjQueryを使用して仕事をしているフロントエンドエンジニアも多いでしょう。

近年では、BFF(Backend For Frontends)と呼ばれる、フロントエンドが開発をしやすいようにAPIのコールやHTMLの生成をするバックエンドサーバも登場しており、より開発がスムーズになっています。

ユーザーにとって使い勝手がよく理解しやすいUI(ユーザーインターフェース)の画面設計などを通じて、システム上でユーザーが体験するUX(ユーザーエクスペリエンス)を向上させることが求められます。また、ユーザーの使用する端末がPCか、スマートフォンなどのモバイル端末かなど、徹底してユーザーの視点で使いやすさを追求するスキルが必要です。

バックエンドエンジニアとは?

バックエンドエンジニアとは、WebサイトやWebアプリケーション開発において、ユーザーの操作によって異なるアプリケーションの動的処理やデータベースの要件定義、設計・開発、保守運用など、ユーザーの目に触れない裏側の部分を担当するエンジニアです。

サーバサイドエンジニアとも呼ばれ、アプリケーションがリリースされた後も、サーバの管理や仕様変更に対応する必要があります。

携わる作業によってさまざまな技能が求められ、PHPやPython、Ruby、SQLなどのプログラミング言語を使用するのが一般的ですが、関わる仕事により、セキュリティやOSなどの知識があると、よりステップアップできます。

近年では、サーバ側でレンダリングするSSR(Server Side Rendering)が使われるユースケースもあるため、SSRの知識も得られるといいかもしれません。

 

【フロントエンドとバックエンド】仕事の将来性や年収はどれくらい?

ITやICTを利用したサービス開発や業務効率化の流れ、また、今後はスマートフォンなどの情報端末が発展途上国にもより普及していくと予想されることなどを考えると、フロントエンドおよびバックエンドエンジニアの需要は、両者ともに高くなっていくでしょう。

フロントエンドはバックエンドに比べて視覚的に理解しやすいため、初学者にも学習しやすいという特徴があります。

また、未経験から働き始めた場合の年収は、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニアともに300万円前後です。このため、技術的な参入のしやすさから、フロントエンドを目指す方が多いといえます。

逆に言えば、フロントエンドエンジニアを目指す人が多いため、バックエンドエンジニアの働き手は少なく需要が高いといえます。それに伴って技術力の必要な案件の単価が高くなりやすいことから、高い技術を獲得できれば、バックエンドエンジニアの方が高収入を得やすいでしょう。

もちろん、技術力が高くなれば高収入も見込めます。フロントエンドエンジニアであっても、1000万円前後の年収を得ることは夢ではありません。

情報分野は最新技術の入れ替わりが早いため、どちらのエンジニアでも勉強し続ける姿勢が大切です。

また、可能ならフロントエンド、バックエンドの両方の知識を身に付けておくことで、スキルの幅も広がり、将来の選択肢が多くなります。

エンジニアの将来性

 

フロントエンドエンジニアに必要なスキルと適正

フロントエンドエンジニアはユーザーの目に触れる部分を担当するため、ユーザーの目に留まるためのSEOに関する知識や、使いやすさである「ユーザビリティ」を意識した開発をするためのスキルが必要です。

フロントエンドエンジニアに必要なスキル
コーディング Web開発のためのHTML / CSS
動的処理のためのJavaScript等
UI / UX設計 使いやすく快適なサービスための考え方や、それに沿った開発技術
SEO 検索エンジン最適化
ユーザーの目に留まりやすくする
CMS構築 コンテンツ管理システム
開発後のWebサイト等の運用を可能にする
API等 Webアプリ開発そのものだけでなく、開発したアプリケーションと外部アプリケーションを連携させる
Webデザインのフレームワーク知識 Webサイトを制作する際の型素材
他の人が発表したものを使うこともできる
サーバサイドの知識 バックエンドで行う処理についての理解
デザインツール キービジュアルやアイコンなどを作成するPhotoshopやIllustratorなどが一般的

以上のように、フロントエンドの仕事をこなすにはさまざまな知識・スキルが必要です。

これらの知識だけでなく「新しいものや技術に対する興味」「最新技術を追うため継続した勉強ができる」でなければ、エンジニアの仕事を続けることは難しいかもしれません。また、通常は複数人で開発を行いますから「コミュニケーション能力が高い人」が好まれます。

「コーディングが好き」で「ユーザーの目に見える部分を開発したい人」、また「将来はビジネス職も視野に入れている人」は、フロントエンドの仕事に向いています。

 

バックエンドエンジニアに必要なスキルと適正

バックエンドエンジニアは、開発に必要なプログラミング言語だけでなくサーバやデータベースに関する知識も必要です。

バックエンドエンジニアに必要なスキル
開発言語 Java、JavaScript、PHP、Ruby、Python、Peal等
言語的制約は少ないが、未学習の言語でもすぐに習得できるのが望ましい
データベース データベースの基本的な知識に加え、MySQLやSQL Serverなどの管理システムを利用できること
開発プラットフォーム 大規模なプログラムは複数人で開発するため、GitHub等の開発プラットフォームに慣れておくと便利
サーバ サーバの運用・保守等の知識に加えWebサーバやアプリケーションサーバ、データベースサーバ等のミドルウェアの知識

 

バックエンドエンジニアは、目的通りにミスなく動作するコードを完成させる必要があります。そのため、「デザイン性を考えるよりもロジックが好きな人」「職人気質な人」「論理的な思考が得意な人」「論理的な組み立てや整理が得意な人」が向いています。

また、バグの発見の早さは、全体的な作業の早さに直結します。「注意力が高く、細かいミスに気が付く人」も適性が高いでしょう。

さらに、フロントエンド同様、幅広い知識が求められますので「常に学ぶ意欲があり、知識を増やすことが得意な人」が求められます。

バックエンドエンジニアに求められるスキル

フロントエンド・バックエンドを理解してフルスタックエンジニアへ

フロントエンドエンジニアはバックエンドの、逆にバックエンドエンジニアはフロントエンドの知識を持っていた方が、より重用される人材になれます。

大規模なシステム開発であれば、どうしても複数人で分担する必要がありますが、総合的な知識を持っているエンジニアなら、小規模なシステムであれば一人で開発することも可能です。

フロントエンド、バックエンドの垣根を越えて、一人ですべての工程をこなすエンジニアをフルスタックエンジニアと呼びます。

フルスタックエンジニアはマルチエンジニアとも呼ばれます。明確な定義はありませんが、状況に応じて設計、実装、運用などを行うことができ、幅広いスキルを持っている分、年収も高くなる傾向があります。

フルスタックエンジニアになるには、フロントエンドおよびサーバサイドの幅広い知識と経験、さらにさまざまな分野で最新の技術に関する情報を収集し、実践していく姿勢が大切です。

専門分野のスキルを磨き、新しい分野の知識を仕入れて、継続してスキルアップすることで、エンジニアとしてより活躍できるようになります。

 

この記事では、フロントエンドとバックエンドについて、意味やエンジニアに求められるものを見てきました。大規模なシステム開発では、複数人で開発に当たることが多く、チームで開発することになります。

Webサイトやアプリの開発では、フロントエンドとバックエンドに大きく分けられ、どちらも将来性のある仕事です。

スキルアップを目指す方にとって、両方の分野の仕事に加え、幅広いスキルを持つフルスタックエンジニアは理想だといえるでしょう。

 

エンジニアに役立つ目的別講座

Pythonの基本~応用をマスター

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル
現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython入門講座。Python3の基本を取得できます。

Webサイトのコーディングができるように

ウェブ開発入門完全攻略コース - プログラミング をはじめて学び創れる人へ!未経験から現場で使える開発スキルを習得!
ウェブ開発入門完全攻略コース - プログラミング をはじめて学び創れる人へ!未経験から現場で使える開発スキルを習得!

HTML, CSS, Bootstrap, JavaScript, MySQL, Ruby, Ruby on Rails, AWS Cloud9, Git, GitHubを用いたWebアプリケーション開発の方法を総合的に学べます。

AWSを基礎から学ぶ

これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)
これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)

AWSの基本資格「AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験」を合格を目指し、そのための知識や経験を獲得できるように!

オリジナルのウェブサイトを作ろう

WordPress開発マスター講座
WordPress開発マスター講座

WordPressのカスタマイズ手法を身につけ、自身のサイト構築や開発案件の受託などを目指しましょう。