3Ⅾモデルの作成方法は?概要から使えるソフトまで詳しく解説!

web開発

2018/06/01

web開発

突然ですが、みなさんゲームや映画に出てくる3Ⅾキャラクターを作ってみたい!と思ったことはありませんか?

案外難しいと思われがちな3Ⅾモデル作成ですが、専用のソフトを使えば簡単に作成することが可能です。意外と簡単に自分だけの3Ⅾモデルを作れるんです。本記事では、3Ⅾモデル作成について、初心者の方でも分かりやすくお伝えしていきます。

3Ⅾモデルとは?使い道や作成方法は?

3Ⅾモデルとは、三次元をベースにして作成された立体のモデルデータの事です。簡単に言えば、3Ⅾで作られた動物や人等の画像です。

2Ⅾと違い立体的なデータなので、あらゆる角度から見ることができます。

今回は、そんな3Ⅾモデルの作成方法や使い道を紹介していきます。最新のゲームはほとんどが3Ⅾデータで作られているので、ゲームに馴染みがある人は3Ⅾにもすぐ馴染めるかと思います。

 

3Ⅾモデルの使い道

続いて、3Dモデルの使い道について紹介します。

最近では、ゲームや映画だけではなく、CMやミュージックビデオ、VRやAR、バーチャルYoutuber等様々なコンテンツに3Ⅾモデルが使われています。さらに、最近のPixarやⅮisney映画などでは、キャラクターから背景まで全てが3Ⅾのモデルで作られています。3Dモデルの使い道

3Ⅾモデルを使って個人でゲームや映像を作る人も少なくありません。3Ⅾプリンターを使って自分だけのオリジナルフィギュアを作る事だって可能です!

 

3Ⅾモデルを作成するには

では、どのように3Ⅾモデルを手に入れるのでしょうか?主な入手方法は3つです。

①作成する

1つ目は自分で3Ⅾモデルを作成する方法です。作成する手段として、専用のソフト(blender、3ⅮsMax、Maya等)を使います。

初心者向けの簡単なものから、有料ソフトでレベルの高い3Dモデルを作成することも可能です。

上記のソフトについては、のちほど詳しく解説します。

②購入する

2つ目はCGtraⅮer(https://www.cgtraⅮer.com/)やsketchfab(https://sketchfab.com/store)等で販売している3Dモデルデータを買う方法です。
業者に委託して購入するという流れもあります。

③フリーソフトを使う

3つ目はフリーで配布されている3Ⅾモデルをダウンロードして使う方法です。

CGの知識が無く、自分で3Ⅾモデルを用意できない場合、業者に委託して買うのが基本的な流れですが、3Ⅾモデルを買うとなると安くはありません。しかし、CG制作ソフトはいくつもあり、中には無料で配布されているソフトもあります。そのソフトを使えば無料で3Ⅾデータを作ることも可能です。

自分で3Dモデルを作成する方法については、のちほど初心者の方でも簡単に使える専用のソフトを紹介しますので、参考にしてみてください。

 

3Ⅾモデルを作成するときに知っておきたい専門用語と作業工程!

3Dモデルの作成に入る前に、3Ⅾモデルを制作するにあたって、知っておきたい専門用語について解説します。

 

モデリング

モデリングとは、3Ⅾのキャラクターや建物等、造形物(モデル)を作っていく工程の事です。造形対象の立体的な形、内部の構造、質感などを的確に把握し、表現する力が求められます。

スカルプト

スカルプトとは、粘土をこねるような感覚で直感的に3ⅮCGモデルの形状を制作する方法の事です。粘土造形をイメージして頂ければ分かりやすいかと思います。

リトポロジー

リトポロジーとは、モデリングやスカルプトで作ったモデルのトポロジー(ポリゴンの構成)を映像やゲームに適したデータに変換していくことです。

※ポリゴンとは「点を繋いでできた面」です。基本的に3Ⅾデータはポリゴンによって構成されています。

テクスチャリング

モデリングした3Ⅾデータに模様や汚れなどをペイントしていく工程です。絵で例えると色塗りに近い作業です。

シェーディング

作成したモデルに質感を付与する工程です。その物体が金属なのか、透明なのか、どのくらい反射しているのか等を細かく指定してあげることでより現実的な質感を作成する事が可能です。

リギング

キャラクターを動かすための骨組みやその仕組みを作る事です。

アニメーション

キャラクターを動かし、キャラクターに命を吹き込む作業の事です。

日本のアニメだと1コマずつ絵を描いてそれを繋いで1つのアニメーションにしますが、3ⅮCGでも同じように1コマずつ動きを付けて、1つのアニメーションにしていきます。

エフェクト

CGで爆発を起こしたり、ビームを作ったり、建物を崩したりしていく作業です。物理的なシミュレーションを行ってこれらのエフェクトを作っていきます。

レンダリング

CGで作ってきたものを全てまとめて、アニメーションや1枚の画像に出力する作業の事です。

ここまで紹介したのが、基本的な専門用語ですが、モデリングからレンダリングまでの流れが、3Dモデルを作成する際の、実際の作業工程になりますので、覚えておいてください。

 

簡単に3Ⅾモデルが作成できるフリーソフトを紹介

続いて、実際に3Dモデルを作成するのに当たり、無料で手に入れられる2つのソフトを紹介します。3ⅮCGをとりあえず触ってみたいといった初心者の方におすすめです。

 

blender(ブレンダー)

blender(ブレンダー)とは有志達による寄付によって開発された統合型3ⅮCGソフトです。

blenderの最大の長所は、他の統合型3ⅮCGソフトに負けないぐらい多くの機能があるにも関わらず、無料で全ての機能を使えるという所です。

チュートリアルもネット上に数多く存在していて、CG未経験者でも非常に使いやすいソフトです。とにかく無料で3ⅮCGをやってみたいという方にはもってこいです。

blender

開発:Blender FounⅮation
最新バージョン:2.79b
対応OS:winⅮows、Linux、Mac OS

 

Meshmixer(メッシュミキサー)

Meshmixer(メッシュミキサー)とはスカルプト系のソフトであり、メッシュ合成機能やサポート材を最適な形でつけてくれる機能など、3Ⅾプリントに強い性能が特徴的なソフトです。

その他にも3Ⅾプリント用にデータを修正したり、いくつか用意されているベースモデルを組み合わせることで簡単に面白いデータを作れたりもします。

meshmixer

開発:AutoⅮesk
最新バージョン:3.5
対応OS:Windows、Mac OS

 

簡単に3Ⅾモデルを作成できる有料ソフトを紹介

最後に、本格的に3Ⅾモデルを作っていきたい人におすすめの有料ソフトを3つ紹介します。

 

3DS MAX

3DS MAXは、AutoⅮesk社が販売するハイエンドで高機能な3ⅮCGソフトです。

非常に多くの機能があり、3ⅮS MAXかMAYA(のちほど紹介)を使えばCG作業のほとんどの事を完結できます。世界中でも多くの制作会社が使用しており、ハリウッド映画の制作でも使われています。

利用価格は、プロ向けのCGソフトなので少々高めですが、最初の30日間であれば体験版として無料で利用できます。また、学生の方であれば、学生期間中は無料で使うことが出来ます。

3dsmax

開発::AutoⅮesk
最新バージョン:3DS MAX 2019
対応OS:Windows
価格:月々支払い・年間支払い
・1ヶ月31,320円(税込)
・1年間248,400円(税込)= 20,700円/月
・3年間745,200円(税込)= 20,700円/月

 

metasequoia(メタセコイア)

METASEQUOIA(メタセコイア)は、国内産のソフトであり、コマンドが見やすく動作が軽いのも特徴的です。動作が軽いのでストレスフリーな作業ができます。

比較的安価で、無料版もあるので初心者の方にもおすすめできます。

metasequoia4

開発:株式会社テトラフェイス
最新バージョン:4.6(ver4.6.5)
対応OS:Windows、Mac OS
価格:1ライセンスあたりの価格
・Metasequoia 4 Standard 5,400円(税込)
・Metasequoia 4 EX 19,980円 (税込)

 

MAYA

MAYAは、3DS MAXと同じくAutoⅮesk社が販売するハイエンドで高機能な3ⅮCGソフトです。 こちらも世界中で多くの制作会社が使用しており、Mayaを授業で使っている学校や会社も数多くあり、非常に学びやすいソフトの1つです。

3ⅮS MAXにはない、MELの存在によって多彩な機能を持ったプラグインの開発が可能で、カスタマイズの可能性が無限に秘められたソフトでもあります。

maya

開発:AutoⅮesk
最新バージョン :Maya 2018
対応OS:Windows、Mac OS、Linux
価格: 月々支払い・年間支払い
・1ヶ月31,320円(税込)
・1年間248,400円(税込)= 20,700円/月
・3年間745,200円(税込)= 20,700円/月

今回紹介したソフトを効果的に使えば、初心者であっても簡単に3Ⅾモデルの作成が可能です。

最初のうちは慣れずに難しいこともあると思いますが、フリーの3Ⅾモデルなども活用していけば、理想のモデルが完成するはずです!

またUdemyでは、3Ⅾモデル作成について学習できる動画を多数用意しています。

自分のレベルに適した動画を見つけ、レベルの高い3Ⅾモデルを作ってみましょう!

目的別!最先端ITスキル講座

基礎的なパソコン操作の知識があればOK!

最新!iOS12アプリ開発講座

日本を代表するデータサイエンティスト辻真吾氏による人気講座

初級者から学べる人工知能講座の決定版

  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー
  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー

関連記事