エクセルのCOUNTIF関数で条件に合ったセルを数える!複数条件の使い方も

office関連

2018/07/24

office関連

「テストで平均点を超えた生徒の数」「組織全体における男女別の数」「売上目標に到達した製品の数」など——

データ分析では、ある「条件」に当てはまる要素の数を調べなければならないケースがあります。そんなときに便利なのがエクセルの「COUNTIF関数」です。

こちらでは、COUNTIF関数の使い方、複数の条件を扱う「COUTIFS関数」、「AND関数」「OR関数」を用いたCOUNTIF関数の応用についてお話します。

エクセルのCOUNTIF関数の使い方

まずはCOUNTIFの概要や、用途について見ていきましょう。

COUNTIF関数とは?条件にあったセルを数えよう

COUNTIF関数は、「COUNT」と「IF」という文字列が使われていることからもわかるとおり、条件に当てはまるセルの数をカウントする関数です。COUNTIF関数は(範囲、検索条件)という要素で構成されています。

指定した範囲の中に存在する指定した検索条件に当てはまるセルの数が関数の結果として表示されます。

今回は例として、16人の男女の得点表を作ってみました。以下では、平均点(74点)以上の人数が何人いるかを算出しています。

countif1

 

COUNTIF関数の範囲指定の方法

COUNTIF関数の範囲指定の方法は単純です。

「関数の引数」のダイアログボックスから「範囲」を選択し、始点と終点の番地の間に「:(コロン)」を挟んで入力します。あるいは始点のセルをカーソルで選択し、ドラッグで終点まで範囲選択すると自動的にボックスに反映されます。

countif2

 

COUNTIF関数の検索条件の表し方(文字列)

検索条件には文字列と数字の2種類を入れられます。

文字列を検索条件に指定する場合、「検索条件」のダイアログボックスに指定したい文字列を入力します。例えば「男」と入力すれば「男」と書かれたセルの数が、「山田」と入力すれば「山田」と書かれたセルの数が表示されます。なお、それに合わせて範囲も変更するようにしましょう。以下では、“男”という検索条件で、何人が該当するかを算出しています。

countif3

 

「*(アスタリスク)」「?」といった「ワイルドカード」を使えば、もう少し複雑な検索が可能です。

「あ*」という検索条件では、「あ」という文字列から始まるセルの数がわかります。
「?」は任意の1文字を意味するため、「あ?」という検索条件では、「あい」「あえ」「あお」といった「あ」から始まる2文字の文字列を含むセルが表示されます。

たとえば今回の例だと、検索条件に「*田」と入れると、名字の最後が「田」である人の合計が簡単に求められます。

 

countif4

なお、「*」「?」はそのまま入力するとワイルドカードとして認識されてしまうため、文字列として検索したい場合は「~」を前に付けなければなりません。例えば、「どうして?」という文字列を検索したい場合は検索条件のボックスに「どうして~?」と入力します。

 

COUNTIF関数の検索条件の表し方(数字)

数字と演算子を検索条件として指定することも可能です。数字の「3」を例に、演算子による出力結果の違いをまとめます。

“=3”  3と同じ数が入力されているセルの個数。
“<>3”     3ではない数(3以外の数)が入力されているセルの個数。
“>3” 3より大きい数が入力されているセルの個数。
“<3”  3より小さい数が入力されているセルの個数。
“>=3”  3以上の数が入力されているセルの個数。
“<=3”  3以下の数が入力されているセルの個数。

 

 

エクセルのCOUNTIFS関数を使って複数条件も処理しよう

COUNTIF関数と性質を同じくする、「COUNTIFS関数」というものがあります。限定した種類の中で売上目標を超えた商品の数を知りたい場合など、複数の条件に当てはまるセルを数える関数です。

COUNTIFS関数の使い方

COUNTIFS関数は(条件範囲1、検索条件1、条件範囲2、検索条件2、…)という要素で構成されています。各条件範囲は同じ範囲が指定されていても問題ありません。条件範囲2、検索条件2以降、ユーザーが望むだけ範囲・条件を指定できます。結果を出力するために条件範囲1、検索条件1の入力は必須ですが、それ以降は任意です。

countif5

範囲指定の方法、文字列・数式を検索条件に指定する方法はCOUNTIF関数とまったく同じです。

 

【応用編】COUNTIF関数で複数条件を扱うには?

上述したCOUNTIFS関数を用いれば、複数の範囲と複数の検索条件を扱うことができます。一方、「OR関数」「AND関数」と「COUNTIF関数」を組み合わせることで、同じように複数条件を取り扱うことも可能です。

 

複数条件指定のやり方(OR)

「OR関数」は(条件1、条件2、…)といったように複数条件を指定し、ひとつでも条件が当てはまっていれば「TRUE」、どの条件にも当てはまらなければ「FALSE」を出力する関数です。
OR関数の結果を出力したセルにさらにCOUNTIF関数を実施すれば、条件をひとつでも満たすセルの数がカウントできます。

複数条件指定のやり方(AND)

「AND関数」は(条件1、条件2、…)といった指定されている複数条件をすべて満たす場合に「TRUE」、ひとつでも満たしていない条件があれば「FALSE」を出力する関数です。
「エクセルif関数の使い方!複数条件やAND/ORの使い方が初心者でもわかる!」でAND/OR関数についてくわしく解説しています。
AND関数の「TRUE」をカウントするCOUNTIF関数を使えば、条件をすべて満たすセルの数がわかります。
COUNTIF関数はシンプルですが、膨大なデータから条件を満たす要素の数をカウントする際に非常に便利です。使い方や、条件指定の方法も決して難しくないため、データ集計の際は積極的に使ってください。

 

Excelのこれだけ分かれば毎日の仕事の時短に!

エクセルで絶対覚えておきたい7つの関数 | たった1時間で習得できる
エクセルで絶対覚えておきたい7つの関数 | たった1時間で習得できる

関数の中でもよく使うSUM・AVERAGE・ROUND・COUNT・VLOOKUP・IF・LEFT(RIGHT)を1時間で集中的にマスターできる。

劇的業務改善への道!Excelマクロをわかりやすく学べる

ここから始める!本気でExcelマクロ(VBA)を学びたい人のための基礎講座【超入門編】
ここから始める!本気でExcelマクロ(VBA)を学びたい人のための基礎講座【超入門編】

「事務作業効率を劇的に変化させるExcel術」 VBAの考え方からファイルの作成までが学べる。

たった1日でエクセルを完全マスター

【初心者から上級者まで】1日で学べるエクセルの教科書マスターコース
【初心者から上級者まで】1日で学べるエクセルの教科書マスターコース

多くの有名企業で採用されているExcel研修プログラムでわかりやすく学べる。

  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー
  • シェア
  • ツイート
  • Poket
  • はてなブックマーク
  • フォロー

関連記事