photo
photo

パワポ(PowerPoint)でページ番号が表示されない問題を解決!ページ番号のお悩みをケース別に紹介

パワーポイント(PowerPoint)では、各スライドにページ番号を表示させることができます。

方法自体は簡単ですが、パワポに慣れていない方であれば、最初はなかなかうまくいかないかもしれません。

この記事では、ページ番号表示の基本操作、うまくページが表示されない場合の対処法、ページ番号表示で迷いがちなケースについてお話しします。

パワポにページ番号を表示させる基本動作をご紹介!

パワーポイント(以下、パワポ)のファイルにページ番号を表示させる基本動作は、とても簡単です。

まず、メニューのなかから「挿入」のタブをクリックします。

パワーポイント ページ番号

続いて、「テキスト」内に表示されている「スライド番号」をクリック。

パワーポイント ページ番号

「ヘッダーとフッター」というダイアログボックスが開きます。
「スライド」タブにある「スライド番号」のボックスにチェックを入れてください。

パワーポイント ページ番号

タイトルスライドにページ番号を表示させたくない場合は、「タイトルスライドに表示しない」のボックスにチェックを入れます。

パワーポイント ページ番号

最後に「すべてに適用」、または「適用」をクリックすると、ページ番号の表示設定がページに反映されます。

 

パワポでページ番号が表示されない場合の対処法は?

上述した操作を行ったのにも関わらず、ページ番号が表示されないケースがあります。そうしたケースでの対処法について、ご紹介します。

まず、メニューから「表示」タブを開きます。

パワーポイント ページ番号

続いて、「マスター表示」内の「スライドマスター」をクリックしてください。

パワーポイント ページ番号

最上部のスライドマスターを確認してください。

通常は右下の「<#>」というプレースホルダーにページ番号が表示されますが、そもそもページ番号用のプレースホルダーが表示されていないケースがあります。

パワーポイント ページ番号

その場合、「マスターレイアウト」から「マスターのレイアウト」を選択。

さらに、表示されるダイアログボックスの「スライド番号」にチェックを入れて「OK」をクリックしてください。

パワーポイント ページ番号

パワーポイント ページ番号

「<#>」と書かれたページ番号用のプレースホルダーが表示されました。

パワーポイント ページ番号

この後に上述したページ番号挿入の基本操作を行えば、各ページにページ番号が表示されるようになります。

 

パワポのページ番号操作を行う「スライドマスター」とは何か?

上述した対処法では、「スライドマスター」という機能を利用しました。

「スライドマスター」とは、スライド全体の要素を一括管理する機能です。

スライドマスターで変更した要素は、スライド全体に影響します。スライドのテンプレートを保存できる機能といってもいいでしょう。

通常のスライド編集とスライドマスターの編集で変更できる要素は明確に分けられています。
通常のスライド編集ではどれだけ編集してもテンプレートそのものに影響を及ぼすようなことはありません。

一方で、すべてのスライド共通でのページ番号やページタイトルなどの色やフォント、位置といった、スライド全体に影響を与えるような編集をするためには、スライドマスターを利用すると便利です。

先ほどご紹介した通り、「表示」タブをクリックし、「マスター表示」内の「スライドマスター」を表示するとスライドマスター画面が開きます。

パワーポイント ページ番号

パワーポイント ページ番号

通常の表示画面に戻りたい場合は「マスター表示を閉じる」をクリックしてください。

パワーポイント ページ番号

そのほかの操作は、通常のスライド編集画面と大きな違いはありません。
スライド作成と同じような感覚でテンプレートを作成できます。

 

パワポのページ番号でのお悩みをケース別にご紹介!

ここからは、ページ番号表示で悩むことが多いケースと、その対処法をご紹介します。

ケース①スライド2枚目のページ番号を「1」にしたい場合

タイトルスライドにページ番号を表示させず、2枚目のスライドから表示させるためには、「ヘッダーとフッター」のダイアログボックスにある「タイトルスライドに表示しない」にチェックを入れます。

しかし、このとき、ページ数のカウント自体は1枚目のタイトルスライドから始まっています。つまり、このままでは本来なら「1」のページ番号を表示したい2枚目のスライドに「2」のページ番号が表示されてしまいます。

パワーポイント ページ番号

2枚目のスライドのページ番号を「1」にしたい場合、まず「デザイン」タブをクリック。
その後、「ユーザー設定」から「スライドのサイズ」をクリックします。

パワーポイント ページ番号

パワーポイント ページ番号

その後、「ユーザー設定のスライドのサイズ」をクリックしてください。

パワーポイント ページ番号

表示された「スライドのサイズ」ダイアログボックスのなかの「スライド開始番号」を「0」に変更し、「OK」をクリックします。

パワーポイント ページ番号

すると、2枚目のスライドに、ページ番号「1」が表示されるようになりました。
これは、1枚目のタイトルスライドが「0」ページ目という扱いになっているためです。

パワーポイント ページ番号

ケース②ページ番号のフォントや表示の大きさ、位置を変えたい場合

ページ番号のフォントや文字の大きさ、位置は、上述した「スライドマスター」で編集を行う領域です。これら変更するためには、まず「表示」タブの中から「スライドマスター」を表示します。

フォントや文字の大きさを変えたい場合、「ホーム」タブをクリックし、ページ番号を表示する「<#>」のプレースホルダーを選択した状態で、リボンメニューから任意のフォントおよび、フォントサイズを選んでください。

パワーポイント ページ番号

ページ番号の位置は、「<#>」のプレースホルダーをドラッグして移動させると変更できます。

ケース③ページ番号に「1/10」「2/10」と総スライド数をつけたい場合

「1/10」「1/20」といったように、総ページ数に対するページ番号を表示することも可能です。

まず、「スライドマスター」を表示します。「<#>」のプレースホルダーをクリックし、「#」の直後に「/10」「/20」など総ページ数に応じてテキストを入力してください。

パワーポイント ページ番号

通常の編集画面に戻ると、入力した総ページ数が反映されたページ番号が表示されています。

パワーポイント ページ番号

ページ番号表示に関する知識は、パワーポイントを使ううえで基本といえます。

ご紹介したように、操作自体は決して難しくありません。仕事や学業でパワーポイントを利用される方は、ぜひマスターして、効率的に作業を進めましょう。

 

あなたの生産性を向上させるおすすめ動画講座

Excelのこれだけ分かれば毎日の仕事の時短に!

エクセルで絶対覚えておきたい7つの関数 | たった1時間で習得できる
エクセルで絶対覚えておきたい7つの関数 | たった1時間で習得できる

関数の中でもよく使うSUM・AVERAGE・ROUND・COUNT・VLOOKUP・IF・LEFT(RIGHT)を1時間で集中的にマスターできる。

たった1日でエクセルを完全マスター

【初心者から上級者まで】1日で学べるエクセルの教科書マスターコース
【初心者から上級者まで】1日で学べるエクセルの教科書マスターコース

多くの有名企業で採用されているExcel研修プログラムでわかりやすく学べる。

ソフトバンクの孫正義氏が認めたプレゼン術

3分で一発OK!社内プレゼンの資料作成術
3分で一発OK!社内プレゼンの資料作成術

プレゼン資料を作成する際のコツや仕上げテクニックなど、プレゼンをマスターしたい方は必見の内容です。