photo
photo
  1. トップ
  2. Microsoft Office
  3. 【Windows10向け】パソコンで使えるショートカットキーを一覧で紹介!

【Windows10向け】パソコンで使えるショートカットキーを一覧で紹介!

今回ご紹介するのは、Windows10のパソコンで使えるショートカットキーです。

ExcelなどのOffice製品やブラウザのChromeで頻繁に使う操作のショートカットキーの一覧もご用意しています。

覚えておくとパソコンでの業務効率が格段に上がるショートカットキーを、ぜひこの機会にマスターしましょう。

Windows10のショートカットキー早見表

Windows10での作業で使えるショートカットキーは以下の通りです。大きく9カテゴリに分類していますので、ぜひ表を参考にして使ってみてください。

機能・操作
カテゴリ
 操作名  ショートカットキー
スタート画面 スタートメニューの
表示
Windowsキー
デスクトップの
表示
Windowsキー+D
設定画面の表示 Windowsキー+I
アクションセンターの
表示
Windowsキー+A
アプリの起動 タスクバーにある
アプリの起動
Windowsキー+1~0
仮想
デスクトップ
仮想デスクトップの
作成
Windowsキー+Ctrl + D
仮想デスクトップの
切り替え
Windowsキー+Ctrl + ←→
仮想デスクトップを
閉じる
Windowsキー+Ctrl + F4
基本操作 ファイルの作成 Ctrl + N
ファイルを開く Ctrl + O
すべての項目を選択 Ctrl + A
複数の項目を選択 Shift + ↑↓←→
範囲選択した文字を
コピー
Ctrl + C
範囲選択した文字を
切り取り
Ctrl + X
範囲選択した文字を
貼り付け
Ctrl + V
クリップボードの
履歴を表示
Windowsキー+V
直前の操作を
やり直し
Ctrl + Z
直前の操作を
取り消し
Ctrl + Y
ファイル名を変更せずに上書き保存 Ctrl + S
新しいファイル名を付けて/ファイル名を変更して保存 F12
ファイルの印刷 Ctrl + P
ショートカットメニューの表示 Shift + F10
ウィンドウの
操作
アクティブウィンドウの
メニューを表示
Alt + Space
アクティブウィンドウの
最大化
Windowsキー+↑
アクティブウィンドウの
最小化
Windowsキー+↓
アクティブウィンドウを
左半分に置く
Windowsキー+←
アクティブウィンドウを
右半分に置く
Windowsキー+→
すべてのウィンドウを
最小化
Windowsキー+M
ウィンドウを閉じる Ctrl + M
ファイルと
フォルダの操作
エクスプローラーの起動 Windowsキー+E
前のフォルダへ戻る Alt + ←
戻る前のフォルダへ移動 Alt + →
親フォルダへ移動 Alt + ↑
新しいフォルダの作成 Ctrl + Shift + N
ファイル・フォルダ名の
変更
F2
ファイル・フォルダの検索窓をアクティブにする Ctrl + F
ファイル・フォルダを
完全に削除
Shift + Delete
ウィンドウを閉じる Alt + F4
リボンの表示/非常時 Ctrl + F1
プロパティを表示する Alt + Enter
プレビューパネルを表示 Alt + P
画面操作 アプリやウィンドウの
切り替え
Alt + Tab
タスクビューを
表示する
Windowsキー+Tab
画面の表示モードの選択 Windowsキー+P
画面全体の
スクリーンショットを撮影
PrintScreen
指定した範囲の
スクリーンショットを撮影
Windowsキー+Shift+S
スクリーンショットを
撮影して保存
Windowsキー+PrintScreen
文字入力 入力中の文字を
全角ひらがなへ変換
F6
入力中の文字を
全角カタカナへ変換
F7
入力中の文字を
半角カタカナへ変換
F8
入力中の文字を
全角英数字へ変換
F9
入力中の文字を
半角英数字へ変換
F10
漢字に変換 Space
変換済の文字を
他の文字に変換
変換
日本語入力モードと半角
英数字モードを切り替え
半角/全角
文字の検索 Ctrl + F
文字の置き換え Ctrl + H
文字の入力中に
カーソルのある行の先頭へ
カーソルを移動
Home
文字の入力中に
カーソルのある行の末尾へ
カーソルを移動
End
文字の入力中にカーソルを1文字前に移動 Ctrl + S/K
文字の入力中にカーソルを1文字後ろに移動 Ctrl + D/L
ページの先頭へ
カーソル移動
Ctrl + Home
システム操作 タスクマネージャーの起動 Shift+Ctrl + Esc
ファイル名を指定して
実行の表示
Windowsキー+R
パソコンのロック Windowsキー+L
パソコンの強制終了 Ctrl+Alt + Delete

 

Windows10で特に便利なショートカットキーを解説!

ここでは、特に覚えておくと便利なWindows10のショートカットキーをピックアップし、以下5つの操作カテゴリに分けて解説します。

  • 基本操作
  • ウィンドウの操作
  • ファイルの操作
  • 画面操作
  • 文字入力

基本操作

  • Ctrl + N:新しいファイルを作成
  • Ctrl + O:既存のファイルを開く
  • Ctrl + A:すべてのデータを選択
  • Ctrl + C:選択したデータをコピー
  • Ctrl + X:選択したデータを切り取り
  • Ctrl + V:コピーや切り取りをしたデータの貼り付け
  • Windowsキー + V:クリップボードの履歴を表示。専用アプリのインストールが不要
  • Ctrl + Z:直前の操作のやり直し
  • Ctrl + Y:直前の操作の取り消し
  • Ctrl + S:ファイルを上書き保存
  • F12:ファイルに名前を付けて保存
  • Ctrl + P:ファイルを印刷

ウィンドウの操作

  • Alt + Space:アクティブウィンドウのメニューを表示
アクティブウィンドウのメニューを表示した図
  • Windowsキー  + ↑:最小化したアクティブウィンドウを最大化
最小化したアクティブウィンドウを最大化する図
  • Windowsキー + ↓:アクティブウィンドウを最小化
アクティブウィンドウを最小化する図
  • Windowsキー + ←:アクティブウィンドウを画面の左半分に配置
    ウィンドウを2画面に並べたいときに便利
アクティブウィンドウを画面の左半分に配置した図
  • Windowsキー + →:アクティブウィンドウを画面の右半分に配置
アクティブウィンドウを画面の右半分に配置した図

ファイルの操作

  • Windowsキー + E:エクスプローラを起動
  • Alt + ←:前の階層のフォルダへ戻る
  • Alt + →:戻る前のフォルダへ移動
  • F2:ファイル名・フォルダ名を変更
  • Ctrl + F:検索窓をアクティブにして、ファイル・フォルダを検索

画面操作

  • Windowsキー + P:画面の表示モードを選択できるメニューをデスクトップに表示
画面の表示モードを選択できるメニューをデスクトップに表示した図
  • PrintScreen:画面全体のスクリーンショットを撮影
  • Windowsキー + Shift + S: 画面の一部をスクリーンショットで撮影
画面の一部をスクリーンショットで撮影した図

文字入力

  • F6:全角ひらがなへ変換
  • F7:全角カタカナへ変換
  • F8:半角カタカナへ変換
  • F9:全角英数字へ変換
  • F10:半角英数字へ変換
  • Ctrl + H:文字の置換機能を表示
  • Home:カーソルのあるテキスト(行)の先頭へカーソルを移動
  • End:カーソルのあるテキスト(行)の末尾へカーソルを移動
  • Ctrl + S/K:カーソルを1文字前に移動
  • Ctrl + D/L:カーソルを1文字後に移動

 

Excel、Word、PowerPointで共通のショートカットキーを一覧で紹介!

ExcelやWord、PowerPointで使える共通のショートカットキーもあります。

Microsoft Office 製品を業務で使う機会の多い方は、業務効率を上げるためにも覚えておくと便利です。

【基本操作】

  • Ctrl + N:ファイルを新しく作成
  • Ctrl + A:すべてのデータを選択
  • Ctrl + C:範囲選択したデータをコピー
  • Ctrl + X:範囲選択したデータを切り取り
  • Ctrl + V:範囲選択したデータを貼り付け
  • Ctrl + Z:直前の操作をやり直し
  • Ctrl + Y:直前の操作の取り消し
  • Ctrl + S:ファイルを上書き保存
  • F12:ファイルに名前を付けて保存
  • Ctrl + P:ファイルを印刷
  • F1:Officeヘルプの呼び出し

【文字入力・装飾】

  • Ctrl + Shift + <:選択した文字のサイズの縮小
  • Ctrl + Shift + :選択した文字のサイズの拡大
  • Ctrl + B:選択した文字を太字にする
  • Ctrl + U:選択した文字に下線を引く
  • Ctrl + Alt + V:形式を選択して貼り付け

【ファイルの操作】

  • Ctrl + Fファイル内のデータを検索
  • Ctrl + H:ファイル内のデータを置換

 

Chromeのショートカットキーを一覧で紹介!

ブラウザのGoogle Chromeで使えるショートカットキーもあります。

仕事柄Chromeを使って業務をすることが多い方は、知っておくとWebページの操作が楽になります。

【基本操作】

  • Backspace:1つ前に閲覧したページに戻る
  • Shift + Backspace:次のページに進む
  • F5:ページを最新の状態に更新
  • Ctrl + P:現在開いているWebページを印刷
  • Ctrl + S:現在開いているWebページを保存

【タブの操作】

  • Ctrl + T:新規タブを開く
新規タブを開く操作
  • Ctrl + Tab:次のタブに移動
次のタブに移動する図
  • Ctrl + Shift + Tab:前のタブに移動
前のタブに移動する図

【ブラウザの操作】

  • Ctrl + +(プラス):画面を拡大表示
  • Ctrl + -(マイナス):画面を縮小表示
  • F11:画面を全画面表示
画面を全画面表示する図
  • Windowsキー + Shift +S:画面の一部のスクリーンショットを撮る

【ページの操作】

  • Home:スクロールせず、現在開いているページの最初へ移動
  • Ctrl + D:現在開いているページをブックマーク
現在開いているページをブックマークする図
  • Ctrl + H:履歴画面の表示
  • F3:現在開いているページでデータを検索
現在開いているページでデータを検索する図

【ウィンドウの操作】

  • Ctrl + N:新しいウィンドウを開く
新しいウィンドウを開く図
  • Ctrl + Shift + N:シークレットウィンドウを開く
シークレットウィンドウを開く図

 

ショートカットキーが使えない時の対処法

操作の効率化を叶えるショートカットキーですが、何かしらのトラブルが生じると使えなくなることがあります。

そんなときは、次の対処方法を試すと解消できる可能性が高いです。ショートカットキーが使えなくなったら、一度試してみてください。

キーボードの誤入力を防ぐ機能をオフにする

以下のようなキーボードの誤入力を防ぐ機能がオンになっていると、キーの一部が無効になります。

  • ゲーミングモード
  • アンチゴースト機能

お使いのキーボードの取り扱い説明書やヘルプページで上記の機能の設定方法を確認し、オンになっていればオフにしてみましょう。

固定モードを解除する

「固定モード」というのは、2つ以上のキーを同時に押さないと入力できない記号(例:&や%など)を打つとき、そのキーを同時に押すのが困難な人のための機能です。

この固定モードが有効になっていると、以下4つのキーが固定され、そのキーが割り当てられているショートカット操作ができなくなります。

  • Shift
  • Ctrl
  • Alt
  • Windowsキー

固定モードはShiftキーを5回押すと有効になり、画面の右下にその旨が表示されます。

固定モードにした図

Shiftキーを再度5回押せば固定モードは無効になるため、画面の右下を見て固定モードが有効になっていたら解除してみましょう。

バックグラウンドで動いているアプリが原因でないかを調べる

キーボード関連のアプリがバックグラウンドで動いていると、ショートカットキーが機能しなくなることがあります。

バックグラウンドで動作しているアプリが原因であるかどうかを確認するには、ソフトウェアを無効にしてOSを起動し不具合の原因を調べられる、「クリーンブート」を使うのがおすすめです。クリーンブートでパソコンを起動してショートカットキーが使えた場合、バックグラウンドで動いているアプリが原因であると判断できます。

Windows10におけるクリーンブートの実行方法は、Microsoftのサポートページ「Windows でクリーン ブートを実行する方法」で説明されています。参考にしていただき、クリーンブートでWindowsを起動して、ショートカットキーが使えるかどうかを確認してみてください。

キーボードドライバーを再インストールする

キーボードドライバーにトラブルが起きていると、ショートカットキーが機能しなくなることがあります。

キーボードドライバーを再度インストールして、解決できるかを確認してみましょう。

【キーボードドライバーを再インストールする方法】

  1. コントロールパネルから「デバイスマネージャー」を起動する
  2. 「キーボード」をクリックして、キーボードドライバー一覧を表示させる
  3. 使っているキーボードのドライバー名を右クリックして「デバイスのアンインストール」を選択する
  4. アンインストールが終わったら、デバイスマネージャーを閉じる
  5. パソコンを再起動すると、キーボードドライバーが再インストールされる

キーボードの言語とレイアウト設定を変更する

キーボードが以下に設定されていると、ショートカットキーが使えなくなることがあります。

  • 言語…日本語以外
  • レイアウト…日本語キーボード以外

キーボードの言語を日本語、キーボードのレイアウトを日本語キーボードに変更して、解決できるかを確認してみましょう。

【キーボードの言語とレイアウトの設定を確認する方法】

  1. Windowsマークをクリックして表示されるメニューの「PC設定」を選択する
  2. 表示された画面の「時刻と言語」を選択する
  3. 左画面の「言語」を選択して表示された「キーボード」をクリックする
  4. 「既定の入力方式の上書き」で「言語リストを使用します(推奨)」が選択されているかを確認したら、前の画面に戻る
  5. 戻った画面の「優先する言語」が日本語であるかを確認し、日本語でなければ日本語に変更する
  6. 日本語を選択して表示される「オプション」をクリックする
  7. ハードウェアキーボードレイアウトの「レイアウトを変更する」をクリックし、日本語キーボードであるかを確認する。日本語キーボードでなければ、日本語キーボードを選択する

トラブルシューティングを実行する

パソコンのあらゆる問題を検出して改善や修復を自動的に行う「トラブルシューティング」でも、ショートカットキーの不具合を解決できる可能性が高いです。

これまで説明してきた対処方法で解決できなかった場合は、試してみるとよいでしょう。

【トラブルシューティングを実行する方法】

  1. Windowsマークをクリックして表示されるメニューの「PC設定」を選択する
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックする
  3. 「トラブルシューティング」を選択する
  4. トラブルシューティングのツール一覧から「キーボード」を選択し「トラブルシューティングツールの実行」をクリックする

    ※表示されない場合※
    「追加のトラブルシューティング」をクリックして表示される「キーボード」を選択し、「トラブルシューティングツールの実行」をクリックする

トラブルシューティングが実行されて、画面に操作指示が表示されたらその指示に従って問題を修復していきます。

 

今回は、Windows10向けパソコンで使えるショートカットキーをご紹介しました。

どのショートカットキーも、知っておくとマウス操作に頼ることなく、パソコン作業を早く進められるようになります。

ぜひマスターしてみてくださいね。

 

あなたのビジネススキルを向上させるおすすめ講座

ビジネスパーソン必見のExcelスキル

【初心者から上級者まで】1日で学べるエクセルの教科書 マスターコース
データ集計や「見やすく、ミスなく、速く」Excelスキルを1日でマスター。

ソフトバンクの孫正義氏が認めたプレゼン術

3分で一発OK!社内プレゼンの資料作成術
ベストセラー書「社内・社内プレゼンの資料作成術」の著者、前田鎌利による特別ワークショップでプレゼン術の秘訣を全公開。

イケてる資料作成術を身につけよう!

【22倍印象に残る】グローバルでも通用するPowerpoint資料作成術 ~思考整理から資料作成までの黄金の4ステップ~
伝わらない・分かりづらいを解決!「ストーリー型」プレゼン資料作成術。米スタンフォードMBA出身の元外資系コンサルが10年の経験を集約してお伝えします。

マーケティング分析をしたい方へ

EXCELで学ぶ数字思考力とマーケティング分析【入門編】分析のための考え方と手法を学び、実践的な分析ができるようになる!
ロジカルシンキングの中の因数分解(数字思考力)と8つの分析手法をEXCELワークシートを使って学習しよう!