画像生成AI「Bing Image Creator」とは?特徴や使い方を徹底解説

画像生成AI「Bing Image Creator」とは?特徴や使い方を徹底解説

Bingの画像生成AI機能について見聞きしたことがあるものの、

・使い方が分からない…。
・商用利用も可能かどうか知りたい…。

という方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、

・Bingの画像生成AI「Bing Image Creator」の特徴や使い方
・Bingの画像生成AIを利用する際の注意点

について解説します。

Bingの画像生成AI「Bing Image Creator」とは

「Bing Image Creator」は、Microsoft社によって提供されている画像生成AIツールです。Microsoftアカウントを作成するだけで、AIによる画像作成機能を無料で利用できます。

「Bing Image Creator」は、MicrosoftのWebブラウザ「Edge」から呼び出すことも可能です。「Edge」のサイドバーからプロンプト(AIに指示するための命令)を入力することで、画像を簡単に生成できます。

\文字より動画で学びたいあなたへ/

Udemyで講座を探す >

Bingの画像生成AI「Bing Image Creator」の特徴

「Bing Image Creator」には、主に以下のような特徴があります。

  • 日本語プロンプトにも対応済み
  • Microsoftアカウントがあれば無料で使える
  • BingのAIチャット経由でも生成可能
  • 画像生成のアイデア出しにも有効
  • スマホのブラウザ・アプリで利用可能

ここからそれぞれの特徴について説明します。

日本語プロンプトにも対応済み

「Bing Image Creator」は、2023年4月から日本語によるプロンプト入力で画像を生成できるようになりました。

画像生成AIツールの中には日本語によるプロンプトに対応していないものもあります。英語のみ対応のAI画像作成ツールと比べて簡単にプロンプトを入力できることが「Bing Image Creator」の特徴です。

AI画像生成ツールやサービスは、他にも「Leonardo AI」や「Midjourney」「Stable Diffusion」などがあります。

それぞれのツールやサービスの特徴や使い方など詳しくは、以下の記事をご覧ください。

Leonardo AIとは?登録方法から機能や注意点まで徹底解説
Midjourney(ミッドジャーニー)の使い方!AI画像生成を体験しよう
Stable Diffusionで画像から画像を生成する方法を解説!

Microsoftアカウントがあれば無料で使える

「Bing Image Creator」は、Microsoftアカウントがあれば無料で利用できる画像生成AIツールです。Microsoftアカウントとは、Microsoftが提供する各種サービスの利用に必要なアカウントで、無料で作成できます。

「Bing Image Creator」は、2023年9月からOpenAI社が開発する画像生成AI「DALL-E 3」に対応しました。プロンプトに「イラストで表現してください」などの指示を含めるだけで、従来のツールが苦手としていたアニメ調のイラストも生成できます。

Microsoftアカウントがあれば無料で使える

BingのAIチャット経由でも生成可能

Microsoftアカウントで無料サービスの「Bing AI」にログインし、チャットでAIに指示を出すことによっても、画像の生成が可能です。対話形式で、ユーザーの希望に近い画像を作成できます。日本語プロンプトに対応しているものの、英語で入力したほうがより指示内容に近い画像が生成される場合もあります。

画像生成のアイデア出しにも有効

「Bing Image Creator」のサイトにアクセスすると、「アイデアを探す」という機能で他のユーザーが生成した画像を閲覧できます。

画像生成のアイデア出しにも有効

画像生成に使用したプロンプトも確認できるため、画像作りのアイデア出しに活用することも可能です。

スマホのブラウザ・アプリで利用可能

ブラウザからMicrosoftアカウントにログインすれば、スマホからでも「Bing Image Creator」の機能を利用できます。また、Bingのスマホアプリからも画像生成AI機能を利用することが可能です。デバイスの種類を問わず、簡単に利用できる点が「Bing Image Creator」の特徴です。

Bingの画像生成AI「Bing Image Creator」の使い方

「Bing Image Creator」では、プロンプトを入力するだけで簡単に画像を生成できます。基本的な使い方は次の通りです。

基本的にはプロンプトを入力するだけ

Bing Image Creator」の画面にアクセスし、テキストボックスに内容を指示するプロンプトを入力しましょう。プロンプトは文章でも指定できるものの、条件が多い場合は箇条書きで表現したほうが簡単です。

「Bing Image Creator」の使い方-プロンプトを入力

「作成」をクリックしてプロンプトを実行すると、4つの画像が生成されます。

「Bing Image Creator」の使い方-プロンプトの実行

実行するたびに異なる結果が出力されるため、同一のプロンプトを実行しても同じ画像は生成されません。

「ダウンロード」をクリックすると、作成した画像をデータとしてダウンロードすることが可能です。

「Bing Image Creator」の使い方-生成した画像をダウンロード

プロンプトの自動作成も可能

「お任せで探す」と書かれたボタンをクリックすると、画像を生成するためのプロンプトがランダムに自動生成されます。

実際に試してみたところ、「a brown rat terrier dressed as a jungle explorer, digital art(茶色のラットテリアがジャングルの探検家として服を着ている様子、デジタルアート)」というプロンプトが生成されました。

プロンプトの自動作成も可能

画像生成の機能を試してみたいものの、具体的なアイデアが思いつかない場合には、プロンプトの自動作成がおすすめです。生成されたプロンプトを一部編集して画像を作成することもできます。

時間をかけずに生成したい場合はブーストを使用

ブーストとは、高速で画像を生成するための機能です。テキストボックスの右側に、雷のアイコンとして表示されます。

ブーストがあれば早く、無くても時間をかければ生成可能

ブーストを1つ使うことで、画像生成にかかる時間を短縮できます。ブーストはあくまでも生成のスピードを上げるためのもので、使い切った後でも画像を作成することは可能です。ブーストを使わない場合には、画像生成までに最長で5分間程度の時間がかかります。

初回利用時にもらえるブーストは25個で、1週間ごとに15個ずつ補充されます。貯められるブーストの個数は最大で99個までです。ただし、初回に付与されるブーストや最大数は2024年1月時点の情報のため、今後変更される可能性もあります。ブーストの個数は、Microsoft社のポイントシステム「Microsoft Rewards」で増やすことも可能です。

Bingの画像生成AI「Bing Image Creator」の注意点

「Bing Image Creator」は便利なツールではあるものの、商用利用の可否などいくつかの点に注意が必要です。ここでは、「Bing Image Creator」を利用する際に押さえておきたい注意点を紹介します。

生成した画像の商用利用はできない

「Bing Image Creator」でユーザーが生成した画像は、商用利用できません。利用規約には、「オンラインサービスの外部で、合法的な個人の合法的な非商業的目的のために作成物を使用できます。」と記載されています。 オンラインサービスとは、素材配信サイトやニュースサイト、通販サイトなどを指すことが一般的です。そのため、「Bing Image Creator」で生成した画像をイラスト素材として販売したり、グッズのデザインに使用したりすることは規約違反です。

生成した画像の商用利用はできない

暴力的や性的な画像の生成はできない

「Bing Image Creator」では、暴力的な表現や差別的な内容を含むプロンプトによる画像生成が禁止されています。倫理的に問題のある表現を含む画像を生成することはできません。

問題のあるプロンプトを繰り返し入力するなどの違反があった場合、「Bing Image Creator」の利用を停止される可能性があります。規約で認められる範囲で画像を生成しましょう。

生成された画像はユーザーごとに一意でない場合がある

「Bing Image Creator」の使用条件には、サービスの性質上、生成された画像はユーザーごとに一意でない場合があるという旨の記載があります。全く同じプロンプトを入力した場合であっても、同一の画像が生成されるとは限りません。

また、入力したプロンプトが異なっていても、他のユーザーが生成した画像と内容の似た画像が出力される場合もあります。

生成された画像には著作権が含まれている可能性がある

「Bing Image Creator」が生成する画像には、アニメや漫画、美術作品など、第三者が著作権を有するコンテンツが紛れ込むリスクがあることも注意すべきポイントです。

ユーザーが意図していなかったとしても、生成した画像が第三者のコンテンツに似ていた場合、著作権侵害にあたる可能性があります。「Bing Image Creator」を利用する際は、出力された画像が著作権法に抵触していないか確認しましょう。

生成された画像には著作権が含まれている可能性がある

Bing Image Creatorを使ってハイクオリティな画像を生成してみよう!

Microsoftの画像生成AI「Bing Image Creator」は、入力したテキストに合った画像を生成できるツールです。Microsoftアカウントがあれば、画像生成機能を無料で利用できます。日本語プロンプトに対応しているため、イメージに近い画像を簡単に作成できることが「Bing Image Creator」の特徴です。

画像生成AIの使い方について詳しく学びたい方には、下記の講座もおすすめです。

Udemyおすすめ講座

ChatGPTとBingで始める最新の画像生成AI。無料&日本語で1番簡単に高品質な絵が作れる脅威のDALL-E3を解説

ChatGPTとBingで始める最新の画像生成AI。無料&日本語で1番簡単に高品質な絵が作れる脅威のDALL-E3を解説

4.6(10 件の評価)

100 人の受験生

作成者: AI キャララボ(AI漫画/ Stable Diffusion / DALL-E / Midjourney)

【初めてのDALLE 3】超使いやすい上にトップ級イラストが描ける、チャットAIに搭載された最新のDALLEを体系的に学べます。今1番簡単にハイクオリティなAIイラストを描けるのが進化を遂げたDALL-E3です【コピペOKのテンプレ付】

\無料でプレビューをチェック!/

講座を見てみる

「Bing Image Creator」を通して、ハイクオリティな画像が生成できる「DALL-E3」を体験してみましょう!