【入門】 Blenderのスカルプトモードとは?ブラシの使い方や設定方法も解説

【入門】 Blenderのスカルプトモードとは?ブラシの使い方や設定方法も解説

Blenderのスカルプトモードを使用すると、より複雑なモデリングを簡単に行うことが可能です。この記事ではBlenderのスカルプトモードの概要やブラシの使い方、便利なアドオンなどについて解説します。Blenderを使ったモデリングの技術を高めたい方は、ぜひ参考にしてください。

Blenderのスカルプトモードとは?

Blender(ブレンダー)のスカルプトモードとは、粘土で造形を行うような直感的な操作で、モデルの表面に凹凸をつけて形状を作る機能のことです。球体などの曲面の多い形状のモデリングや、複雑な形をデザインしたい場合に、スカルプトモードが適しています。

スカルプトモードを備えた3DCG制作ソフトには有料のものもありますが、Blenderはオープンソースのため無料です。また、操作方法がシンプルで初心者でも簡単に利用できます。

\文字より動画で学びたいあなたへ/

Udemyで講座を探す >

Dynatopoを使うと細かな作業ができる

Dynatopoとは「Dynamic Topology」の略称で、Blenderのスカルプトモードに含まれる機能の1つです。

Dynatopoをオンにすると、スカルプトモードでブラシが触れた部分のメッシュが自動的に細分化されます。粘土細工のように繊細な凹凸を作成でき、より理想的な形に近づけることが可能です。

ただし、Dynatopoを使うと3Dモデルの頂点数が増えてデータ量が増加するため、適度に調整する必要があります。

事前準備:スカルプトモードへ変更する方法

Blenderでスカルプトモードを利用する際は、下準備としてモードの変更作業を行いましょう。スカルプトモードを使う事前準備の方法は次のいずれかです。

Blenderを起動し、画面上部タブにある「Sculpting」をクリック。

または、画面左上にある編集モードを「スカルプトモード」へ変更。

スカルプトモードの主なブラシの使い方

Blenderのスカルプトモードでは、効果の異なる複数のブラシを利用できます。スカルプトモードの操作画面各部の役割は次の通りです。

  1. アイコンでブラシの種類を選択
  2. ブラシの半径や強さなどを調整
  3. スカルプティングをするモデル
  4. スカルプティングの対象となるオブジェクト
  5. 選択中のブラシの情報

ドロー(Draw):Xキー

ドローはブラシでなぞった部分を膨張させるブラシです。Xキーのショートカットが割り当てられています。「Dyntopo」にチェックを入れた状態で使用すると、膨張させた部分の周囲に頂点が追加されます。

ドローシャープ(Draw Sharp):

ドローシャープは、ドローと同様の機能を持ち、より尖った形を作れるブラシです。ブラシの設定で「細分化(Subdivide)」の値を変えると滑らかさを調整できますが、強めすぎるとドローと似たような質感になります。

スムーズ(Smooth):Shift+Sキー

スムーズは、尖った部分や膨らんだ部分を平らにするブラシです。「Shift+S」のショートカットキーが割り当てられています。ブラシでなぞった部分をスムーズに削り取り、滑らかにすることが可能です。もともと平らな場所に使っても変化は起きません。

マスク(Mask):Shift+「スペース」またはShift+7キー

マスクは、ほかのブラシを使った際の形状変化を妨げるブラシです。「Shift+スペース」または「Shift+7」のショートカットキーが割り当てられています。マスクをかけた部分は黒く塗られ、形状変化が抑えられます。「alt+M」キーでマスクの解除が可能です。

グラブ(Grab):Gキー

グラブは頂点をつまんで引っ張るような変形ができるブラシです。「G」のショートカットキーが割り当てられています。ブラシでなぞった部分全体に頂点が追加されるドローと異なり、グラブでは引き伸ばした部分に頂点が追加されます。

スカルプトモードのブラシ設定方法

スカルプトモードのブラシは、影響を与える範囲や影響の強さなどを細かく調整できます。ブラシを設定する主な方法は次の通りです。

半径

半径は、ブラシが影響する範囲の大きさを調節するパラメータです。画面右側の「プロパティタブ」、またはFキーを押しながらマウスをドラッグすることで変更できます。半径が大きいほど、広範囲の形状を変化させることが可能です。

半径の基準

半径の基準は、画面をズームした場合の半径の大きさに関する設定です。初期設定では「ビュー」が選択されていて、ズームイン・ズームアウトにかかわらずブラシの半径は一定です。ビューの状態でズームインすると、より細かな作業ができます。

一方、「シーン」に設定すると、ズームに合わせてブラシの半径が変化するため、ブラシの影響範囲は変化しません。

強さ

強さは、ブラシによる影響の度合いを調整できるパラメータです。画面上部の「強さ」の項目、または「Shift+Fキー」を押してマウスをドラッグする操作で調整できます。強さの値は0~1.0までで、1.0に近づくほどブラシの効果が強く反映されます。

減衰

減衰は、ブラシの中心から円周に向かって、影響の強さがどのように弱まるかを設定するパラメータです。画面右上の「減衰」から設定を変更できます。デフォルトでは「スムーズ」が選択されていて、「球」や「シャープ」、「リニア」などへの変更が可能です。

リメッシュ:Ctrl+Rキー

リメッシュは、モデルのメッシュを貼り替えることで、ポリゴン数を調整する機能です。ポリゴン数が多いモデルの形状を変えずに、サイズを軽量化したい場合に役立ちます。画面右側の「プロパティタブ」アイコンをクリックし、「リメッシュ」の項目から設定することが可能です。

自動スムーズ

自動スムーズは、モデルに含まれる凹凸を自動で滑らかにする機能です。指定した値より小さな凹凸をスムーズにできます。画面右側の「プロパティタブ」アイコンをクリックし、「ノーマル」の項目で自動スムーズにチェックを入れると利用できます。

スカルプト平面

スカルプト平面は、スカルプトモードによる形状の変化を、特定の方向だけに限定できる機能です。画面右側の「アクティブツールとワークスペースの設定」アイコンから「詳細設定」をクリックし、「スカルプト平面」を選択すると利用できます。例えば、「X平面」を選択すると、モデルをX軸方向のみに変形させることが可能です。

ミラー処理

ミラー処理は、ブラシを上下対称や左右対称に使用できる機能です。画面右上の「XYZ」と書かれたアイコンから設定できます。選択した軸に対して対称な位置に、ブラシによる変形を加えることが可能です。

Blenderの便利なアドオンの紹介

Blenderにアドオンをインストールすると、スカルプトモードをさらに便利に使えます。主なおすすめアドオンは次の通りです。

Retopoflow

画像引用:[Blender Market Retopoflow 3]

「Retopoflow」は、モデルの面の数を減らすリトポロジー作業を手動で行える有料アドオンです。生成するポリゴンの数などを設定し、細かなリトポロジー作業を行うことができます。

Speedretopo

画像引用:[Blender Market Speedretopo]

「Speedretopo」は、簡単な操作でリトポロジー作業ができる有料アドオンです。かつては無料で配布されていましたが、現在は5ドルで販売されています。手描きのペンツールを用いてポリゴンを指定し、ボタンをクリックするだけでリトポロジーが実行できます。

Sculpt Layers

画像引用:[Blender Market Sculpt Layers]

「Sculpt Layers」は、Blender上でスカルプトした部分をレイヤーとして個別に保存できるアドオンです。各レイヤーは表示・非表示の切り替えができ、スカルプト前後の比較や異なるパターンの作成が簡単にできます。

Blenderのスカルプトモードを利用すれば、ブラシでなぞった部分に凹凸を作り、細かな表現が可能です。キャラクターやクリーチャーのモデリングなど、複雑な形状をデザインしたい方は、ぜひBlenderのスカルプトモードを活用してください。