1. トップ
  2. イラストレーター
  3. iPad版Illustratorの機能や特徴は?基本的な使い方も解説!

iPad版Illustratorの機能や特徴は?基本的な使い方も解説!

『Illustrator for iPad』とは、Adobeが開発・提供しているIllustratorのiPad版です。PC版とは異なり、iPad版のIllustratorはApple Pencilを使用できるなど、さまざまなメリットがあります。今回は、iPad版Illustratorの機能や特徴、基本的な使い方を解説します。

iPad版Illustrator(Illustrator for iPad)で何ができる?

家や職場だけでなく、公園やカフェなど、さまざまな場所で手軽に作業が行えるiPad版Illustrator(イラストレーター)。通常のIllustratorの機能だけでなく、「iPad版Illustratorならでは」の機能が搭載されているのが、大きなポイントです。

例えば、iPad版Illustratorなら、Apple Pencilの使用が可能です。Apple Pencilを使用すれば、紙に絵を描くように、線やイラストなどを表現できます。

また、iPadで制作したデータは、自動でPC版に反映されます。そのため、iPadとPCのデータの行き来がしやすい点も魅力でしょう。PCで作業しやすい内容はパソコンを使用し、Apple Pencilを使用するときはiPadを活用する、などの使い方もできます。

さらに、AdobeCC(アドビクリエイティブクラウド)では、定期的に機能アップデートがなされ、iPad版に限らず、PC版でも機能が徐々に追加されています。その中で、iPad版にはPC版とは異なる新機能が追加されています。具体的にどのような機能があるのか、チェックしていきましょう。

iPad版で追加された新機能とは?

2021年6月時点でiPad版Illustratorに追加された新機能は、

  • リピート機能
  • タッチショートカット

の2つです。それぞれどのような機能なのでしょうか。

◎同じ図形の制作が簡単!リピート機能

リピート機能は、「ラジアル」、「グリッド」、「ミラー」を簡単に表現することができる機能です。

図形のイラスト

「ラジアル」とは、オブジェクトを円形状に並べることです。リピート機能を使用すれば、文字や三角形の図形を、ワンタップで円状に並べることができます。

「グリッド」とは、オブジェクトを均等に並べることです。水平・垂直に同じ間隔、サイズで並ぶ状態を、「グリッド状」といいます。同じオブジェクトを、同じパターンで並べたいときに便利な機能です。

「ミラー」とは、図形を反転させることです。この機能を使えば、左右対称のオブジェクトを簡単に作成できます。クリックひとつで選択したオブジェクトを複製し、反転させることが可能です。

◎選択の手間が省ける!タッチショートカット機能

2つ目の新機能は、タッチショートカットです。タッチショートカットを使用すれば、移動や選択、回転などを容易に行うことができます。PC版はキーボードショートカットですが、iPad版は、タッチでショートカットを実現できます。

 

iPad版Illustratorを使うメリットは?PC版との違いも

PC版ではなく、iPad版Illustratorを使用するメリットはあるのでしょうか?ここからは、以下の iPad版で享受できるメリットについてご紹介します。

  • PC版よりも初期費用が安い
  • まとまった機能で使い勝手が良い
  • iPad特有の機能を活用できる

◎PC版よりも初期費用が安い

iPad版Illustratorは、月額1,080円で使用可能です。一方、PC版は月額2,728円〜となっています。iPad版は、PC版に比べて初期費用が安く、手軽に利用できる点がメリットです。
※価格は2021年6月時点

PCとiPad

◎まとまった機能で使い勝手が良い

iPad版は、最小限の機能が画面の左側にまとめられています。必要な動作に合わせて、使いたい機能を手軽に選択できるため、使い勝手が良いです。

◎iPad特有の機能を活用できる

iPad特有の機能を活用することができます。例えば、カメラ機能を使用して撮影し、その写真から、パスを自動で作成することができます。また、通話機能を利用して、友達と話し合いながらイラストを仕上げていくこともできます。iPadならではの、PCにはない機能を活用できる点はメリットと言えるでしょう。

 

上記のメリット以外にも、iPad版とPC版には、いくつかの違いがあります。事前に異なる点を把握しておくことで、安心して購入することができます。

iPad版とPC版の違い

ここからは、iPad版とPC版の違いについてご紹介します。

1つ目の違いは、機能です。iPad版は、「簡単に使える」ということを重視して設計されています。そのため、PC版に比べて機能が限定的です。例えば、PC版ではアートボードオプションから設定できる、センターマークや十字線の表示には対応していません。また、PC版の右クリックメニューよりも、できることは少なくなっています。一方で、カメラを活用できるなど、iPad版ならではの機能も備わっている点にも差異が見られます。

デバイスによる違いもあります。PCはメモリが搭載されており、容量が大きいファイルを操作するときも、スムーズに動かすことができます。一方、iPadはPCよりもハイスペックではないため、操作がスムーズにいかないこともあるかもしれません。一方で、iPad版ではデータを共有しやすい点がメリットと言えるでしょう。

 

iPad版Illustratorはどんな人におすすめ?

iPad版Illustratorは、さまざまな人たちにおすすめのツールです。具体的にどのような人におすすめなのか、解説します。

Illustratorの経験が少ない初心者

Illustratorの経験が少ない、初心者におすすめです。PC版に比べて、機能が限定されている分、使いこなしやすくなっています。また、キーボード入力の必要もないため、手軽に扱うことができます。これにより、初心者にとってもハードルが低く、PC版よりもスムーズに使うことができるでしょう。

外出先でイラスト制作する機会がある人

家や職場だけでなく、外出先でもIllustratorを使いたい人におすすめです。iPadでイラストを描くため、最小限のスペースで作業を行うことができます。公園やカフェなど、使用場所を選ばないため、外出先で頻繁にイラストを描く方は、iPad版を利用するのがおすすめです。

公園での作業

iPad版ならではの機能も活用したい人

PC版に加え、iPad版ならではの機能も利用したいという方にもおすすめです。iPad版には、PC版では使用できない機能もあるため、併用すれば使い分けが可能です。iPadの新機能を使いながら、PC版と併用してイラストを制作していきたいという方は、ぜひ利用してみてください。

 

iPad版Illustratorの基本的な使い方

最後に、iPad版Illustratorの使い方を解説します。インストールから画像の描画方法、色付けまでご紹介しますので、はじめてインストールする人は参考にしてください。

iPad版Illustratorのインストール及びアカウントのログイン方法

まずはインストール及びアカウントログイン方法について解説します。

1.ホーム画面にあるApp Storeをタップしてください。

ホーム画面のタップ

2.画面下部にある「検索」欄をタップします。

検索欄のタップ

3.検索欄に「ill」と入力し、候補の中から、「Illustrator iPad」を選択してください。

検索欄への入力

4.「Adobe Illustrator:グラフィックデザイン」を選択します。

検索結果画面

5.入手をタップすれば、インストールが完了です。

インストール

6.インストールが完了すると、ホーム画面にAiアイコンが登場します。そのアイコンをタップしてください。

インストール完了

7.ログインの方法を選択しましょう。今回のチュートリアルでは、Adobe IDを選択しています。

ログイン画面

8.メールアドレスを入力し、「続行」ボタンをタップします。

メールアドレスの入力

9.パスワードを入力してください。その後「続行」ボタンをタップします。

パスワードの入力

ログインの手順は以上です。

ファイルの作成方法と操作ツールの解説

次に、ファイルの作成方法と操作、ツールをご紹介します。

1.ホームの「新規ファイル作成」から、適切なサイズを選択してください。今回のチュートリアルでは、A4サイズを選択しました。

サイズの選択

2.タップすると作業画面に遷移します。以上でファイルの作成が終了です。

ファイル作成完了

3.作業画面の「戻る」ボタンをタップし、クラウドドキュメントを見ると、先程作成したファイルを確認できます。

クラウドドキュメント

4.画面左側にある赤枠がツールバーです。この中から、ツールやテキストなどを選択して作業をします。一方、右側はタスクバーです。レイヤーを追加したり、プロパティ設定を行ったりするときに使います。

ツールバーとタスクバー

線や図形の描画方法及び、画像の挿入(描画)と色付けの操作方法

次に、具体的な操作方法について解説します。

1.まずは線を描画させます。ツールバーから、塗りブラシを選択してください。

ブラシの選択

2.ブラシを選択します。今回のチュートリアルで選択したブラシは、「フラット」です。

ブラシのタイプの選択

3.キャンパスに直接触れてみてください。線を書くことができます。

線の描画

4.図形ツールの四角形を選択すると、図形を描画できます。

図形の描画

5.四角い図形を作成することができました。

図形の完成

6.次に画像を挿入します。左のツールバーの中から写真アイコンを選択し、「写真」をタップしてください。

画像の挿入手順

7.挿入したい写真を選択すると、キャンパスに表示させることができます。

画像の挿入完了

8.以上で挿入は完了です。

9.最後に色付けをします。先程作成した、四角の図形に色を塗りましょう。塗りブラシツールを選択します。

色付けの手順

10.ツールバーの単色から、色を選択します。今回の例では赤色を選択しました。

色の選択

11.四角の図形の中に色を塗ります。以上で色付けは完成です。

色を塗る手順

 

iPad版Illustratorの使い方をマスターして作業効率を上げよう!

今回は、iPad版Illustratorでできることや、特徴、基本的な操作方法について解説しました。iPad版Illustratorは、作業場所を選ばず使用できるため、非常に便利です。また、データ共有もしやすいため、PC版と併用して使うこともできます。この機会にiPad版Illustratorをインストールして、好きな絵を描いてみてはいかがでしょうか。

 

WEBデザイン学習者が学ぶべきスキルセット

Webデザイナーを目指すなら

Webデザイナーのキャリアを未経験からスタートするためのオールインワン講座
Webデザイナーのキャリアを未経験からスタートするためのオールインワン講座

Webデザインに挑戦したい人が一気通貫して学べる総合学習コースです。

イラレの基本~実践的なテクニックを学ぶ

【初級〜中級】Illustrator(イラストレーター)でグラフィックデザインをしよう!!ロゴ・印刷物・WEB用素材
【初級〜中級】Illustrator(イラストレーター)でグラフィックデザインをしよう!!ロゴ・印刷物・WEB用素材

グラフィックデザイン・印刷の基礎知識を手に入れて、仕事に役立ててみませんか?

最新のAdobe XDを最短でマスター

【2020年最新版】Adobe XD 手を動かして覚えるUI/UXプロトタイピング。初級から高度テクニックまで全てを学ぶ
【2020年最新版】Adobe XD 手を動かして覚えるUI/UXプロトタイピング。初級から高度テクニックまで全てを学ぶ

機能の紹介や単なる操作方法の説明に終わらせず、実践的な作品制作をしながら機能の完全理解と応用力を育てることに重点を置いたXDマスター講座!

動画編集をマスターしよう!

業界最先端の動画制作テクニックを制覇!Adobe Premiere Pro 完全版
業界最先端の動画制作テクニックを制覇!Adobe Premiere Pro 完全版

動画制作をはじめたい方へ、短期間で仕事で応用できるほどのスキルアップ技をお届け。