photo
photo
  1. トップ
  2. Webデザイン
  3. WordPressのプラグイン機能とは?おすすめのプラグインや注意点を紹介!

WordPressのプラグイン機能とは?おすすめのプラグインや注意点を紹介!

WordPressにプラグインをインストールすることで、簡単に必要な機能を追加できます。

無料で多くのプラグインが公開されているため、専門的な知識がなくとも、本格的なホームページを作成することができます。

この記事では、プラグインとは何か、インストールや有効化の方法、おすすめのプラグインについて解説します。

そもそもWordPressのプラグイン機能とは?

プラグインとは、WordPressに機能を追加するための拡張ツールです。

WordPressの初期状態では、基本的な設計部分のみが実装されていますが、WordPressでホームページ制作・運営を進める中で、必要な機能を追加したり、拡張したりしたいという要望が出てきます。

WordPressのコードを見て、プログラミングにより機能を拡張することも可能ですが、そのためにはある程度の専門知識が必要になります。このとき、プラグインをインストールすることで、自分でプログラミングをしなくても、Webサイト制作に必要な機能を追加したり、サイトにオリジナリティを出したりすることができます。

WordPressのプラグインは、ほとんどが無料でダウンロード・使用できるように公開されており、インストールも簡単で、インストール後も自由に有効化・無効化できます。

プラグインのインストールや有効化・無効化・削除の手順については、後で詳しく解説します。

SEOもプラグインで対応可能

例えば、企業サイトや商品サイトに必須のお問い合わせフォームを作成する機能は、WordPress本体に入っていません。そこで、「Contact Form 7」というプラグインを追加することで、Webサイト内にお問い合わせフォームを設置することができます。

また、SEO対策を簡単に行うためのプラグインもあります。代表的なプラグインが、「All in One SEO Pack」です。Webサイト全体のSEO対策をまとめて行うことができ、サイト運営には必須のプラグインとされています。

 

WordPressのプラグインのインストールと設定方法

プラグインには、WordPress公式と非公式の2種類があります。それぞれのプラグインのインストール方法について解説します。

公式プラグインのインストール方法

WordPressの公式サイトに登録されているプラグインをインストールするときの方法です。公式プラグインはインストールが簡単なだけでなく、プラグインファイルがウィルスチェックされていて、安心してインストールすることができるのでおすすめです。

1:WordPressにログインします。

2:管理画面のサイドメニューから「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

新規追加画面

3:検索ボックスや「人気」「おすすめ」などのタブから、インストールしたいプラグインを探します。

プラグインを探す

気になるプラグインの「詳細情報」をクリックすると、プラグインの概要や対応するWordPressのバージョンなどを確認できます。

詳細情報をクリック

4:「今すぐインストール」をクリックすると、プラグインがインストールされます。

インストール後にすぐに使用したい場合は、インストール完了画面から「プラグインを有効化」を選択します。プラグインはインストールしただけでは、使用できません。使用するプラグインを選択して「有効化」をすることでプラグインが機能します。

プラグインを有効化

 

非公式プラグインのインストール方法

WordPressの公式サイトに登録されていないプラグインを追加するための方法は2つあります。プラグインファイルは、開発者が個人のサイトで配布・販売しているものが多く見られます。インストールはWordPressの管理画面から行うことができますが、ファイルの安全性を確認してから使用してください。

①ZIPファイルからインストール

1:Web上から、ZIPファイル形式のプラグインをダウンロードします。

2:WordPressにログインし、管理画面のサイドメニューから「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

プラグインより新規追加をクリック

3:「プラグインのアップロード」をクリックします。

プラグインのアップロード

4:「ファイルを選択」からダウンロードしたZIPファイルを選択します。

ZIPファイルを選択

5:「今すぐインストール」をクリックすると、プラグインがインストールされます。

いますぐインストール

6:インストール後にすぐに使用したい場合は、インストール完了画面から「プラグインを有効化」を選択します。

7:プラグインを有効化し、動作をチェックします。

②FTPソフトを使ってインストール

1:Web上から、ZIPファイル形式のプラグインをダウンロードし、解凍しておきます。

2:FTPソフトで解凍したプラグインをアップロードします。FTPソフトは、PC・サーバー間でファイルのアップロードやダウンロードをするときに使用するツールです。

3:WordPressにログインし、管理画面のサイドメニューから「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」を選択します。

インストール済みプラグイン

4:プラグイン一覧からインストールしたプラグインの下にある「有効化」をクリックして、動作をチェックします。

有効化をクリック

 

プラグインを停止(削除)する方法

最初は、プラグインの紹介を見ているといろいろ入れてみたくなりますが、プラグインをたくさん入れ過ぎるとプラグイン同士がコンフリクト(競合)して、動作が不安定になることがあります。不要になったプラグインは停止か、削除するようにしましょう。

1:WordPressにログインし、管理画面のサイドメニューから「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」を選択します。

プラグインを停止

2:プラグイン一覧から停止、削除したいプラグインの下にある「停止」または「削除」をクリックします。停止したプラグインは、再度有効化できますが、一度削除したプラグインは元に戻すことはできません。

停止or削除をクリック

プラグインは、定期的にアップデートされます。アップデートできるプラグインがあるときは、管理画面の「プラグイン」の欄にアップデートの必要があるプラグインの数字が表示されます。

アップデートの必要

プラグイン一覧から「更新」をクリックして、アップデートします。

更新をする

プラグインによっては、アップデートすると動作が不安定になることがあります。アップデートする前には、必ずバックアップを取るようにしましょう。

 

WordPress定番のプラグイン5選

SEO対策「All in One SEO Pack」

SEO対策の代表的なプラグイン「All in One SEO Pack」は、重要な設定をまとめて管理することができます。例えば、titleタグやmeta descriptionタグ、meta keywordタグをページごとに記述し、サイト内で重複しないように設定したり、内容が重複するページにはcanonicalタグで正規のページを指定することができます。また、低品質なページは検索エンジンにインデックスさせないように指定したり、GoogleアナリティクスやWebマスターツールのアクセス解析コードを設定することで、検索エンジンに表示される内容を最適化できます。

HTML「TinyMCE Advanced」

ページの編集にはHTMLのタグを使用します。「TinyMCE Advanced」というプラグインがあれば、ビジュアルエディタの機能を拡張してHTMLの知識がなくてもタグを挿入し、本文部分が美しく読みやすいWebサイトがつくれます。特に、タグを書くのが面倒な表組みや画像まわりの余白の設定が簡単にでき、ビジュアルエディタを利用している人にとっては、とても便利なプラグインです。

SEO対策「XML Sitemap(旧Google XML Sitemap)」

Google XML Sitemapは、自動でXMLサイトマップを作成してくれるプラグインです。

投稿ページや固定ページを作成・更新をすると、自動的にGoogleの検索エンジンに、作成したXMLサイトマップを通知してくれます。

ただし、All in One SEO Packなどの他のサイトマップ機能のあるプラグインと競合することがあるため、併用しないようご注意ください。

セキュリティ「SiteGuard WP Plugin」

SiteGuard WP Pluginは、セキュリティ強化につながりますので、他のセキュリティ対策プラグインを入れていない場合は、導入をおすすめします。

SiteGuard WP Pluginにより以下の機能を追加することができます。

  • ログインページの変更
  • ログインの際のエラーメッセージの詳細を無効化
  • ログインページ・コメント投稿に画像認証を追加
  • ログインの連続失敗による接続ロック機能
  • ログインをメールで通知
定番のプラグイン

バックアップ「BackWPup」

BackWPupは、WordPressのバックアップをしてくれるプラグインです。

バックアップスケジュールの設定もできるため、自動でバックアップをとることもできます。

 

入れておくと便利なプラグイン3選

エディタの仕様を変更できる「Classic Editor」

Classic EditorはWordPressの公式プラグインです。

最新のWordPressにおいてデフォルトで使用できるのは、ブロックエディタ(Gutenberg)と呼ばれるもので、「ブロック」を並べて固定ページや投稿ページを作成します。

ブロックエディタになる前は、文字などを入力する「Visual」画面とHTMLを表示する「Text」画面を切り替えて、ページを作成していました。しかし、仕様が大きく変わったため、旧来のエディタの方が使いやすいというユーザも多くいました。

Classic Editorをインストールすることで、旧来のエディタを使用することができるようになっています。

目次の挿入に便利な「Table of Contents Plus」

Tables of Contents Plusは、固定ページの見出しを元に、自動で目次を生成してくれるプラグインです。

ページ内の<h1>~<h6>のHTMLタグから目次を作成してくれるため、ブログや解説記事などで使用すると、非常に見やすくなります。

お問い合わせフォームの作成に便利な「Contact Form7」

Contact Form 7は、問い合わせフォームの設置をするためのプラグインです。

訪問者の名前やメールアドレス、問い合わせ内容、電話番号など様々な項目を設定することができます。

フォームの作成もプラグインで

 

WordPressにプラグインを入れるうえでの3つの注意点

注意点①:セキュリティ

よく使われる機能を追加するプラグインであれば、公式で用意されているものも多く、セキュリティチェックもされているため、一定以上の安全性が担保されています。

一方、公式サイトに登録されていないプラグインは、便利なものも多いですが、セキュリティ面での不安が残ります。

プラグインの利用者数や更新頻度を下調べし、安全性を確認してから、使用するようにしましょう。

注意点②:アップデート

プラグインは定期的にアップデートされます。

プラグインの管理画面から、それぞれのプラグインを更新することができますが、サイトの内容自体を更新することに手一杯となり、プラグインやWordPressの更新を怠るケースが多くみられます。

古いWordPressやプラグインを使用し続けると、不具合が起こりやすくなったり、セキュリティが脆弱になったりしますので、出来るだけ更新をするようにしましょう。

ただし、更新によりサイトに不具合がでる場合もありますので、更新前にバックアップを取ることを忘れないようにしましょう。

注意点③:プラグインを入れすぎない

プラグインを大量にインストールすると、サイトの挙動が重くなったり、エラーが出やすくなったりする場合があります。

また、アップデートも手間になりますので、不必要なプラグインはインストールしないようにしましょう。

機能を拡張する中で、様々なプラグインを試しにインストールすることもありますが、不要になったプラグインは削除しましょう。

 

ここまで、WordPressのプラグインについて解説しました。

プラグインを利用すると、本格的なホームページを簡単に作ることができます。

様々なプラグインが無料で公開されているので、セキュリティなど十分に注意したうえで、必要なプラグインを探して使用しましょう。

 

WEBデザイン学習者が学ぶべきスキルセット

Webデザイナーを目指すなら

Webデザイナーのキャリアを未経験からスタートするためのオールインワン講座
Webデザインに挑戦したい人が一気通貫して学べる総合学習コースです。

イラレの基本~実践的なテクニックを学ぶ

【初級〜中級】Illustrator(イラストレーター)でグラフィックデザインをしよう!!ロゴ・印刷物・WEB用素材
グラフィックデザイン・印刷の基礎知識を手に入れて、仕事に役立ててみませんか?

最新のAdobe XDを最短でマスター

【2020年最新版】Adobe XD 手を動かして覚えるUI/UXプロトタイピング。初級から高度テクニックまで全てを学ぶ
実践的な作品制作をしながら、機能の完全理解と応用力を育てることに重点を置いたXDマスター講座!

動画編集をマスターしよう!

業界最先端の動画制作テクニックを制覇!Adobe Premiere Pro 完全版
動画制作をはじめたい方へ、短期間で仕事で応用できるほどのスキルアップ技をお届け。