MyBatis(マイバティス)とは?その特徴や機能、インストール方法などを詳しく解説!

MyBatis(マイバティス)とは?その特徴や機能、インストール方法などを詳しく解説!

Javaとデータベースを紐付ける機能を持つJavaのフレームワークMyBatis(マイバティス)ですが、

・MyBatisがどのような役割を果たすのか分からない…。
・MyBatisを使う開発規模が分からない…。

と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこでこの記事では、

・MyBatisの特徴や機能
・MyBatis Generatorのインストール方法
・どのような開発に適しているのか

についてご紹介します。

MyBatis(マイバティス)とは?

MyBatisとは、WebアプリケーションやWebシステムなどの開発の現場でよく使われるJavaのフレームワークです。しかし、初心者の方々にとって、どのようなツールであるのかわからない方も多いでしょう。ここでは、MyBatisの概要をわかりやすく説明します。

MyBatisはJavaのフレームワークのひとつ

MyBatisは、Javaを使用してデータベース操作を行うフレームワークの名称です。Javaで書かれたアプリケーションとリレーショナルデータベース(RDB)との間のデータのやり取りの手間を少なくする、O/Rマッパーと呼ばれるツールに分類されます。

\文字より動画で学びたいあなたへ/

Udemyで講座を探す >

O/Rマッパーとは?

Javaのオブジェクト(データと処理のまとまり)とリレーショナルデータベース(RDB)の情報を結びつけることをO/Rマッピングと言います。O/Rマッパーとは、情報を結びつけるための機能またはソフトウェアの総称です。通常、データベースから情報を取得するには、複数の手順が必要になります。一方でO/Rマッパーを使用するとこれらの手順が省け、データベースへのアクセスが容易になります。

他のO/Rマッパーとの違い

O/Rマッパーという技術は、通常、データベースのテーブル(データの格納領域)とJavaのオブジェクトをつなげて扱うものです。この方法だと、Javaでデータベースのテーブルと同じ形のオブジェクトを作れば、データの取り扱いがシンプルになります。MyBatisはテーブルを使わず、SQLの実行結果に基づいてオブジェクトとの結びつけを行います。

MyBatis以外のO/Rマッパーとしては、HibernateやDoma2などがあります。これらのO/Rマッパーとの比較は、以下のようになります。

O/R マッパーとの比較   
MyBatis Hibernate Doma2
SQLの外部ファイル 対応 非対応 対応
マッピング SQLの実行結果 テーブルSQLの実行結果
動的SQL 対応 自動生成 対応
SQL 手動作成 自動生成 自動生成

 

MyBatisの特徴

O/RマッパーであるMyBatisには、さまざまな特徴やメリットがあります。ここでは、MyBatisの特徴について詳しく解説していきます。

開発効率が良い

MyBatisの導入により、データベース操作の複雑さが軽減され、Javaでの実装が効率的に行えます。データベースへの接続関連のコードを大幅に省くことができるため、データベースを頻繁に利用するシステムでは、MyBatisの効果を大いに実感できます。結果として、開発の生産性が向上します。

習得しやすい

MyBatisは機能的にはシンプルで学びやすく、データベースの基礎知識があれば利用可能です。XMLを用いた設定方法を理解すれば、SQLでコードを書くだけでデータベースにアクセスできます。

プラグインが豊富

EclipseやIntelliJといった総合開発環境には、MyBatis用のプラグインが豊富にあります。これらのプラグインを使うことで、アプリケーションの開発速度が向上します。

コスト削減効果

MyBatisはオープンソースとして提供されているので、ライセンスの費用がかかりません。これにより、商用ソフトウェアと比較してコストを低減できます。

大規模な開発に向いている

MyBatisは大規模な開発に向いているフレームワークです。大規模な開発のデータベースでは「正規化」という手法を用いて情報の重複を防ぎます。この正規化は、データ検索時に複数のテーブルの結合が必要となります。テーブルを用いるO/Rマッパーの場合、この結合のためのコードが複雑になってしまいます。

その一方で、MyBatisはテーブル結合を踏まえたSQLを用意するだけで済みます。この効率性が、MyBatisが大規模な開発に向いている理由といえます。

MyBatisの機能

さまざまな開発の現場で採用されているMyBatisには、さまざまな機能があります。ここでは、MyBatisの機能について解説します。

データマッピング機能

XMLにSQLを記述することで、Javaオブジェクトへのマッピングを自動で行います。データマッピング機能は、MyBatisのメイン機能といえます。

DBスキーママイグレーション機能

実際の開発現場では、開発の過程でデータベースのテーブル設計が変わるケースがあります。MyBatisのマイグレーション機能は、自動的にデータベースの変更を行う機能です。

コードジェネレータ機能

MyBatisの公式ツールであるMyBatis Generatorを活用すると、テーブルの情報をもとにJavaのコードを自動的に作成できます。

さまざまなフレームワークとの連携

MyBatisは、Spring FrameworkやGoogle Guiceなどの多様なJavaフレームワークと連携して使用することができます。

キャッシュ機能

キャッシュ機能を利用することで、同一の検索結果が要求された際には、SQLを実行することなくキャッシュ内のデータを取得可能です。

ロギング機能

ロギング機能を利用すると、データベースアクセスの他、実行されたSQLや使用されたパラメータもログに記録できます。

MyBatis Generatorのインストール

MyBatis Generatorは、MyBatisの公式ツールとして、MyBatisに必要な各ファイルを自動的に作成する機能を持っています。ここでは、MyBatis Generatorのインストールなどについて詳しく解説します。

MyBatis Generatorとは

MyBatis Generatorは、データベースのテーブル情報から基本的なSQL操作ファイルを自動で生成できます。MyBatisではSQLを手書きすることが基本ですが、多数のXMLやJavaBeanファイルを手動で作成するとミスが生じやすくなります。特にテーブルやカラムが多い場合は、MyBatis Generatorの使用することで効率が大幅に向上し、ミスも減少します。

MyBatis Generatorのインストール方法

MyBatis Generatorのインストール方法は、以下の手順になります。

なお、MyBatis Generatorをインストールするためには、Javaと統合開発環境であるSTS(Spring Tool Suite)が既にインストールされている必要があります。

STSを開き、「ヘルプ」から「Eclipse マーケットプレース」をクリックします。

マーケットプレースの画面にある検索ウィンドウに「MyBatis Generator」と入力し、「Go」をクリックします。

「MyBatis Generator」の「インストール」をクリックします。

ライセンスの確認画面が表示され、画面下部の同意を選択して完了をクリックします。

再起動後、インストールは完了となります。

MyBatis Generatorのインストール確認方法

MyBatis Generatorが正しくインストールされているかを確認するには、以下の方法があります。

パッケージ・エクスプローラーの画面内で右クリックを行い、「新規」から「その他」を選びます。

「ウィザードを選択」の画面から「MyBatis」を選択します。ここで「MyBatis構成ファイル」または「MyBatis Generator Configuration File」が表示されていれば、インストールは正常に行われています。

まとめ

この記事では、MyBatisに興味がある方に向けて、MyBatisの特徴や機能、MyBatisの公式ツールMyBatis Generatorのインストール方法などについて解説しました。MyBatisは、Javaを使用してデータベース操作を行うフレームワークです。MyBatisを活用することで、WebアプリケーションやWebシステムなどの開発の効率が向上します。MyBatisに興味がある方は、この記事を参考にMyBatisを導入してみてはいかがでしょうか。

MyBatisについてより詳しく知りたい方には、下記の講座がおすすめです。

Udemyおすすめ講座

MyBatis超入門講座!新入社員研修向け!必要最低限の知識をサクッと学ぶ!未経験者必見!仕事で必要になったあなたにも!

MyBatis超入門講座!新入社員研修向け!必要最低限の知識をサクッと学ぶ!未経験者必見!仕事で必要になったあなたにも!

4.4(18 件の評価)

155 人の受験生

作成者: 企業研修・MS-Office/オンラインスクールプログラミング講師 K.Sonoda / 大手企業の研修テキストやプログラミングスクールのテキストも執筆しました!(MicrosoftOffice、HTML、CSS、Java、Springboot、データベース関連)

オブジェクトとリレーショナルデータベースの紐づけを行うフレームワークMyBatisの入門編!DBはPostgreSQLを使用!短時間でサクッと学ぼう!私のSpringMVC講座とセットで受講する事でその威力を最大限に発揮!在宅の第一歩!

\無料でプレビューをチェック!/

講座を見てみる

レビューの一部をご紹介

評価:★★★★★
練習問題が沢山あったのでMyBatisを学ぶ入り口には時間とボリュームが丁度良い講義だった。

MyBatisを活用して、システム開発の効率化を目指しましょう!