1. トップ
  2. システム開発
  3. Go言語(golang)とは?人気が高まっている理由を言語の特徴を踏まえて解説!

Go言語(golang)とは?人気が高まっている理由を言語の特徴を踏まえて解説!

プログラミング言語はメジャーなものからマイナーなものまで含めると200種類以上も存在しています。そんななかで、近年急激に人気が高まっているプログラミング言語がGo言語(golang)です。Go言語はプログラミング別収入ランキングで2018年に1位を取り、その後も上位に存在し続けるほど人気が高い言語となっています。(データはビズリーチの調査結果)そんなGo言語について詳しく知りたいという方は多いのではないでしょうか。

この記事では、Go言語の概要や活用事例と併せて、Go言語の特徴やメリット・デメリット、将来性、初心者におすすめできる言語なのか、などについて解説します。

Go言語(golang)とは?

Go言語は2009年にGoogleがリリースしたオープンソースのプログラミング言語です。Go言語の公式サイトの説明を引用して日本語に訳すと「シンプルで信頼性の高い効率的なソフトウェアを構築できる言語」として紹介されています。

Go言語はC言語やJavaなどと同じく、静的型付け言語でありながら、PythonやJavaScriptなどの動的型付け言語のような特徴を持ちます。静的型付け言語は、変数や関数などを扱う際にコーディング時点で「型」を決めて利用するものであり、動的型付け言語はプログラムの実行時に自動的に「型」を当てはめて利用するものです。

静的型付け言語は、実行前にバグやエラーの発見ができ、メモリ領域の最適化が行えるなどのメリットがあります。対して、動的型付け言語は比較的簡単にコードが記述できる点などがメリットであり、Go言語はシンプルでありながら、信頼性の高い効率的なプログラミングを実現する言語となっています。

なお、Goだけでは識別しづらいため「golang」や「Go言語」と表記されることが多い言語です。

Go言語(golang)を使ってできることは?活用事例も紹介

Go言語を利用するとさまざまな開発が可能です。プログラミング言語には言語ごとに得意・不得意とする開発のジャンルが存在しますが、Go言語は幅広い開発に対応できます。今回はその一例としていくつかの活用事例と併せてみていきましょう。

  • Webサービス、Webサーバーの構築

Go言語は、ユーザーのパソコンやスマートフォン上の操作に対応するような、さまざまな処理(動画再生やデータの保存など)をサーバー上で行うためのプログラミング言語として使用されます。Webサーバー自体の立ち上げも可能であり、活用事例としてはYouTubeのサーバーもGo言語によって構築されています。

  • アプリケーションの開発

Go言語はマルチプラットフォームに対応しており、Windows/MacOS X/Linux/Android/iOSなどの幅広いOSに対応しています。そのため、Webアプリケーションだけでなく、スマートフォンで動作するアプリの開発も可能です。フリマアプリの「メルカリ」でもGo言語が一部使用されています。

  • ドローンやロボットなどのIoT

Go言語のフレームワークでもある「Gobot」を使用することで、ドローンやロボットなどの高度な組込みシステムの開発も可能です。Gobotにはネットワーク上のデバイスや複数のデバイス間で相互に通信できる機能があり、外出先からデバイスを操作したりセンサーが反応したときに他のデバイスと機能を連動させたりできます。

一般的にWebサービス・スマホアプリ・組込みシステムといったジャンルの開発は、それぞれに得意とするプログラミング言語が存在するものです。例えば、Webサービス開発ならPHP、スマホアプリならSwift、組込みシステムならC言語などと使い分けられますが、Go言語はあらゆる開発が可能な、汎用的なプログラミング言語となっています。

Go言語golang スマートフォン

 

Go言語(golang)の特徴とは?他の言語と何が違うの?

ここでは、Go言語の特徴や他の言語との違いを説明するために、メリット・デメリットについて紹介します。

Go言語(golang)のメリット

おもなメリットとして考えられるのは、以下の4点です。

  • 文法がシンプルである
  • 高速な処理が可能
  • 並列処理が得意
  • メモリの安全性が高い

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

・文法がシンプルである

Go言語は他の言語に比べて、機能を削ぎ落とすことでシンプルなコード記述を実現し、可読性が高い点がメリットであり、特徴となっています。例えば、繰り返し処理を行う命令文はfor文しか用意されておらず、他の言語で使用できるwhile文やdo while文は使用できません。for文しか使えないからこそ、コードの統一感が簡単に実現できるのです。

加えて、変数宣言においては同じ静的型付け言語のC言語などとは異なり、毎回型を指定する必要がなく、型が明らかな場合には省略できます。この点がGo言語は静的型付け言語でありながら動的型付け言語のように利用できる所以です。

ここでGo言語の変数宣言のコード例を見てみましょう。

Go言語では通常は「int」「string」といった型の宣言が必要になりますが、「:=」を使うことで宣言を省略して代入できます。静的型付け言語よりも柔軟で動的型付け言語よりも堅牢でありながら、シンプルさを実現できています。

・高速な処理が可能

Go言語は静的型付け言語のため、人間が書いたコードを機械語にコンパイルする必要があります。このようなコンパイラ型言語は、PHPPythonなどのインタプリタ型言語と比べると高速な処理が可能です。加えて、同じコンパイラ型言語であるJavaなどではコンパイルが2段階必要となりますが、Go言語は直接機械語にコンパイルできるため、より処理が早く、メモリの消費も抑えることができます。

・並列処理が得意

Go言語は言語レベルで並列処理が備わっており、これも高速処理を実現する要因となっています。並列処理は複数のCPUを効率良く使うことで処理速度を向上させる機能です。Go言語を使用することで、仕事を細分化して複数のCPUで効率的に処理を行う、並列処理が比較的容易に実装できます。

・メモリの安全性が高い

Go言語はメモリの安全性も考慮された言語です。例えば、C言語ではポインタが指すアドレスに存在する値同士を演算するという「ポインタ演算」が可能ですが、格納されている値の方が異なる場合(数字と文字を足し算してしまうなど)に意図しない結果がメモリに格納されてしまい危険です。ポインタ演算を正しく理解していないと、サイバー攻撃にも利用されかねませんが、Go言語にはポインタ演算がなく、メモリの安全性が考慮されています。

Go言語(golang)のデメリット

さまざまなメリットが存在するGo言語ですが、反対にデメリットも存在します。デメリットとしてはシンプルさを追求した言語であるため、拡張性に欠けていたり、他の言語でできることができなかったりする点が挙げられるでしょう。

例えば、他の言語でできる以下のようなことがGo言語ではできません。

  • 「継承」ができない
  • 3項演算子がない
  • genericsがない
  • 例外処理ができない

これらはGo言語が安全性やコードの可読性を考慮してシンプルに設計するために削ぎ落とされた機能の一部と言えるでしょう。

加えて、これからGo言語を学ぶ上でのデメリットとして「求人数が少ないこと」が挙げられます。人気が上昇している言語ですが、まだ求人数に関してはJavaJavaScriptPHPPythonなどに比べると半分以下と少ない現状です。

 

Go言語(golang)は初心者におすすめ?

ここまでGo言語について解説してきましたが、結論から言えばGo言語は初心者におすすめできるプログラミング言語です。静的型付け言語であるため型の宣言やコンパイルが面倒くさいという一面はありますが、文法がシンプルであり、あらゆるOSでプログラムが動く点などから初心者にはおすすめできます。

Go言語 golang 入門編

また、Go言語の特徴や活用事例を踏まえると、サーバーサイドのエンジニアを志望する人や将来的に大規模な開発に携わりたい人に向いている言語と言えるでしょう。

「とにかく気軽にプログラミングに触れてみたい」という人には、環境構築やコンパイルの必要がないJavaScriptもおすすめです。JavaScriptについてはこちらの記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

JavaScriptとは?初心者向けプログラミング体験もできる!

 

Go言語(golang)の将来性は?今から学ぶべき?

Go言語は2009年にリリースされており、プログラミング言語としては比較的最近開発された言語です。しかし、急激に需要が増えており、エンジニアが不足している状況にあります。加えて、2020年にエンジニアが学びたい言語の1位にもなっています。現時点での求人数は他の言語に比べると多くありませんが、日々求人は増え続けています。

最新の求人数を知りたい場合はエンジニア向けの求人サイト等で確認できます。

Go言語は、近年注目の集まるクラウドやコンテナ技術、マイクロサービスなどの最新IT技術と親和性が高く、将来性のある言語です。今から学ぶ価値は大いにあると言え、これから学ぶのであればオンライン学習サイトの活用も検討することをおすすめします。

プログラミングのオンライン学習については以下の記事で詳しく解説しています。プログラミングのオンライン学習におけるメリットや注意点、初心者におすすめのオンライン講座などを解説していますので、こちらもぜひご覧ください。

プログラミングを学ぶならオンライン学習が最適!おすすめ講座15選

 

Go言語(golang)まとめ

Go言語は2009年にGoogleがリリースしたオープンソースのプログラミング言語であり、近年人気が高まっています。Webサービス・アプリケーション、スマホアプリ、組込みシステム開発などのさまざまな開発が実現でき、初心者でも学びやすいプログラミング言語です。

Go言語の公式サイトでも「シンプルで信頼性の高い効率的なソフトウェアを構築できる言語」として紹介されており、これからプログラミング言語を学びたい人におすすめの言語となっています。

サーバーサイドのエンジニアを志望する人や、将来的に大規模な開発に携わりたい人向きの言語であり、クラウドやコンテナ技術などの最新IT技術とも親和性が高く将来性もあります。

近年ではオンラインでも学習できる環境が整っているため、興味のある方はぜひGo言語を学んでみてはいかがでしょうか。

 

エンジニアに役立つ目的別講座

Pythonの基本~応用をマスター

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル
現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython入門講座。Python3の基本を取得できます。

Webサイトのコーディングができるように

ウェブ開発入門完全攻略コース - プログラミング をはじめて学び創れる人へ!未経験から現場で使える開発スキルを習得!
ウェブ開発入門完全攻略コース - プログラミング をはじめて学び創れる人へ!未経験から現場で使える開発スキルを習得!

HTML, CSS, Bootstrap, JavaScript, MySQL, Ruby, Ruby on Rails, AWS Cloud9, Git, GitHubを用いたWebアプリケーション開発の方法を総合的に学べます。

AWSを基礎から学ぶ

これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)
これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)

AWSの基本資格「AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験」を合格を目指し、そのための知識や経験を獲得できるように!

ITプロジェクトの資料作成はお任せ!

手を動かして学ぶITプロジェクトの資料作成!システム開発のドキュメンテーション技術と成果物テンプレート
手を動かして学ぶITプロジェクトの資料作成!システム開発のドキュメンテーション技術と成果物テンプレート

ITプロジェクトの資料作成を学べる人気講座。フェーズ毎に、どんな資料を作ればいいのか悩んでいる人におすすめ。