1. トップ
  2. システム開発
  3. Rails APIとは?APIの作成手順や注意点を解説!

Rails APIとは?APIの作成手順や注意点を解説!

Rubyで記述されたフレームワークである Ruby on Rails。 Ruby on Rails にはAPIモードがあり、APIを開発するために必要な様々な機能が用意されています。

この記事では、Rails APIがどういうものなのか、Ruby on Railsの特徴を含めて解説します。また、Rails APIモードの利用方法についても紹介しますので、参考にしてみてください。

Rails APIとは?

RailsにはAPIを開発するための「Rails API」モードがあります。Rails APIについて説明する前に、「Rails」と「API」がそれぞれどんなものなのか紹介します。

Railsとは、Ruby on Railsの略称で、RoRとも呼ばれます。Ruby on Railsは、WebアプリケーションやWebサービス開発のためのフレームワークであり、プログラミング言語Rubyで記述されています。Ruby on Railsの特徴については、のちほど詳しく解説します。

APIは、アプリケーションプログラミングインターフェース(Application Programming Interface)の頭文字をとったものです。APIとは、OSやアプリケーションなどが、他のアプリケーションに対して、 自身が管理しているサービスを利用できるようにするためのインターフェースです。

例えばWindowsは、Windows上で動作するアプリケーションのために、ファイル管理やメモリ管理、ウィンドウ管理などのAPIを公開しています。また、iOSやAndroidのアプリケーションを開発する場合は、データの共有や保存をするためのAPIを利用します。

システム提供者が公式的な外部仕様を定義しておくことで、APIに則って開発されたアプリケーションの動作は、外部仕様の変更がない限り保証されます。
逆にAPIに則って開発されていないアプリケーションは、バグの修正やアップデートなど、内部仕様の変更により動作をしなくなる場合があります。

既に開発されたAPIがない場合はAPIも自作する必要があります。Webサーバとの通信においては、Webサーバ側で用意している関数(インターフェース)をHTTP通信で利用します。

Web APIについては「Web開発に役立つAPI連携とは?利用するメリットや実装手順を紹介」に詳しくまとめましたので、合わせてご覧ください。

アプリケーションの開発

RailsにはAPIの開発をするための「APIモード」があり、API開発のための様々な機能が存在します。

また、Ruby on Railは、日本の開発現場や研究室でも、広く利用されているフレームワークです。そのため、日本語で書かれたウェブサイトや書籍も多く、学習しやすいというメリットもあります。

Ruby on Railsの特徴

Ruby on Railsは、Rubyで記述されたオープンソースのフレームワークです。Rubyは、日本人が開発したプログラミング言語としては初めて、IECによる国際規格に承認された言語です。Ruby、Ruby on Railsともに、日本を含めた世界中の地域で人気が高く、日本語の資料が豊富です。

Ruby on Railsは、他のフレームワークよりも簡潔に記述できるように設計されており、少ないコードで記述できます。また、Ruby on RailsはMVCアーキテクチャにより構成されています。

MVC(Model-View-Controller)とは、プログラムをModel、View、Controllerの3要素に分割し、ソフトウェア内部データをユーザから分離することで、ソフトウェアの保守性を向上させる考え方です。

また、MVCアーキテクチャは、機能ごとの独立性が高いため、複数人の開発でも分業しやすく、開発生産性も高いのが特徴です。

MVC説明
  • Model
    Controllerからのメッセージを受け取り、アプリケーションが扱うデータとその手続きに関しての処理を行います。データが変更された場合、Viewに表示の変更を指示します。Ruby on Railsでは、Active RecordによりModelを扱います。
  • View
    データをユーザが見やすいように提供します。Modelからの指示を受け、データの変更などをUIに反映します。
  • Controller
    ユーザからの入力をModelに引き渡します。ユーザはModelの内部データを直接変更するのではなく、Controllerを通じてModelに伝えます。これにより、ソフトウェアの保守性が向上します。Ruby on RailsではApplicationControllerクラスを利用します。

Ruby on Railsについては詳しく知りたい方は「Ruby on Railsとは?初心者でもRubyとの違いや特徴がわかる!」を合わせてご覧ください。

 

Rails APIの作成手順

ここからは、Ruby on RailのAPIプロジェクト作成の方法をご紹介します。

APIモードでRailsプロジェクトを作成

APIモードでRailsプロジェクトを作成します。

rails newの際に「–api」オプションを付与することで、AIPモードでRailsプロジェクトを作成できます。「project_name」の部分には、作成するAPIに応じたプロジェクト名を設定しましょう。

APIモードを使用することで、ViewやUIに関連するライブラリがインストールされません。また、Viewに関するファイルやGemも生成されません。

モデルとコントローラを作成

次にモデルとコントローラを作成します。MVCアーキテクチャで解説したとおり、モデルはデータを扱うため、データベースとやりとりを行います。そのため、モデルの作成は、それに対応するデータベーステーブルを合わせて作っておきます。RubyからSQLを操作するためにはマイグレーション機能をしようします。

そのためにマイグレーションファイルを作成します。

続いて、モデルとテーブルを作成します。

データベースに変更を反映するために下記のコマンドを実行します。

コントローラを生成するには下記のコマンドを実行します。

[ ]には、それぞれの状況に応じて、適切な名前を命名します。クラス名、モデル名は小文字はじまりの単数形で、テーブル名は小文字はじまりの複数形、コントローラ名はスネークケースの複数形で命名するのが一般的です。

jsonを確認

以下のコマンドで、一度マイグレーションを行ってから、railsのローカルサーバを立ち上げます。

http://localhost:3000/[model_name]

上記URLでローカルサーバに接続できます。

[model_name]の部分には、先に作成したモデル名を入力します。最初はデータが入っていないため、ローカルサーバには空の配列が表示されます。サーバにデータを追加して、内容を更新し、再度マイグレーションした後にもう一度ローカルサーバにアクセスします。入力したデータが追加されていれば、APIが正常に動作していることが確認できます。

Ruby on Railsとは?

 

Rails APIの作成における注意点

APIはソフトウェアが他のソフトウェアのサービスを利用するための、つまりソフトウェア同士の連携を行うためのインターフェースです。そのためバグが発生した場合、バグの原因箇所がAPIにあるのか、連携先のソフトウェアにあるのかがわからず、デバッグが難しくなります。

機能を追加する際には、特にバグが発生しやすいため注意が必要です。また、APIは運用を開始すると、仕様の変更が難しいため、通常のアプリケーション以上に設計を慎重に行う必要があります。拡張性などを考慮して、しっかり設計をしましょう。

設計の際には、どの機能が、どのようなデータ入力に対して、返すデータがどのようなものになるかを、詳細まで決めておく必要があります。

 

ここまで、Rails APIモードについて解説しました。Ruby on RailsはMVCアーキテクチャが特徴のフレームワークで、APIモードを利用することでView関連のファイルの作成を省くことができます。

APIモードではAPIの作成に便利な機能が充実しており、使い方を知っておくと、開発の効率を高めることができます。是非、Rails APIモードの使い方を知って、開発に役立てて下さい。

 

エンジニアに役立つ目的別講座

Pythonの基本~応用をマスター

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル
現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython入門講座。Python3の基本を取得できます。

Webサイトのコーディングができるように

ウェブ開発入門完全攻略コース - プログラミング をはじめて学び創れる人へ!未経験から現場で使える開発スキルを習得!
ウェブ開発入門完全攻略コース - プログラミング をはじめて学び創れる人へ!未経験から現場で使える開発スキルを習得!

HTML, CSS, Bootstrap, JavaScript, MySQL, Ruby, Ruby on Rails, AWS Cloud9, Git, GitHubを用いたWebアプリケーション開発の方法を総合的に学べます。

AWSを基礎から学ぶ

これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)
これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)

AWSの基本資格「AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験」を合格を目指し、そのための知識や経験を獲得できるように!

ITプロジェクトの資料作成はお任せ!

手を動かして学ぶITプロジェクトの資料作成!システム開発のドキュメンテーション技術と成果物テンプレート
手を動かして学ぶITプロジェクトの資料作成!システム開発のドキュメンテーション技術と成果物テンプレート

ITプロジェクトの資料作成を学べる人気講座。フェーズ毎に、どんな資料を作ればいいのか悩んでいる人におすすめ。