【スマホアプリ開発の手順とは?】プログラミング初心者がiOS・Androidアプリを開発するために必要なこと

日常生活でスマホアプリを利用する機会は多くあります。スマホアプリを使っているうちに、いつかは自分でもスマホアプリを作ってみたいと考える方も少なくありません。しかし、スマホアプリ開発をやったことがない初心者としては、

・スマホアプリ開発では何が必要なのか?
・どのような言語を学習したらいいのか?
・スマホアプリ開発の学習方法は?

といった疑問を抱く方も多くいます。

この記事では、プログラミング初心者の方がスマホアプリ開発の基本をマスターする方法を詳しく紹介します。

これからアプリ開発をはじめようとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

スマホアプリ開発に注目が集まる理由

近年、多くの人々が自分自身でアプリを作成することに興味を持っています。スマホアプリ開発に注目が集まる理由は、以下のようなことが考えられます。

  • スマホアプリ市場の拡大
  • スマホアプリ開発に関わる人材の不足
  • 将来性が高い
  • 副業でも高収入を狙える

スマホアプリ市場は拡大の一途ですが、スマホアプリを開発できる人材は不足しています。そのため、スマホアプリ開発のスキルを身につけて転職を目指す方も少なくはありません。

また、副業でスマホアプリ開発をして、高収入を目指す方もいます。副業としてアプリ開発を始めることで、収入を増やすだけでなく、スキルを磨くことができます。また、場所を選ばずに作業ができ、成功すれば独立も視野に入れらるのがメリットです。

\文字より動画で学びたいあなたへ/

Udemyで講座を探す >

スマホアプリ開発に必要なもの

スマホアプリを開発するには、どのようなものが必要でしょうか。スマホアプリ開発に必要なものとしては、パソコン・開発ツール・プログラミング言語(スキル)・アプリ申請費用の4つです。

パソコン

パソコンはスマホアプリ開発において、不可欠なツールです。使用するパソコンの種類により、利用可能なソフトウェアや実行可能なタスクが異なります。したがって、パソコンを選ぶ際には、開発の目的を明確にすることが重要です。具体的には、WindowsMacかという選択が大きく影響します。例えば、iOSアプリを開発する場合、Macが必須となります。

以下のスペックのパソコンであれば、スマホアプリ開発は問題なく行えるでしょう。

CPU

Core i5 以上

メモリ

8GB 以上

ストレージ

256GB 以上 (SSD)

 

開発ツール

スマホアプリを作成するためには、適切な開発ツールが必要です。これらのツールは、iOS向け、Android向け、または両方のプラットフォーム向けといった用途によって変わります。以下に、その代表的なツールを挙げます。

アプリの種類

開発環境

iOSアプリ

Xcode

Androidアプリ

AndroidStudio

iOSAndroid両方に対応したアプリ

React NativeFlutter

 

プログラミング言語

スマホアプリ開発に使われるプログラミング言語は、スマホのOSによって異なります。以下に、スマホアプリ開発で使用される代表的なプログラミング言語を表にしてまとめてみました。

OS

プログラミング言語

Android

Java(ジャバ)

Kotlin(コトリン)

C#(シーシャープ)

Dart(ダート)

iOS

Swift(スウィフト)

Objective-C(オブジェクティブシー)

 

アプリ申請費用

アプリをApp StoreGoogle Play ストアで公開するためには、開発者としての登録が必要となります。それぞれの費用は、以下のようになります。

App Storeで公開する場合

Apple Developer Programへの登録費用:年間99米ドル (2023年7月時点)

Google Play ストアで公開する場合

GooglePlay Consoleアカウントへの登録費用:初回登録費用のみ25米ドル (2023年7月時点)

 

スマホアプリ開発の学習方法

スマホアプリ開発の学習方法としては、書籍、スクール、またはUdemyなどがおすすめです。ここでは、これらの学習方法について解説します。

書籍

書籍で学ぶのは、自分で勉強する方法の中でも一番基本的なやり方です。書籍はスマホアプリ開発に必要な知識がきちんと整理されて書かれています。また、何冊か書籍を持っていれば、後で参考にすることも可能です。その反面、書籍によっては説明が難しくて、実際にやってみるとつまずくこともあります。

プログラミングスクール

プログラミングスクールはスマホアプリ開発を学習する有効な方法のひとつです。プログラミングスクールであれば経験豊富な講師から直接学び、疑問点を即座に解消できます。また、学習仲間との競争もモチベーションを保つ助けとなります。ただし、費用が高いことや固定のレッスン時間、通学の必要性などのデメリットも考慮する必要があります。

Udemy

ここでおすすめなのが、Udemyで実践的に学習することです。Udemyを使ったスマホアプリ開発の学習は、以下のようなメリットがあります。

  • 自分が学びたい講座を購入して、好きなタイミングで学習できる
  • 学びたいジャンルのプロフェッショナルが講師なので、必要なポイントに絞って効率的に学べる
  • 実際に操作している画面を見ながら学習できるため、操作のつまずきがない

 

【開発ツール別】Udemyおすすめ講座紹介

ここでは、スマホアプリの開発ツール別におすすめのUdemy講座を紹介します。今回紹介するUdemyの講座では、スマホアプリを開発する方法を動画で詳しく解説しています。動画を見ながら実際に手を動かして学ぶことで、プログラミング初心者でもスマホアプリを開発できるスキルが身につきます。

XcodeiOSアプリ開発)で開発するならこの講座

Udemyおすすめ講座

みんなのiOS講座 ゼロからSwiftで学ぶiPhoneアプリ開発の基礎

みんなのiOS講座 ゼロからSwiftで学ぶiPhoneアプリ開発の基礎

4.3(970 件の評価)

6,868 人の受験生

作成者: 我妻 幸長 Yukinaga Azuma(人工知能(AI) / 生成AI / ディープラーニング / 機械学習)
Tateshi Yaeo(Flutter, Firebase)

【Swift4、iOS11対応】人気講師によるiOSアプリ開発講座がついに登場しました。基礎から少しずつ丁寧に解説をするため、プログラミング初心者にもおすすめです。AI、ARアプリの開発も行います。あなたの想像力を形にする術を学びましょう。

\無料でプレビューをチェック!/

講座を見てみる

この講座は、演算子を当てるクイズを出題する算数アプリを作成して、Swiftを用いたiOSアプリ開発を基礎から学習できます。また、iOSアプリ開発に必要な、Xcodeの使い方もわかりやすく解説しています。

Xcodeのインストール方法から解説をしているため、戸惑いがちな環境構築も安心です。わからないことがあっても、何度でも繰り返して見て確認できます。

実際に講座内容と同じプログラミングコードを入力しながら課題のアプリを制作していきます。初心者でもコードを自分で入力することで、アプリ制作体験が気軽にできることもメリットです。

 

AndroidStudioAndroidアプリ開発)で開発するならこの講座

Udemyおすすめ講座

2024年版【ゼロからスマホでAndroidアプリを動かす】楽々と開発環境構築してJavaによるスマホアプリ開発の実演習

2024年版【ゼロからスマホでAndroidアプリを動かす】楽々と開発環境構築してJavaによるスマホアプリ開発の実演習

3.8(530 件の評価)

3,182 人の受験生

作成者: サーチマン 佐藤(IT技術者。Java、Oracle、Android、PHP、Linux等。また、読者2万人超のメルマガを発行中。)

Androidアプリ開発は、Javaベテラン技術者でも開発には戸惑います。何故なら、Androidは独特のお作法があるから。初心者は、ここで躓いてしまう。手前味噌ですが、開発環境構築とHelloWorldから始まり、スーッとアプリを作ろう。

\無料でプレビューをチェック!/

講座を見てみる

この講座では、Androidアプリ開発を初心者が戸惑いがちな開発環境(AndroidStudio)を構築するところからスタートして、2種類のアプリを実際に制作します。

1つ目は、特定のボタンを押すと自分であらかじめ設定した文章が出力されるアプリを制作します。Androidアプリの画面作成や画面遷移、タップ操作の基本などが学習できます。

2つ目は、住所や電話番号を入力することで Androidの地図機能や電話機能を起動させるアプリを制作します。これにより実用的なAndroidアプリの各機能を活かした開発の基礎を学習できます。

講座内で使用するプログラミングコードは、上記画像のように別ページのコード解説でコピーできるようになっています。そのため、プログラミングコード入力を間違えることなく学習を進めることができます。

ステップバイステップで丁寧な説明があるので、Androidアプリ開発にチャレンジして開発環境構築で挫折した方や、自分でAndroidアプリ開発をしたい方にはおすすめです。

FlutteriOSAndroidアプリ開発)で開発するならこの講座

Udemyおすすめ講座

【Flutter】3日でできるFlutterアプリ開発入門【環境構築からUI作成まで】

【Flutter】3日でできるFlutterアプリ開発入門【環境構築からUI作成まで】

3.9(786 件の評価)

4,862 人の受験生

作成者: Flutter ラボ(Flutterでのモバイル・WEBアプリ)

環境構築から簡単なアプリの開発を通じてFlutterを最短"3日"で学習

\無料でプレビューをチェック!/

講座を見てみる

この講座では、Google提供の開発ツール「Flutter」を使ってiOS・Androidの両方で動くパスワード管理アプリを実際に開発します。パスワード管理アプリを自分で作成することで、Flutterを使ったアプリ開発の基本が学習できます。

プログラミング初心者でiOSAndroid両方で動くスマホアプリを開発したい方におすすめです。

スマホアプリ開発を詳しく丁寧に解説して、1からスマホアプリの完成までを実際に手を動かしながら学べます。 実際にコードを自分で打って学ぶスタイルで練習問題も充実しています。

iPhone・Androidそれぞれの実機を使ったデバッグ(プログラムのバグを探す作業)方法も丁寧に解説しています。初心者がつまずきそうな作業工程も、わかりやすい解説で安心して学習できます。

React NativeiOSAndroidアプリ開発)で開発するならこの講座

Udemyおすすめ講座

React Native, Firebase, Expo でアプリ開発をゼロから始めよう!

React Native, Firebase, Expo でアプリ開発をゼロから始めよう!

4.4(1,234 件の評価)

10,649 人の受験生

作成者: Shunsuke Sawada(UIUXデザイナー / PdM)

React NativeとExpoを使ったモバイルアプリ開発のオールインワン講座。UIデザイン・開発・リリースまで、アプリ開発の全行程を一気に身につけましょう!<React Hooks 対応 / Git も学べる>

\無料でプレビューをチェック!/

講座を見てみる

iOS・Androidの両方で動くスマホアプリを開発できるReact Nativeを使った、初心者にもわかりやすいスマホアプリ開発講座です。この講座ではログイン機能付きメモアプリを実際に作成することで、アプリ開発の計画やデザイン、プログラミング、リリースなどの全工程を一気に学べます。

アプリ開発の計画やデザイン、プログラミング、リリースなどの全工程を一気に学べます。

App StoreGoogle Play ストアへのリリース方法も動画でわかりやすく解説しています。

アプリ開発だけでなく、さまざまな開発の現場で使われるバージョン管理システムのGitとGit Hubの使い方も学べます。初心者が間違えそうな部分を具体的にエラーを出して解説するなど、初心者にやさしい講座内容です。

Udemyのスマホアプリ開発講座で学習して、アプリ開発をスタートしよう!

この記事では、スマホアプリ開発が注目される理由から必要なモノ、学習方法、Udemyのおすすめ講座を紹介しました。

アイデア次第で今までなかったようなスマホアプリを開発することは、誰でもできる時代になりました。

Udemyのスマホアプリ講座なら短期間で効率よくスマホアプリ開発が学べるため、気軽にスマホアプリ開発のスタートができます。この記事を参考にして、スマホアプリ開発を始めてみてはいかがでしょうか。