photo
photo
  1. トップ
  2. IT資格
  3. Linuxの資格とは?「LPIC」と「LinuC」の概要から内容、勉強法までご紹介

Linuxの資格とは?「LPIC」と「LinuC」の概要から内容、勉強法までご紹介

Linuxはサーバー管理やWebアプリケーションの開発環境など様々な業務で使われているOSです。幅広い業務で使われているため、エンジニアとして普段からLinuxを使用していても、Linuxを体系的に理解するのは難しいもの。

エンジニアとしてのLinuxのスキルを向上させるには、「LPIC」や「LinuC」のLinux資格の取得を目指し、体系的な知識を学ぶことがおすすめです。

この記事では「LPIC」と「LinuC」の2つのLinux資格について、試験内容や勉強方法を詳しく解説します。

なお、LPICを取得するメリット等については、企業特別インタビュー「エンジニアの登竜門 Linux資格「LPIC」を取得するメリットとは?企業特別インタビュー」にてご紹介しています。

Linuxの資格「LPIC」と「LinuC

Linuxの資格として有名なものに「LPIC」と「LinuC」の2つがあります。それぞれどのような資格なのでしょうか。詳しく解説します。

Linuxの資格の世界標準「LPIC

LPICは、正式には「Linux Professional Institute Certification」という資格です。LPI認定資格とも呼ばれ、世界中で実施されているLinux技術者認定試験です。また、Linuxプロフェッショナル認定資格とも呼ばれています。

カナダに本部を持つ「LPILinux Professional Institute)」の日本支部が運営しています。

LPICは世界180か国以上で展開されており、20186月現在でのLPICの総受験者数は延べ60万人以上に上ります。受験者に公表する試験結果は、スコアと合否判定のみです。

レベル1からレベル3までの3つのグレードに分かれて実施され、Linuxを扱っているエンジニアにとっては取得したい資格の一つとなっています。

LPICの取得を目指す方は、「LPI公認「LPI資格取得コース」がUdemyに登場!講師が語る対策コースの魅力と学び方のコツ」もご覧ください。

LPICとLinuC

Linuxの国内向け資格「LinuC

LinuCの正式名称は「Linux技術者認定試験 LinuC(リナック)」です。日本国内におけるLinuxの市場に最適化した日本独自のLinux試験として2018年度から実施されました。

もともとは、日本においてのLPIC試験を運営していたNPO法人であるLPI-Japanが、独自に作成を開始したテストがLinuCです。

LinuCLPICとは異なり、受験者に対して、スコアや合否判定だけでなく、合格基準や項目別スコアも合わせて知らせています。

 LPIC3つのLPICレベルに分類されているように、LinuCでもLinuCレベル1からLinuCレベル3までの3レベルに区分されています。

 

Linuxの資格を取得するメリットは?

LPICLinuCのようなLinuxの資格を取得することで、どのようなメリットがあるのでしょうか。3つのメリットについて紹介します。

仕事やキャリアアップにつながる

IT業界において、LinuxはサーバーOSやアプリケーションの動作環境など、様々な分野で活用されています。Linuxの資格を取得することで、Linuxを使いこなせるIT技術者としてアピールでき、仕事やキャリアアップにつながります。

Linuxのスキルがあがる

LPICLinuCなどの資格の勉強を通じて、Linuxの技術力が向上します。資格取得を目指した学習を行うことにより、体系だった知識が身に付きます。

LPICは世界共通の資格である

LPICは世界共通の資格であり、LPIC認定者になることで、海外への転職活動に活かすことができます。

Linuxの資格取得メリット

 

Linux資格試験の内容・難易度をご紹介

LPICおよびLinuCの資格試験は、ともに3つのレベルがあります。それぞれの資格について、試験内容と難易度について詳しく解説します。

LPIC」の試験内容・難易度

LPIC試験は以下の3つのレベルに区分されています。

  • LPIC-1認定 Linux管理者
  • LPIC-2認定 Linuxエンジニア
  • LPIC-3認定 Linuxエンタープライズ・プロフェッショナル

それぞれのレベルについて試験内容を表にまとめました。

LPIC試験

レベルLPIC-1認定LPIC-2認定LPIC-3認定
対象試験101試験・102試験201試験・202試験300試験・303試験・304試験
試験時間各90分各90分各90分
出題数各60問各60問各60問
出題形式多肢選択式及び記述式多肢選択式及び記述式多肢選択式及び記述式
合格ライン65%~75%程度65%~75%程度65%~75%程度
前提条件特になしLPIC-1の合格LPIC-2の合格
出題範囲101, 102201, 202300, 303, 304
勉強時間の目安1か月から3か月程度3か月から半年程度半年から1年程度

 

LPIC-1は、Linux技術者として経験の浅い入門者向けの資格です。101試験及び102試験の両方を受験して合格することで「LPIC-1認定」となります。

LPIC-2は、Linuxのシステム管理やサーバー管理のスキルを持つ実務経験者を対象とした試験です。Linuxのシステム管理やサーバー管理のスキルを持つエンジニアを対象としています。LPIC-1認定に加えて、201試験及び202試験の両方を受験して合格することで、「LPIC-2認定」となります。

LPIC-3は、「混在環境」「セキュリティ」「仮想化とハイアベイラビリティ」について高度な知識を持つエンジニアを対象としています。LPIC-2認定に加えて、3つの区分のうち1つに合格することで、LPIC-3認定を取得できます。

LinuC」の試験内容・難易度

LinuCも、LPICと同様に、以下の3つのレベルに区分されています。

  • LinuCレベル1LinuC-1
  • LinuCレベル2(LinuC-2)
  • LinuCレベル3(LinuC-3)

 それぞれのレベルについて、試験内容を表にまとめました。

LinuC試験

レベル LinuCレベル1 LinuCレベル2 LinuCレベル3
対象試験 101試験・102試験 201試験・202試験 300試験・303試験・304試験
試験時間 各90分 各90分 各90分
出題数 約60問 約60問 約60問
出題形式 多肢選択式及び記述式 多肢選択式及び記述式 多肢選択式及び記述式
合格ライン 65% 65% 65%
前提条件 なし 有意なLinuCレベル1 有意なLinuCレベル2
出題範囲 101, 102 201, 202 300, 303, 304
勉強時間の目安 1か月から3か月程度 3か月から半年程度 半年から1年程度

 

LinuCレベル1は、Linuxの物理あるいは仮想サーバーに関する知識が要求されます。101試験及び102試験の両方を受験し、5年以内で合格することでLinuCレベル1に認定されます。

LinuCレベル2は、Linuxのシステム管理のスキルやネットワークなどに関する知識が要求されます。LinuCレベル1の認定に加えて、201試験及び202試験の両方を受験し5年以内に合格することで、LinuCレベル2に認定されます。

LinuCレベル3は、Linux技術者として経験豊富で高度なスキルを持つエンジニアを対象とした試験です。300試験、303試験、304試験の3つが独立して構成されています。LinuCレベル2の認定に加えて、300試験、303試験、304試験のいずれか1つを受験し合格することで、LinuCレベル3に認定されます。

有効期限にご注意

LPIC 試験では、2科目の合格が必要なLPICレベル1やLPICレベル2については、5年間のうちに両方の試験に合格する必要があります。レベル1の場合、101試験の合格日から5年以内に102試験に合格しなければ101試験の合格が無効になります。その場合、再度、101試験から受験をやり直す必要があります。

LPIC試験の認定者は、 認定日から5年以内に同一レベルの再取得または上位レベルを取得することにより、優位性を維持できます。

LinuC試験では、2科目の合格が必要なLinuCレベル1LinuCレベル2については、5年間のうちに両方の試験に合格する必要があります。レベル1の場合、101試験の合格日から5年以内に102試験に合格しなければ101試験の合格が無効になります。その場合、再度、101試験から受験をやり直す必要があります。

LinuC試験には有効期限はありませんが、LPICと同様に5年間の有意性の期限が設けられています。有意性を維持するために、過去の認定日から5年以内に再認定を受けるか、保有するレベルより上位の認定を5年以内に取得する必要があります。

また、LPIC及びLinuCには再受験のポリシーが設定されています。これは、試験に不合格となり、同じ科目の試験を再受験する場合、不合格となった試験の受験日から数えて7日経たないと再受験できないというシステムです。

 

Linuxの資格取得におすすめの勉強方法とは?

LPICおよびLinuCの試験対策として、おすすめの勉強方法をいくつか紹介します。

まず、LPI-Japanがアカデミック認定校とした教育機関で学習する方法です。試験対策として重要なポイントを経験者から教わることで、効率良く学習できます。

Linuxの資格取得の勉強法

また、LPI-Japanによる無料の技術解説セミナーを活用する方法もおすすめです。セミナーでは試験対策のための学習だけでなく、他の受験生との情報交換もできるでしょう。

独学で受験したい人は、書店で販売されている認定教材や自分に合った参考書を活用すると良いでしょう。レベル1からレベル3まで、受験したいレベルに応じた参考書が販売されています。

また、独学の場合、オンライン学習による試験対策もおすすめです。UdemyでもLPICLinuCに対応した講義がいくつか公開されていますので、受験資格にあったものを探してみましょう。

LPICの資格取得を推奨している企業の特別インタビューは 「エンジニアの登竜門 Linux資格「LPIC」を取得するメリットとは?企業特別インタビュー」 をご覧ください。また、LPI資格取得を目指す方は、「LPI公認「LPI資格取得コース」がUdemyに登場!講師が語る対策コースの魅力と学び方のコツ」 も参考にしてみてください。

 

Linuxの資格としてLPICLinuCについて紹介しました。これらの資格を取得することで、Linux未経験の人は就職や転職活動で資格をアピールできますし、Linux経験者はLinuxのスキルアップとして活用できます。もしこの記事を読んでLPICLinuCに興味を持ちましたら、ぜひLinux資格に挑戦してみてください。

エンジニアに役立つ目的別講座

Pythonの基本~応用をマスター

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル
現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython入門講座。Python3の基本を取得できます。

Webサイトのコーディングができるように

ウェブ開発入門完全攻略コース - プログラミング をはじめて学び創れる人へ!未経験から現場で使える開発スキルを習得!
ウェブ開発入門完全攻略コース - プログラミング をはじめて学び創れる人へ!未経験から現場で使える開発スキルを習得!

HTML, CSS, Bootstrap, JavaScript, MySQL, Ruby, Ruby on Rails, AWS Cloud9, Git, GitHubを用いたWebアプリケーション開発の方法を総合的に学べます。

AWSを基礎から学ぶ

これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)
これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)

AWSの基本資格「AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験」を合格を目指し、そのための知識や経験を獲得できるように!

オリジナルのウェブサイトを作ろう

WordPress開発マスター講座
WordPress開発マスター講座

WordPressのカスタマイズ手法を身につけ、自身のサイト構築や開発案件の受託などを目指しましょう。