1. トップ
  2. システム開発
  3. 【Google Apps Script入門】GASでできることや活用方法まで紹介!

【Google Apps Script入門】GASでできることや活用方法まで紹介!

Google Apps Scriptは、GmailやGoogleカレンダー、Googleマップなどといった、Googleのツールやサービスを連携して利用するためのプログラミング言語です。

「プログラミング言語」というと難しそうですが、Google Apps Scriptは、スクリプト言語という種類の比較的簡単に習得できるプログラミング言語です。

この記事では、Google Apps Scriptの概要や特徴、導入方法、活用例などをまとめます。

「プログラミング言語についてよくわからない」という方にもわかりやすく説明しますので、ぜひ最後までご覧ください。

Google Apps Scriptとは?特徴は何?

Google Apps Scriptとは、Googleが提供しているプログラミング言語です。「Google Apps Script」の頭文字をとってGASと略されます。

Google Apps Script を利用すれば、GmailやGoogleカレンダー、Googleドライブなど、Googleが提供しているさまざまなサービスを連携して活用することができます。

以下において、Google Apps Scriptの特徴についてまとめましょう。

Googleサービスと提携している

Google Apps Scriptは、Googleが提供しているさまざまなサービスやツールを操作することができます。
具体的には、以下のようなサービスやツールです。

  • Gmail
  • Googleカレンダー
  • Googleドキュメント
  • Googleスプレッドシート
  • Googleスライド
  • Googleマップ
  • Googleフォーム

ここには列挙しきれませんが、他にもさまざまなGoogleが提供するサービスをGoogle Apps Scriptで操作することができます。

無料で使える

Google Apps Scriptは、無料で利用できます。そのうえ、後述する通り、プログラミング言語に用いる開発環境の構築が必要ありません。

そのため、初期投資が非常に安くすみます。

Google Apps Scriptを利用するために必要なものは、以下の2つのみです。

    • Googleアカウント
    • インターネット環境(PCとブラウザ)

ただし、Google Apps Scriptは「スクリプト言語」に分類されるプログラミング言語のため、使いこなすには、ある程度の勉強が必要です。

そのため、必要となるコストは、勉強のための時間と労力、場合によっては参考書の費用でしょう。

アプリ

とはいえ、Google Apps ScriptはJavaScriptがもとになっており、「スクリプト言語」の中でも、「比較的、簡単に習熟できる」という利点があります。

なお、JavaScriptにはいくつかのバージョンがあり、Google Apps Scriptが対応しているのはECMAScript3(JavaScript1.6)という規格です。

こちらは10年以上前の規格であるため、「以前JavaScriptを勉強したことはあるが、最新のJavaScriptには疎い」という方でも、問題なく使えるはずです。

開発環境が不要

通常、プログラミングをする場合、まず開発環境を整える必要があります。
通常のJavaScriptの実行環境はブラウザに搭載されていますが、Google Apps ScriptはGoogleのサーバ上に実行環境があり、GoogleアカウントとPC、ブラウザさえあれば利用できます。

また、Googleのサーバで実行するため、自分のブラウザが起動していなくても、自動で動作させることができるのも利点でしょう。

Google Apps Scriptでできることは?業務効率化につながる活用例

Google Apps Scriptを使えるようになると、何ができるようになるでしょうか。

一般的には、以下のような用途があります。活用例を交えてご紹介します。

プログラムの自動化

Google Apps Scriptを利用することで、様々な作業を自動化することができます。

例えば、GoogleスプレッドシートやGoogleドキュメントなどの操作を自動化し、表やグラフを作成したり、決まったフォーマットにドキュメントを整理したりすることができます。
現在、このような業務を手作業で行い、時間と労力を費やしているのであれば、Google Apps Scriptの導入は非常に有用でしょう。

さらにツールを組みあわせると、ファイルの共有管理なども可能です。

チームで仕事をしていて、Gmailに届いた添付ファイルを、Googleドライブに共有しなければならないというケースを考えてみましょう。
Google Apps Scriptを利用すれば、Gmailに届いたメールの添付ファイルを自動で共有フォルダにアップロードする設定ができます。
また、自動で上げるのは都合が悪い場合でも、自分のGmail宛に「上げるように連絡する」こともできます。

Webサイトからの情報収集(スクレイピング)

スクレイピングとは、Webサイトから特定の種類の情報をコピーし、集めることを指します。例えば、商品の情報と価格、企業の電話番号などを収集することが可能です。

PythonやShellを使って定期的にスクレイピングをする場合には、サーバを借りたり、ローカルのPCの電源を常時付けておいたりと、手間がかかります。

しかし、Google Apps Scriptの場合は、importxml関数を利用することで、非常に簡単にスクレイピングを実行できます。また、実行環境がウェブ上にあるので、自前のサーバも必要ありません。

また、スクレイピングの結果を、他のGoogleサービスを用いてリアルタイムで共有しやすいのも利点です。

Webアプリケーション開発

Google Apps Scriptには、作成したツール連携や機能をWebサイトとして公開する機能が備わっており、これを利用することで、Webアプリケーションの開発を行うことができます。つまり、簡単な情報共有サービスや、日程調整ツールなどを作成することができます。

Google Apps Scriptの実行はGoogleのサーバ上で行いますから、通常のWeb開発のようにレンタルサーバを用意したり、Webサーバをたてたりする必要もありません。その後のサーバ管理の手間も省けます。

Googleのさまざまなサービスを組み合わせれば、非常に多くの業務を効率化することができるでしょう。

マップアプリ

外部アプリケーションとの連携

Google Apps Scriptでは、ChatworkやSlackなどの外部アプリケーションとの連携も可能です。

例えば、Googleカレンダーでスケジュール管理をしている場合、その予定をチャットワークに自動的に送信することができます。

送信時間の設定もできるため、毎日の始業時間と就業時間に、それぞれ当日と翌日の予定を送信するようにしておけば、予定を忘れることもないでしょう。

そのほかにも、スプレッドシートで条件に応じてアラートを設定しておき、それをSlackなどに送ることができます。業務上、対応すべきことが起きた場合に、自動でメッセージが届くというような使い方もできるでしょう。

 

Google Apps Scriptの使い方を解説

Google Apps Scriptは、Googleアカウントを持っていれば、誰でも利用することができます。

Google Apps Scriptの利用方法は、以下の通りです。

①Googleドライブにログインする

Googleドライブにログイン

②「新規」ボタンをクリックし、「その他」を開く。

Google Apps Scriptがインストールされていれば、ここに「Google Apps Script」が表示されます。
インストールされていなければ、以下の方法でインストールします。

「アプリを追加」をクリック。インストールの確認
「Google Apps Script」を探して選択。 3
「インストール」をクリック

Google Apps Scriptのインストール

「続行」をクリックして、アカウントの確認をします。
インストール準備
インストールするアカウントを選択します。

アカウント連携の確認

こちらでインストールされましたので、「OK」「完了」を押して戻ります。

ドライブへ接続
インストール完了

「新規」→「その他」に「Google Apps Script」が追加されていることを確認して、Google Apps Scriptを選択します。 9
Google Apps Scriptを起動することができました。

GoogleApps Scriptの起動画面

Google Apps Scriptの追加を確認

Google Apps Scriptのプログラミングは、すべて、このオンラインエディタ上で行うことができます。

Google Apps Scriptを開くと初めに

のように表示されているはずです。

これを以下のように追記します。

これはスプレッドシートを作成するための命令です。

追記を保存し、ツールバーの「実行」ボタンを押すと、この命令が実行され、マイドライブ直下に「newSS」というスプレッドシートが作成されます。

場合によっては許可を求められることがあります。

画面上部にある「無題のプロジェクト」というのは、プロジェクトのタイトルです。
こちらは、好きに書き換えて構いません。
この命令の場合は、例えば「スプレッドシート作成」などと設定しましょう。

また、一行目の「myFunction」は、関数名です。実行する内容に合わせて書き換えると、プロジェクトが大きくなったときにわかりやすいでしょう。
この場合は「createSS」などが、よく付けられる関数名です。

 

この記事では、Google Apps Scriptについて、Google Apps Scriptとは何か、どのように利用できるか、さらにGoogle Apps Scriptの導入について、簡単に説明しました。

Google Apps Scriptを活用し、業務改善に役立てましょう。

 

エンジニアに役立つ目的別講座

Pythonの基本~応用をマスター

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル
現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython入門講座。Python3の基本を取得できます。

Webサイトのコーディングができるように

ウェブ開発入門完全攻略コース - プログラミング をはじめて学び創れる人へ!未経験から現場で使える開発スキルを習得!
ウェブ開発入門完全攻略コース - プログラミング をはじめて学び創れる人へ!未経験から現場で使える開発スキルを習得!

HTML, CSS, Bootstrap, JavaScript, MySQL, Ruby, Ruby on Rails, AWS Cloud9, Git, GitHubを用いたWebアプリケーション開発の方法を総合的に学べます。

AWSを基礎から学ぶ

これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)
これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)

AWSの基本資格「AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験」を合格を目指し、そのための知識や経験を獲得できるように!

オリジナルのウェブサイトを作ろう

WordPress開発マスター講座
WordPress開発マスター講座

WordPressのカスタマイズ手法を身につけ、自身のサイト構築や開発案件の受託などを目指しましょう。