1. トップ
  2. IT資格
  3. AWS認定ソリューションアーキテクト試験を取得するメリットと勉強法

AWS認定ソリューションアーキテクト試験を取得するメリットと勉強法

AWS認定ソリューションアーキテクトは、AWSの公認認定プログラムの1つであり、AWSを用いたアプリケーション設計やデプロイなどの知識や技術について、公式な認定をうけることができる試験です。ソリューションアーキテクトには「アソシエイト」と「プロフェッショナル」の2種類があります。

この記事では、AWS認定ソリューションアーキテクトとは何か、それぞれの試験内容、メリット、学習方法などについて解説します。

AWS認定ソリューションアーキテクト試験とは?どんな資格?

AWS認定ソリューションアーキテクト試験は、AWSの認定プログラムの一種です。

AWS(Amazon Web Services:アマゾンウェブサービス)はAmazon.comが提供しているクラウドコンピューティングサービスです。Amazon.comが保守・管理している情報インフラを、インターネットを通じて利用することができ、利用者は多種多様な機能を利用することができます。

AWSは世界一のシェアを持つクラウドコンピューティングサービスであり、今後も様々なサービスがAWSを利用して開発されると予想されます。AWSの認定プログラムには、クラウドコンピューティングサービスやAWSの理解度や技術力、分野に応じて4段階の認定が用意されています。

認定の分類認定のレベル認定試験名
基礎レベルの認定6か月間の基礎的なAWSクラウドと業界知識AWS認定
クラウドプラクティショナー
アソシエイトレベル認定1年間のAWSクラウドを使用した問題解決と解決策の実施における試験AWS認定
ソリューションアーキテクト
AWS認定
デベロッパー
AWS認定
SysOpsアドミニストレーター
プロフェッショナル認定2年間のAWSクラウドを使用したソリューションの設計、運用、およびトラブルシューティングに関する包括的な経験AWS認定
ソリューションアーキテクト
AWS認定
DevOpsエンジニア
専門知識認定それぞれの「試験ガイド」で指定された専門知識分野に関する技術的なAWSクラウドでの経験AWS認定アドバンストネットワーキング
AWS認定データアナリティクス
AWS認定
セキュリティ
AWS認定
機械学習
AWS認定
データベース

 

AWS認定ソリューションアーキテクトは、「アソシエイト」と「プロフェッショナル」の2つがあり、それぞれAWSの技術を使用したアプリケーション構築やデプロイなどについて問われます。

「15 Top-Paying Certifications for 2020」では、AWS認定ソリューションアーキテクト(アソシエイト)が2位にランクインしており、世界的にも人気かつ注目度の高い資格です。

AWSについて詳しく知りたい方は「AWSとは?利用するメリットをわかりやすく解説!サービス例も」をあわせてご覧ください。

AWSのメリットとは!

AWS認定ソリューションアーキテクトーアソシエイト

アソシエイトのAWS認定ソリューションアーキテクトは、1年以上のAWSによる実務経験を持つソリューションアーキテクト担当者が対象とされています。AWSの技術を使用した実践的な経験や、AWSのインフラ・ネットワーク、セキュリティに関連した技術に対する理解や技術を問われます。

2021年7月時点では、試験の詳細は以下の通りです。

形式65個の質問複数選択または複数応答
実施形式テストセンターまたはオンラインプロクター試験
時間130分
受験料金本試験:15,000円(税別)模擬試験:2,000円(税別)
言語英語・日本語・韓国語・中国語(簡体字)
2021年8月26日から、以下の言語が利用可能
・フランス語(フランス)
・ドイツ語・ポルトガル語(ブラジル)
・スペイン語(ラテンアメリカ)
試験範囲弾力性に優れたアーキテクチャの設計:30%
高性能アーキテクチャの設計:28%
セキュアなアプリケーションとアーキテクチャの設計:24%
コストを最適化したアーキテクチャの設計:18%
合格スコア720 / 1,000
試験結果は100~1,000のスコアで報告される

 

AWS認定ソリューションアーキテクトープロフェッショナル

プロフェッショナルのAWS認定ソリューションアーキテクトは、アソシエイトの認定よりも長い実務経験や、高い知識や技術力を持っていることが推奨されています。

スクリプト言語やLinux環境についての知識も必要です。

2021年7月時点での試験の詳細は以下の通りです。

形式75個の質問複数選択または複数応答
実施形式テストセンターまたはオンラインプロクター試験
時間180分
受験料金本試験:30,000円(税別)模擬試験:4,000円(税別)
言語英語・日本語・韓国語・中国語(簡体字)
試験範囲組織の複雑さに対応する設計:12.5%
新しいソリューションの設計:31%
移行の計画:15%
コスト管理:12.5%
既存のソリューションの継続的な改善:29%
合格スコア750 / 1,000
試験結果は100~1,000のスコアで報告される

 

AWS認定ソリューションアーキテクトの難易度は?

先述の通り、アソシエイトとプロフェッショナルで、試験の難易度が大きく変わります。

合格スコアが

  • アソシエイト :720 / 1,000
  • プロフェッショナル :750 / 1,000

と高くなるだけでなく、問題の難易度もプロフェッショナルの方が高く設定されています。いずれの試験も合格スコアの基準が高く、幅広い知識や技術が定着していることが前提です。

アソシエイト試験の推奨レベルは「1年間のAWSクラウドを使用した問題解決と解決策の実施における経験」です。一般的な情報技術の知識だけでなく、クラウドコンピューティングやAWSのサービスについての知識や技術が必要です。AWS未経験者にとっては実感が湧きづらく、難易度の高い試験ですが、AWSの実務経験がある方なら、比較的取得は容易でしょう。

プロフェッショナル試験は、アソシエイト試験よりも問題量が多く、試験範囲も広く、難易度の高い試験です。より専門性が問われる「専門知識認定」を除けば、AWS認定ソリューションアーキテクトの中でも最高難易度の試験です。

 

AWS認定ソリューションアーキテクトを取得するメリット

アソシエイトやプロフェッショナルの認定を取得することで、それぞれの知識や技術を持っていることを対外的に証明できます。

AWS認定ソリューションアーキテクトの有効期間は3年間ですので、AWS認定ソリューションアーキテクトを提示することで、最新の技術と知識を持っていることを証明できます。

AWSの再認定は、それぞれの試験をもう一度受けて合格することで得られます。あるいは基礎レベルならアソシエイトかプロフェッショナル、アソシエイトならプロフェッショナルの認定を受けることで、再認定を受けることもできます。

スキルの認定

試験対策を通じて、AWSの最新技術について学習・習得できるため、これからAWSを使った仕事をこなしていきたいという方は、AWS認定ソリューションアーキテクトが対外的な技術力の証明になります。

アソシエイトでは、AWSを用いた安全で堅牢なアプリケーション構築及びデプロイ、アーキテクチャ設計原則に基づいたソリューション定義といった技術を認定されます。

プロフェッショナルでは、より高度なアプリケーション設計やデプロイ、コストコントロール戦略のスキルを認定されます。

 

AWS認定ソリューションアーキテクトのおすすめ勉強法

ここからは、AWS認定ソリューションアーキテクトの勉強法をご紹介します。

AWSの公式トレーニング

AWSの公式サイトでは、試験に向けた公式のトレーニング動画が無料で公開されています。ただし、ほとんどの動画は英語ですので、英語が苦手な方は字幕で学習することになります。

Web問題集

ある程度学習が進んだら、Web問題集を使って演習をこなすとよいでしょう。AWS WEB問題集は7問を1セットとし、50セットの問題が用意されています。AWS WEB問題集は公式の問題集で、本試験でも同様の問題が出題されることもあります。隙間時間に学習を進められるのも利点です。

模擬試験

AWS認定ソリューションアーキテクトは公式で模擬試験を開催しており、以下の価格で模擬試験を受験できます。

  • アソシエイト :2,000円(税別)
  • プロフェッショナル :4,000円(税別)

ある程度学習が進んだら、一度模擬試験を受けて、知識の定着をはかると良いでしょう。

勉強方法の解説

参考書で学習する

AWS認定ソリューションアーキテクトは、注目度の高い試験であり、書店で様々な種類の参考書が販売されています。

広い試験範囲を体系的に学習することができるため、他の勉強法と合わせて自分に合った参考書を持っておくと、必要な知識を身につけることができます。

Udemyで学習する

Udemyは幅広い分野が提供されているオンライン学習サービスです。AWS認定ソリューションアーキテクトの試験範囲も、動画学習で体系的に網羅することができます。

動画内で知識の定着だけでなく、問題演習がある講座も豊富ですから、総合的な学習におすすめの学習方法です。

 

ここでは、AWS認定ソリューションアーキテクトについてまとめました。AWS認定ソリューションアーキテクトの認定は3年間で、認定を受け続けるには、再認定を受ける必要があります。

常に最新の知識とスキルが求められるエンジニアの方は、AWS認定ソリューションアーキテクトの資格取得に向けて学ぶことで、自分の技術と知識をアップデートできるでしょう。

 

エンジニアに役立つ目的別講座

Pythonの基本~応用をマスター

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル
現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 入門 + 応用 +アメリカのシリコンバレー流コードスタイル

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython入門講座。Python3の基本を取得できます。

Webサイトのコーディングができるように

ウェブ開発入門完全攻略コース - プログラミング をはじめて学び創れる人へ!未経験から現場で使える開発スキルを習得!
ウェブ開発入門完全攻略コース - プログラミング をはじめて学び創れる人へ!未経験から現場で使える開発スキルを習得!

HTML, CSS, Bootstrap, JavaScript, MySQL, Ruby, Ruby on Rails, AWS Cloud9, Git, GitHubを用いたWebアプリケーション開発の方法を総合的に学べます。

AWSを基礎から学ぶ

これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)
これだけでOK! AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験突破講座(SAA-C02試験対応版)

AWSの基本資格「AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験」を合格を目指し、そのための知識や経験を獲得できるように!

ITプロジェクトの資料作成はお任せ!

手を動かして学ぶITプロジェクトの資料作成!システム開発のドキュメンテーション技術と成果物テンプレート
手を動かして学ぶITプロジェクトの資料作成!システム開発のドキュメンテーション技術と成果物テンプレート

ITプロジェクトの資料作成を学べる人気講座。フェーズ毎に、どんな資料を作ればいいのか悩んでいる人におすすめ。