photo
photo
  1. トップ
  2. マーケティング基礎
  3. マーケティング分析のフレームワーク活用法と代表的なデータ分析ツールを紹介!

マーケティング分析のフレームワーク活用法と代表的なデータ分析ツールを紹介!

マーケティング分析が重要であるということは理解していても、どうやって分析を進めていくのが良いか悩んでしまうことがあるのではないでしょうか。

今回はデータ分析の流れや、フレームワークの活用法について解説し、マーケティングに役立つおすすめのツールを紹介します。
マーケティング分析でやるべきことがわかりますので是非参考にしてください。

マーケティング分析とは?目的を解説!

マーケティング分析とは、自社と競合他社の市場データを収集・管理し、製品やサービスをできるだけ効率的に売れるようにすることです。効果的な施策を実施するためにも、適切な指標を用いて評価を行う必要があります。

過去に行った施策を分析し効果を測定することで、改善点を洗い出したり、新しい企画の参考にしたりします。適切なマーケティング分析をすることで、会社が行おうとしている施策が効果的であるか、事前に確認することができます。

マーケティング分析を行うメリット

顧客と自社について知ることで、施策の効果を最大限に発揮することができます。マーケティング分析を行うメリットは主に3つあります。

自社の立ち位置を客観視できる

市場分析をすることで、自社が優位な見方をしてしまったり、顧客のニーズに対して思い込みが発生してしまったりすることを防ぐことができます。マーケティング分析を行うことで、客観的なデータを基に、自社の立ち位置を把握できるため、偏った意思決定を避けることができます。

効果的な戦略を立てられる

大々的な広告を打てば簡単に利益が得られるということはありません。どの顧客に向けて広告を発信するかなど計画を立てて実施し、その効果を計測することで、効果的な戦略を立てることができます。

マーケティング分析では計画、実施、改善のサイクルを回す時に、データを用いることで、高精度な施策を打つことができます。

新しいアイデアが生まれる

正しい市場全体の動向を見渡すためには、客観的なデータが必要です。そのデータを分析していくことで、今まで気づかなかった情報を得たり、自社の課題を発見したりすることもあります。
また、そこから新しい施策のアイデアが生まれることもあります。

データ分析

 

マーケティングにはデータ分析が不可欠

マーケティングには、データ分析を用いることが不可欠です。
データ分析は過去の原因究明や、現状の客観的把握により、未来の動向を予測する効果があります。データから得られる情報によって、顧客をより正確に特定することが可能となります。

ビジネスには、さまざまな場面において意思決定が求められますが、直感に頼らず一貫性をもった判断をしていくためにも、データ分析は必要と言えるでしょう。

データ分析の基本的な流れ

データ分析の基本的な流れは、「分析目的の明確化」から「仮説の構築」、「データ分類・整形」、「データ分析」の順に行います。

分析目的の明確化

まず初めに分析の目的を明確にすることが重要です。目的が曖昧だと、データ分析の方向性を間違え、必要な情報が得られなくなるため、ゴールを明確にしておくことが大事です。

目的を明確にすることで、どのような情報が必要なのかが分かるだけではなく、情報収集における時間短縮にもつながります。

仮説の構築

次にゴールにたどり着くための仮説を立てます。例えば、「顧客は〇〇を求めているので、△△をすれば、売上が上がるだろう」というような仮説です。

この仮説を検証していくため、以降のデータ分析を行っていきます。

データ分類・整形

収集したデータから、目的にあった情報を選別するために分類の軸を決めます。
データの仕分けをし、分析する目的に合わせてデータを整理します。

データ分析

最後に、目的にあったデータ分析ツールや手法を用いて分析を行います。分析結果を使用して現状や課題を把握し、施策を検討します。また、必要に応じて繰り返し分析を行うと良いでしょう。

データ分析の流れ

 

マーケティング分析のフレームワークとは?

マーケティング分析を行うには、フレームワークを利用することをおすすめします。フレームワークとは、様々な分析で共通して用いることができる分析の基本的な考え方・パターンのことで、このフレームワークを用いることで、分析が効果的かつ簡単に行えます。

フレームワークは、種類が豊富なため、目的に合ったものを選ぶことがポイントです。適切なフレームワークを用いることで効率的に分析できます。

フレームワークについてより詳細に知りたい方は、「マーケティング戦略とは?戦略の流れを5STEPで解説!使えるフレームワークもご紹介」や「ビジネスフレームワークとは?役立つ22選!使い方を図と具体例で理解」の記事をご覧ください。

フレームワーク考察

フレームワークを用いるメリット

フレームワークを用いるメリットを3つ紹介します。

自己流の分析よりも精度が高い

フレームワークは先人の専門家や学者たちが提唱した、知恵の結晶とも言えます。手法が確立されており、多くの企業で利用されている実績もあるため、自己流で分析を行うよりも作業時間が減少し、分析の精度が担保されます。

課題をよりシンプルに考えることができる

誰でも実践できるように考えられたものがフレームワークです。課題をよりシンプルに考えていく事で結果が得られるように作られています。適切なものを選んで用いれば、効果的な分析が可能です。

分析結果に信頼を得やすい

フレームワークを用いて分析すると、抜け漏れなく考えが整理できます。分析結果を報告する時に、フレームワークを用いた結果であれば、すでに情報が整理されています。

またフレームワークは多くの人が知っており、分析結果を伝える際にも共通認識があるため、理解が深まりやすくなります。

フレームワーク活用時の注意点

フレームワークを利用することで得られるメリットは多くありますが、活用時には注意が必要です。これまでにお伝えしたように、フレームワークの種類は豊富にあります。そのため、それぞれがどのような目的で使用されるものなのかを理解する必要があります。

目的に合っていないフレームワークを選択すると、期待する分析結果が得られない可能性があります。また、実績があるフレームワークも社会環境の変化によって、そのままでは通用しない場合や、分析する内容によっては、よりふさわしいフレームワークを見つけた方が良い場合もあります。

他にも、1つのフレームワークでは分析範囲が限られているため、複数のフレームを組み合わせて欠点を補う工夫が必要になる場合もあります。

分析する内容や状況に合わせて、フレームワークを組み合わせたり、応用したりすることも必要になってきます。

フレームワークと分析結果

 

マーケティングに役立つデータ分析ツールを用途別に紹介!

現代のデータ分析においてツールの使用は不可欠です。ツールを使いこなすことで、効果的に分析を進めることがでます。

ここからは、用途別にオススメのツールを紹介します。

Webサイトのアクセス解析ツール

アクセス解析ツールを利用することで、自社サイトにどのくらいのユーザーがアクセスしているか、どのページをどのくらいの時間を閲覧しているかなどの情報を得ることができます。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、最も利用者が多いアクセス解析ツールです。Webマーケティングを行っているサイトでは、ほぼ100%導入しているといっても過言ではありません。無料で利用できるにも関わらず、豊富な情報を得られるのが特徴です。

また、Googleアナリティクスでは、訪問ユーザーのアクセス端末、アクセス元の地域などの属性や、サイトの滞在時間やクリック状況などの行動も確認できます。

AIアナリスト

AIアナリストは、アクセス解析を自動で行い、重要な改善ポイントを教えてくれます。アクセス解析データと一緒に、改善方針を具体的に示してくれるため、分析が苦手な方にも簡単に効果を得ることができます。

またAIアナリストは、Googleアナリティクスとも数分で連携できます。このツールを35,000サイトが導入(2021年6月時点)した実績が安心と信頼を裏付けていると言えるでしょう。

SEO対策ツール

SEO対策ツールはGoogleなどの検索エンジンの結果を解析するためのツールです。

Google Search Console

Google Search Consoleは、キーワード検索の解析ができる無料ツールです。Googleアナリティクスとセットで使用されることが多く、SEOには必須のツールと言えます。

Googleアナリティクスは、サイトにアクセスした後の情報を分析するのに対して、Google Search Consoleは、アクセスするまでの情報が確認できます。

実際に検索されたキーワードや、検索結果に対してユーザーがクリックする割合も得られるので、サイト改善に活用できます。

ミエルカ

ミエルカは、過去の記事改善によるSEOパフォーマンスのアップと、新規テーマやキーワードの発掘ができるサービスです。

狙いたいキーワードの市場規模などをバブルチャートでグラフィカルに表示する機能や、SEO施策の重要度を優先度付けして提案してくれる機能があります。

豊富な情報をわかりやすく可視化してくれます。

ABテストツール

ABテストとはA、どちらのパターンが、クリック率など効果が高いかを測定する施策です。

Optimizely X

Optimizely Xは、ABテストツールの中でもシェアNo1で最も有名な有料ツールです。実施可能な実験タイプもABテスト、多変量テスト、複数ページテストが用意されています。

顧客体験のあらゆるステージで利用でき、パソコン、スマートフォン、タブレットの分析に対応しています。直感的な操作で、顧客のニーズの分析が行なえます。

Kaizen UX

Kaizen UX は、KAIZEN ENGINEというツールと、KAIZEN TEAMというリソースで、Webサイト改善を一気通貫でサポートするサービスです。KAIZEN ENGINEは、サイトにタグを1行入れるだけで、高度な分析やABテスト、改善策の実施ができます。

KAIZEN TEAMは、専門人材が最適なチームを組み、データ分析、実行、運用までを伴走してくれます。提案まで自動化してくれるため、大幅に工数を削減できるのが特徴です。

SNS解析ツール

マーケティングでSNSを活用することは有効な手段です。
SNSの効果を最大限に発揮するためにも、SNS解析ツールの導入は必要といえます。

Social Insight

Social Insight は、Instagram、Twitter、YouTube、TikTokなど各種SNSの投稿を分析したり、ファンのユーザー層を知ることができたりします。

反応が良い投稿や、いつ投稿すると効果的なのかが分析できるため、ターゲットに対して有効なアプローチが可能となります。

Twitter Analytics

Twitter Analyticsは、Twitterアカウントを持っていれば、誰でも無料で利用できるツールです。自分のアカウントに対して、フォロワー数の遷移や、反応の良いツイートの傾向をつかむことができます。

閲覧数やエンゲージメント率を確認すれば、ツイート内容を改善していけるでしょう。

 

今回の記事では、マーケティング分析の目的やメリットについて解説し、データ分析の流れをお伝えしました。フレームワークを適切に利用することで、売上増加に効果的なデータを得ることができ、ツールを有効利用することで、効率的に進めることが可能です。是非、マーケティング分析を実践し、売上に貢献する改善につなげてください。

  

戦略立案~運用までWebマーケター必見のスキルセット

「売れる」スキルを身につける

【これだけでOK!】あらゆるビジネスに役立つ!はじめての実践マーケティング講座
マーケティングに関するバラバラになっている知識をいっきに「使いこなせる」レベルにまで引き上げることが可能です。

デジタルマーケ初心者へ

最短2週間で変化が出る!初心者向けのWEBサイト分析・改善【実践講座】
初心者の方でもサイトの改善ができるような実践コース。分析を学んだことが無い人でも分かりやすいように、分析とは何か?から丁寧に説明します。

インスタを使ったSNSマーケティング

【初心者向け】失敗しないInstagramマーケティング基本講座
たった2時間で効果的な集客・ファン作り・売上拡大を目指しましょう。

SEOの本質が分かる!

SEO対策はこの3つだけで成功する! もう一生迷わない超本質的なSEO対策マスターコース
『普遍的なSEOの本質』を理解し、毎日正しいSEO対策ができるようになるためのコースです!