1. トップ
  2. 人材育成
  3. 営業研修はどのように行うのが効果的?押さえるべきポイントやおすすめ講座も

営業研修はどのように行うのが効果的?押さえるべきポイントやおすすめ講座も

多様化する社会で成長を続けるには顧客のニーズに的確に応える営業スキルが欠かせません。販路拡大、既存顧客のサービス向上などの営業活動は会社の利益と直結しているため営業研修を行い時代に沿った人材育成をすることが必要不可欠です。

営業研修を行う目的とは?

営業研修の目的は「人材育成」です。即戦力となる営業担当者を育てることで、会社の業績を上げることが求められます。営業担当者の知識や経験値を考慮し、研修を行うことで、より高い効果が期待できます。

新入社員など営業経験が少ない社員は、顧客とコミュニケーションを取るうえで必要なビジネスマナーの基礎をしっかりと学び、そこから交渉術やプレゼン力などのスキルを高める研修を行うとより効果的です。また、参加者全員が研修の目的をしっかりと理解し、習得したスキルを現場で実践できるよう再現性の高い研修を提供することがとても重要となります。

営業研修のカリキュラムや内容とは?

営業研修の内容やカリキュラムには様々な手法があり、名刺交換からアポイントの取り方、交渉までの流れなど、営業活動を円滑に運んでいくために必要な基礎から、自社の商品・サービスの魅力を伝えるためのプレゼンテーションスキルなど、多岐に渡ります。

ほかにも、顧客のニーズをしっかりと汲み取るためのヒアリングから提案、最終目的のクロージングに必要なスキルも営業研修で習得する事が可能です。

営業研修で身に付く力とは?

営業研修では営業担当者に求められる的確かつ効果的なコミュニケーションの方法を学びます。価値観の異なる相手とも円滑に交渉をするための具体的なアプローチ方法や相手の潜在的なニーズを聞き出す力など、臨機応変に対応できる力を身につけることができます。また、顧客の持つ課題に対する問題解決能力の向上も期待できます。

画像1

営業研修のメリット・デメリット

ここからは、内部研修と外部研修でのそれぞれのメリットとデメリットを解説いたします。

  • 内部での営業研修のメリット・デメリット

内部での営業研修の場合、自社の商品・サービスや企業の特性に沿った営業スキルを身につけることができ、実現性が高い研修を行うことができるのが最大の魅力です。

また、研修のプログラムを内部で作成することで、研修を企画する社員の成長も見込めます。他には、講師や会場の費用が抑えられることもメリットの一つです。

ただし、内部だけでの営業研修では学べる知識が限定的になったり、結果的に研修の準備に人員や時間的コストが発生したりすることがデメリットにあげられます。また、内部のみで完結してしまうと、営業担当者のモチベーションアップにつながる、斬新な企画や新しいアイデアなどが出にくい環境になりやすいです。

  • 外部での営業研修のメリット・デメリット

外部での営業研修を受ける場合、営業担当者が外からの意見や知識などの刺激を受けることで、意識改革を促すことができるメリットがあります。モチベーション維持・向上は営業担当者の能力や結果に直接比例するため、多少コストがかかっても、外部で営業研修を実施しようとする企業が多いです。また、外部での営業研修には、幅広い教育を多くの人材に平等に行うことができることも大きなメリットです。

ただし、内部研修に比べると、コストがかかり、場合によっては、会場の手配など自社で調整する業務が発生します。また、研修内容が自社の商品・サービスに合わず、現場で応用しにくいカリキュラムも存在するため、その場合は研修内容を調整する必要があります。

 

社内外での人材育成に関する詳細はOJT、Off-JT、自己啓発(SD)の違いとは?メリット・デメリットを解説!をご覧ください。

画像2

営業研修におすすめの講座9選

今、注目が高まっているオンライン研修は、社内外で行う営業研修のメリットを満たしつつ、デメリットを解消するようにプログラムされています。

オンライン研修のメリットは、パソコンなどの端末とインターネットがあればどこでも都合の良い時間に研修をうけることができることです。Udemy for Businessでは、Udemyで公開されている15万以上の講座から、レビューで高い評価を受けたものだけを厳選した5,500講座を定額で提供しています。

講座の講師には経営コンサルタント、トップセールスパーソンやビジネス書著者など様々な分野で活躍している方々を迎えています。実用的なビジネスの基本スキルから最先端で実現性の高い上級者向けまで様々なコンテンツが定額でいつでもどこでも学べます。

また、Q&Aで講師に質問ができることも魅力の一つです。今回は営業研修に特化したおすすめの講座9選をご紹介します。

新入社員におすすめの営業研修

ここでは営業に必要不可欠なコミュニケーションの基礎に重点をおいた3つの営業研修をご紹介します。

 

ビジネスパーソンとし不可欠な論理的な思考が習得できる研修です。

この講座では論理的思考に基づく会話を展開することで、アピールポイントをしっかり伝えることができるようになるのが目的です。新入社員や営業経験が少ない方、コミュニケーションをもう一度基礎から学びたい方におすすめの研修です。

 

明日からそのまま使える実用性の高い営業基本トークが学べる研修です。

この講座では交渉の場で的確な質問をすることで、自社の商品・サービスの提案からクロージングまでしっかり繋げることを目的としています。営業成績が伸び悩んでいる方、これから安定的に成果を残したい方におすすめの研修です。

 

効率的に最も効果のあるパワーポイントを作成するために必要なスキルが学べる研修です。

この講座では資料作成にかかる時間を最低限に抑えながら、説得力のあるデータの見せ方をトレンドのデザインやグラフを活用しながら学べます。効果のある資料作成には欠かせないロジカルフレームワークも学べるため、ビジネスパーソン全てにおすすめの研修です。

セールストークについて学べるおすすめの営業研修

ここでは自分のセールススタイルを確立しさらなる成果を求めている営業担当者向けの3つの研修をご紹介します。

 

アイスブレークトークからクロージングまで商談の流れを総体的に学べる研修です。

この講座では訪問だけではなく、電話・オンラインを駆使して成果を上げる方法も紹介されています。上場企業の元トップセールスパーソンが実践的なスキルを惜しみなく伝授します。

 

成果に結びつく実践的な交渉テクニックが学べる研修です。

この講座では交渉における重要なポイントを学びながら商談で使えるテクニックをご紹介します。営業における新しい考え方や行動を発見することでさらなる成長が期待できます。

 

グローバルで活躍するために必要なコミュニケーション力を学べる研修です。

講師は数々のグローバル企業でコミュニケーションコーチングの経験があるAlexa Fisherです。今後、英語圏での営業にも力をいれていきたい方におすすめです。

※こちらの講座は英語(日本語字幕版)となります。

プレゼン資料作成方法を学べるおすすめの営業研修

ここではプレゼン資料の作成において役立つPowerPointの使い方やデザインのコツに関する研修を初級から上級レベルまで3つご紹介します。

 

デザインのコツを学びセンスのあるプレゼン資料作成方法を速習できる研修です。

この講座では、洗練された見やすいプレゼン資料を作成するために実際に資料を作りながらトレーニングできる実践コースです。プレゼン作成経験がある中〜上級者向けにおすすめです。

 

PowerPointを使ったプレゼン資料作成方法を学べる入門レベルの研修です。

この講座では、講師の指示に従いPowerPointのスライドを一緒に作りながら学べるので知識がなくてもすぐに使えるスキルが習得できます。基本的な操作や機能をしっかり基礎から学べるので、初めてPowerPointで資料を作成する方におすすめです。

 

プレゼン専門コンサルタントがデザインのノウハウを伝授する研修です。

この講座では、明確なルールに沿った配置や配色を用いることでワンランク上のプレゼン資料作成を目指します。見やすいスライド、見にくいスライドを比較することで具体的な改善方法を学ぶことができます。これからプレゼンスキルをブラッシュアップしていきたい方におすすめです。

 

この記事では、営業研修のカリキュラム内容や社内外で営業研修を行ううえでのメリット・デメリット、おすすめのオンライン研修について紹介しました。いつでもどこでも研修が受けられるオンライン研修の需要は高まっており、今後も増えていく傾向にあります。Udemy for Businessではオンラインツールのメリットを最大限に活かした様々なコンテンツが揃っています。今後の営業研修にぜひお役立てください。