1. トップ
  2. 人材育成
  3. アダプティブラーニングとは?メリットや具体例をわかりやすく解説

アダプティブラーニングとは?メリットや具体例をわかりやすく解説

文部科学省からも注目されている学習方法である「アダプティブラーニング」。多くの大企業でも、社員教育にアダプティブラーニングを取り入れています。

この記事では、アダプティブラーニングとは何か、そのメリット・デメリットや、企業での導入事例、導入方法などを解説します。

アダプティブラーニングとは?文部科学省も推奨する学習方法

アダプティブラーニングとは、個々の学習者に適した内容や方法で学習することです。アダプティブ(adaptive)とは、適応するという意味の英単語です。このため、アダプティブラーニングは「適応学習」と呼ばれることもあります。

おもに、IT技術を用いて個人の特性や習熟度を見極め、レベル別の教材を出し分けたり、苦手な分野を繰り返し学習したりという方法を指します。

文部科学省は、「Society5.0におけるEdTechを活用した教育ビジョンの策定に向けた方向性」の中で、教育改革の一環として教育にITを用いるEdTech(エドテック)の重要性を強調しています。この提言の中で、アダプティブラーニングは、「すぐにでも着手すべき課題」として推奨されています。

なお、アダプティブラーニングが効果を発揮するのは、子どもの教育現場だけではありません。企業の人材育成や社会人を対象とした語学学習といった現場においても、アダプティブラーニングは注目されています。

学習者の様子

 

【アダプティブラーニングの歴史】なぜ広まったのか?

1950年代、「コンピューターを用いた効果的な学習方法」であるComputer-Aided Instruction(CAI)が唱えられ始めました。

その後、IT技術の発展に伴い、実際に、教育分野にIT技術が用いられるようになりました。一般家庭にもコンピューターが普及するようになった1990年代にはCD-ROMを教材とした学習が開発されました。このような学習方法は、Computer-Based Training(CBT)などと呼ばれます。

さらに2000年代にはインターネットのブロードバンド化が進み、インターネットを用いたeラーニングが普及しました。eラーニングでは相互の情報交換が可能であることにより、指導者や人材育成の担当者などが、学習者の進捗状況を把握できるようになりました。特に2010年代からは、スマホやタブレット端末の登場により、移動時間や隙間時間にも学習することができるようになり、ますますeラーニングが注目されました。なお、モバイル端末を用いたeラーニングのことを、特にモバイルラーニング(mラーニング)と呼びます。

その後、eラーニングの特性をさらに活かした効率的な学習方法として、学習者の進捗や、得意・不得意に応じて学習コンテンツを適応させるアダプティブラーニングが注目を集めるようになったのです。

現在では、学習意欲を高めることができるよう、学習過程に楽しさや達成感をもたらすゲームの仕組みを取り込んだ「ゲーミフィケーション」も注目されています。

eラーニングの歴史について、詳しくは、「eラーニングとは?意味や歴史、LMSを解説!企業向けのオススメ講座も」をご覧ください。

eラーニングでの学習

アダプティブラーニングとeラーニング、LMS、EdTech

アダプティブラーニングの「個々人に合わせた学習」という点は、教師が対面で行う学習で実施することも不可能ではありません。しかし、デジタルコンテンツのほうが学習者に応じたコンテンツを割り振りやすく、データのやり取りも効率的に行えるため、eラーニングを用いることが効果的です。

また、アダプティブラーニングを含めたeラーニングを組織で導入するにあたり、必要なものにLMS(Learning Management System、学習管理システム)があります。LMSとは、eラーニングのプラットフォームです。LMSを使えば、人材育成の担当者などがカリキュラムを定めたり、学習者の進捗状況を把握したりといったことが可能になります。LMSについて、詳しくは、「LMS(学習管理システム)とは?何ができる?導入事例とともに解説」をご覧ください。

また、eラーニングやアダプティブラーニングに関係して、よく聞かれる言葉に「EdTech(エドテック)」が挙げられます。これは、IT技術と教育を掛け合わせた新しいサービスや手法全般を指します。

 

アダプティブラーニングのメリット、デメリット

ここでは、アダプティブラーニングのメリット、デメリットを紹介します。導入を検討する際に、参考にしてみてください。

アダプティブラーニングのメリットとは?

アダプティブラーニングのメリットとしては、学習者のレベルや知識に応じて内容を調整できるため、効率的に学習できることが挙げられます。また、内容についていけない、同じ研修を受けたものの受講者によって理解度や身に付いたスキルにばらつきがある、といった事態を避けることができます。

さらに、学習者だけではなく、指導者や人材教育担当者にとってのメリットもあります。アダプティブラーニングの過程では、学習進捗や学習者の得意・不得意、興味関心を把握することが可能です。また、LMSなどeラーニングのプラットフォームを利用すれば、さまざまな教材から学習内容を選べるため、研修やセミナーを探す手間を省くことができます。

スマホの操作

アダプティブラーニングのデメリットとは?

アダプティブラーニングのデメリットとしては、機器やサービス導入が必要であるため、初期費用がかかることが挙げられます。また、一般的なeラーニング手法と同じく、初歩的なパソコンスキルやマーケティング、プログラミング教育などには向いていますが、名刺の受け渡しなど、現場での演習を必要とするスキルの取得には向いていません。

 

アダプティブラーニングの導入方法

アダプティブラーニングでは、個々の学習者に対応する膨大な学習コンテンツが必要となるため、自社で教材を作成することは難しいでしょう。

アダプティブラーニングを企業で導入するためには、学習教材を豊富に揃えたeラーニングサービスに契約することが一般的です。例えば、ビジネスパーソン全般からシステムエンジニアなど専門職にも支持される「Udemy(ユーデミー)」は、実務経験の豊富な質の高い講師陣による、幅広い分野の教材を揃えていることが特徴です。さらに、Udemyの法人向けプラン「Udemy for Business」では、5,000以上の講座を「定額学び放題」で受講可能。「Udemy for Business」では、管理システムから受講者の学習進捗を把握でき、学習すべきコンテンツの割り当ても簡単に行えます。さらに、カリキュラム登録でレベルに応じた学習コンテンツを割り当てられるほか、自社オリジナルの研修コンテンツも追加できます。また、企業の自己啓発支援として導入することで、社員による自律型学習にも活用可能です。

企業による、「Udemy for Business」を用いたアダプティブラーニングの成功事例について、詳しくは千葉銀行による導入事例の記事の記事を、併せてご覧ください。

 

個々の学習者に適した内容や方法で学習するアダプティブラーニングは、社員教育に最適な方法です。「Udemy for Business」では、実務に直結する講座を「定額学び放題」で学習できます。

Udemyの法人向け「定額学び放題サービス」についての詳しい情報は、以下のバナーをクリックしてご覧ください。